J Dilla

| Tag :  J Dilla,

main_8_121225014508

おそらく彼の心の中にはこんな思いがあっただろう。「俺のビートで圧倒してやるぜ」。けれどもそういう感情が表に出ることは一度もなかった。ジェイ・ディーと親しかった人々と話をすると、その口から出てくるのは、彼がいかに謙虚で誠実で、しかも斬新な発想と独創的な思考に富んだ人物だったかということばかりなのだ。残念ながらジェイ・ディー(別名/Jディラ)はこの世を去ってしまったが、70年代終盤に始まったヒップホップの歴史を振り返ったとき、彼は最高のプロデューサーだったのではないだろうか?おそらくそうだ。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>