Mountain Mocha Kilimanjaro

mmk
April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるパフォーマンスとスタイルがへヴィーウェイト・ファンクと評される。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。 [Biography] 毎年の国内ツアーと海外ツアーを中心に、FUJI ROCK FESなどの野外フェス出演や、オリジナル楽曲のリリースを続けている。 ・2003年頃結成。 ・2005年、渋谷PLUGで「黒船音頭」をスタート。 ・2007年、現在の6ピース編成となる。 ・2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL'08に異例の緊急出演。 ・2009年、映画「大洗にも星は降るなり」への楽曲提供や、DOSMOCCOS、COMA-CHIへのアレンジ提供などコラボレーション活動を展開。 ・2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』リリース。続けてUKの名門レーベル"JAZZMAN"から日本人初のリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL'10、GREENROOM FES'10、FESTA DE RAMA、SUNSET LIVE、ITADAKIなど、国内のFESにも多数出演。 ・2011年、7インチアナログシングル6連続リリース。GREENROOM FES'11、朝霧JAM出演。RHYMESTER、カコイミク、三宅洋平など多ジャンルのアーティストとコラボレ-ション。 ・2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'12、ARABAKI ROCK FESTIVAL、SUNSET LIVE出演。 【HP】http://kilimanjaro.jp 【BLOG】http://blog.kilimanjaro.jp

今日の1曲 Mzo

August 28, 2014

“Hang’em High”

「ハンゲム・ハイ(奴らを高く吊るせ)」は、クリント・イーストウッド主演、1968年の西部劇映画。この映画のテーマ曲にはさまざまなオルガン・カヴァーがあり、色んなジャンルの象徴的なオルガンマスターが弾いているので、アレンジの個性や演奏の個性が比べられて面白い曲です。

Booker T & The MGs(1968)

ソウルオルガン界からはスタックスのブッカーT&MGズ。ギターリフが映画に充実で西部感たっぷり。構成としてはEm-Em-Fm-Fm-G♭m-Gmと、ルートが半音ずつ上がっていくにつれて緊迫感が増すアレンジ。この半音上がりのストーリー展開は、モカキリのニューアルバム収録「螺旋階段」のアレンジのアイデアになりました。グッとくるのが、序盤のテーマ2回繰り返しから一転、G♭mになってからの音色変更、テーマの繰り返しなしで攻めるオルガンさばき。んードラマチック!

Jackie Mittoo(1969)

ジャマイカオルガン界からは、スカタライツ、スタジオワンのキーボードキングことジャッキー・ミットゥー。こちらは男らしくFmのワンコード。Booker Tの雰囲気のあるイントロもさることながら、このワイルドなイントロもかっこいい。テーマの後半を倍尺とるアレンジが憎いのと、途中のオルガンソロでギャウギャウやるところはファンカー顔負けのファンキイさ。映画を観るというよりも映画の中に入って主人公になる、そんな気分にさせてくれるカヴァー。この人のオルガンは本当いなたくて最高!

Jimmy Smith(1974)

ジャズオルガン界からは、ハモンドの神・ジミー・スミス。構成はFm-Fm-G♭m-G♭m-Gm-アドリブとなっており、ブッカーのVerをベースにしているのかも(?)。ピアノのバッキングで西部感を感じさせながら、テーマメロディの歌い方はまさにジミースミスといったところで、聴いていてニヤけてしまう。そしてこのカヴァーの聴きどころは何と言っても最後、4コード怒涛のファンキイ・アドリブ。もはやハンゲム・ハイとかどうでもイイ!的な。このパートがあまりにかっこいいので、モカキリの「用心棒にピストル」のアレンジに採用しました。

The Meters(1976)

ニューオーリンズ・ファンク界からはThe Metersのカヴァー。コードはGm一発。”SHAFT”のようなイントロで、おやっ!?と期待をさせておいて、唐突にメロディに入り、勢いでイキきった後、最後は西部を超えて、海を渡ってエスニックな雰囲気に…という謎のアレンジ(笑)。なんだかんだ言ってアート・ネヴィルの弾き方、個性的すぎて俺は好きだヨ!

ちなみにブッカー本人が弾き方を解説しているこんな動画があります。弾き方よりもドローバーのセッティングに目が行きますね。黒白反転しているプリセットキーを合わせて確認すると分かりますが、前半は下4本+Perc、後半はフル、下鍵盤は8フィート1本になっています。(※ハモンドB3の仕組みを知っていると理解が早いですが、左右に2セットずつある上下各鍵盤のドローバーのうち、プリセットキーBがドローバーの右側のセット、プリセットキーA#がドローバーの左側のセットになります。Percは上鍵盤のプリセットBにしか機能しません)

Mzo

今日の1曲 Mzo

July 22, 2014

Ernie And The Top Notes Inc. “Dap Walk”

大学を出て会社勤めをはじめ、少し経ったころの話
DEEP FUNKのパーティが日本各地であって
俺も毎月踊って帰っていた

オープンしたてのフロアはあまり人もいなくて快適
DJがかける音楽も、ダイレクトに体の芯に刺さってくる感じがする
例えばオールナイトパーティのピークが1時~3時だとしても
23時台のレコードには、ピークの1枚よりも重いパンチ力がある

この曲もそんな感じで、あのころの、あの時間を
パーティの序盤を、ファンクにこてんぱんにやられたあの時期を
イメージさせられる印象的な1枚であーる

ディープファンク

Mzo

今日の1曲 Mzo

July 07, 2014

Curtis Mayfield “Move On Up”

ファンクへの入り口、人生で最初にガツンときたファンクは何か?
俺はこれだ。

部活サッカーに明け暮れていた高校時代、練習から帰って風呂で寝た後に夜中の3時までJ-WAVEのアクロスザビューを聴いて翌日寝不足で投稿するという生活を繰り返していた、そんなある火曜日、チューズデー担当のナビゲーター・CHARAさんがかけたのがコレ(Part1のところまで)、というのも、ちょうどその頃カーティスメイフィールドが「復活」を遂げたのだった(てことは96年カナ)。俺は、自分はこういう音楽が好きなんだと、この時はっきりと自覚した。

このカーティスの「復活」というのはつまり、コンサート事故後、下半身不随になって以来初のリリースということだったのだが、当時のふれこみはどこもかしこもカーティス・メイフィールド「復活」だったと思う。結局、完全に復活することはなく、3年後に亡くなってしまったのだけど。。

この曲をかけ終わって、CHARAさんがあのハスキーボイスで「パーカッションがいいよねぇ」といったのを覚えている。この回を録音していた120分のカセットテープの爪を折って、繰り返し繰り返し聴いたことも思い出した。

Mzo

今日の1曲 Mzo

June 23, 2014

最近はこんな映像もインターネットに転がっているからしめたもの。女性オルガニスト、ローダ=スコットの弾くMoanin’。若い頃のローダ=スコットは変態的です、この人は裸足で引くベースが細かいことでも有名です。靴はオルガンの横に脱ぎます。

例えばローズとウーリッツァーを比べたときに、鍵盤が軽いのはウーリッツァーの方だけど、ウーリツァはじっとり押し込むように弾いて、ぐわ~っと速弾きに向いてるのはローズの方ではないか?というようなことを考えたとしましょう。同じような感じで、オルガンは男性よりも女性が弾いた方が凶器になるのではないか?という説が出てきますよね。

分かりますでしょうか(笑)

Mzo

Bernard Purdie Lialeh

映画のサントラです。

好き過ぎましてこの曲。

ドラムは勿論、ベースの音、プレイ最高。

もう全部の楽器のアレンジが神懸かり。

極めつけのこのPV。後半は映画の映像も強引に差し込まれてます。

☆☆☆☆☆
4/3にとんでもないイベントがあります。
歴史的名コンピ、『Ultimate Breaks & Beats』のイベントにMagic Number Crewとして参加させて頂きます。やばい!
NOS企画、 そしてこのWax Poetics Japan企画!

Finest Breaks & Beats
Our Favorite Bourbon Maker’s Mark
Supported by Wax Poetics Japan

2014 .4.3 (thu)
@ Shibuya NOSORG
Open 19:00 / Start 20:00

ACT
RHYMESTER
bird
TARO SOUL
椎名純平
モミー (a.k.a. モミーFUNK!)

BAND : Magic Number Crew
竹内朋康(Gt : マボロシ / Dezille Brothers / ex.SUPER BUTTER DOG)
タケウチカズタケ(Keys:SUIKA / A Hundred Birds)
栗原健(Sax:Mountain Mocha Kilimanjaro / ex.SUPER BUTTER DOG)
タブゾンビ(Tp:SOIL & “PIMP” SESSIONS)
TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER(Bass:HOMARE / ex.SUPER BUTTER DOG)
白根佳尚(Drs:Dezille Brothers)
岡野tiger諭(Drs:Mountain Mocha Kilimanjaro)

DJ
SARASA a.k.a. Silverboombox
Wax Poetics Japan Crew
me-low (NOS)
and more…

Live Paint
KIO × Tadaomi Shibuya

詳しくはこちらを!

今日の一曲、temjin

March 09, 2014

Evil ways/The Brothers seven

なんでしょう、やっぱりdeep funkは踊れる音楽だ、と思わせてくれる
曲です。
鍵盤の音色とか、ラッパの張った感じとか、ホントたまらないんですよ。
悪そうな感じが全面から伝わっています、最高ですよね。
1970年にManny Guerra’s studioで録音されたそうです。
かっこいいですね。
この曲に新作のある曲が影響されたんです、探してみてください〜。

テムジン

今日の1曲 Mzo

March 07, 2014

Blue Rhythm Combo “Black Water Gold”

DEEPFUNKといえばコレという曲の1つだけど、African Music MachineやKCのバージョンと比べてもエッセンシャルな意味での「ファンキィ」が剥き出しになっていて、すがすがしいしアガる。気持ちが揺れたときに聴くといつもガツンとやられます。かといって普通の時に聴いても当然ガツンとやられます。つまりガツンとやられます。
FUNKとりわけDEEPFUNKに人生を変えられるつうのはこういうことなんだ。

Mzo

kskさんのアルバム「JOMORE MUZIK」は至高の一枚。ドラムはPJ。

今日の1曲 Mzo

February 23, 2014

V.A. “Valdez In The Country”
Donny Hathaway作曲のこのラテン風ファンクには様々なカヴァーが存在する。

1.Nite-Liters(1973)

Deep Funk好きならまずこれがハマるはず。Nite-litersは数あるファンクバンドの中でも個人的にベンチマークとしているバンドの1つ。武骨なサウンド、超ファンク。なんていうかこれがファンク。

2.Cold Blood(1972)

Saxソロの入りまで忠実にNite-LitersがカヴァーしたCold BloodのコレはDonny Hathaway本人がプロデュース。ゴージャスなホーンアレンジがいい感じ。トランペットソロいいなぁ。

3.Black Suger(1974)

ペルーのラテンファンクバンド。オルガンが印象的。

4.Donny Hataway(1973)

本人ヴァージョン。Rhodes。そうか、実は73年か。

5.Soulful Strings(1969)

最後はこれ。知らなかったんだけど、以前facebookで、DJ黒田大介さんに教えてもらった「原曲」。DJの方々の知識には本当に敬服するワケでございます。

“原曲はこれですね。1969年。ソウルフル・ストリングスはシカゴCHESS/CADETのアレンジャー/プロデューサー、リチャード・エヴァンスのメイン・プロジェクトです。ダニーはこのアルバム「String Fever」に”Zambezi” “Valdez in The Country”の2曲を提供しています。メンバーはクレジットはありませんが、フィル・アップチャーチを初め、チェス周りのグっと来るメンバーが参加している筈です。”(黒田大介)

・・・というわけだけど、そもそも曲名のヴァルデスって誰?という一度は抱く疑問について、かの黒田さんは下記のように興味深いコメントを残している。

“個人的にはヴァルデスさんというラテン系の友人の事かな、とか勝手に妄想してます。アルバム「EXTENSION OF A MAN」の内ジャケではダニー本人がこの曲を”a Latin-rock instrumental”と形容していることから、セッションでラテン調の曲が出来たので「なんかヴァルデス君っぽい曲やなー」みたいなノリで命名したんじゃないでしょうかね。ま、どうなんでしょうか?”(黒田大介)

これ、あながち外れてないような気がしている。
インスト曲の命名って、実のところ、往々にしてそんなもんだ、ホント。

Mzo

MakersMark

RECENT POSTS

今日の1曲 Mzo
August 28, 2014
今日の1曲 Mzo
July 22, 2014
今日の1曲 Mzo
July 07, 2014
今日の1曲 Mzo
June 23, 2014