『文化系のためのヒップホップ入門』

長谷川町蔵(ライター、コラムニスト)
× 大和田俊之(アメリカ文学、ポピュラー音楽研究)

bunkakei_hiphop

ライムスター宇多丸氏が「日本人向け入門書として、現状最良の一冊」と推薦、

山下達郎氏は「文句なく名著だと思うよ~今年の1冊はこれ」

と絶賛した話題の書籍『文化系のためのヒップホップ入門』。

先日のDOMMUNEや  UPLINK 、そして

わたしもゲスト参加します 四谷いーぐるでの講演も大盛況。

発売前から存在をチェックしていましたが、ここまで

文科系的わかりやすさで読み進めた本はありません。

女子もぜったい読んでるはずです。

さらに つっこむと

現代詩手帖」の新連載、

20120228-MX-3111F_20120228_130117_001

佐藤雄一 : 「絶対的にHIPHOPであらねばならない」

これも面白かった。

その中でも

「夜露死苦現代詩」 都築 響一 

20110913005251

とのビーフ勃発 ・・というのは 話題性高きフレーズだが・・、

ともかく、「現代詩手帖」の内容もぜひとも。

■ これを読んだ人はこれもすき ? ■ 

Ghostface Killah ft Raekwon & Cappadonna – Daytona 500

gfk

PVが 日本とリンクしてることで有名ですが、

この疾走感、今聴いてもかっこいい!

にわか HIPHOP熱。

完全私的チョイスです。(失礼します)

大塚広子

http://djotsuka.com