チケットプレゼント! ジャイルス・ピーターソンと松浦俊夫による「大人のための音楽フェス」

April 13,2016 | Category :  Event Present | Tag :  Gilles Peterson, Marshall Allen, Miguel Atwood-Ferguson, SOIL&"PIMP"SESSIONS, The Sun Ra Arkestra, 日野皓正, 松浦俊夫,

WWS 2016 A5 front

WORLDWIDE SESSION 2016が開催。2組4名様にチケットプレゼント!

世界で最も影響力のあるDJ、ジャイルス・ピーターソンと日本が誇るトレンドセッター、松浦俊夫がローンチする大人のための都市型音楽フェスティバル、『WORLDWIDE SESSION』がゴールデンウィークの5月4日(水・祝)に新木場STUDIO COASTで開催される。出演陣にはジャイルスと松浦俊夫を始め、サン・ラ・アーケストラ、ミゲル・アトウッド・ファーガソン・アンサンブル、日野皓正、SOIL&”PIMP”SESSIONSといった、ジャズを基盤に国内外・新旧様々なバンド・DJが登場する。

Wax Poetics Japanでは限定2組、計4名様にチケットをプレゼント!記事下部にある応募方法を読み、ふるってご応募ください。

Gilles Peterson presents WORLDWIDE SESSION 2016

日時:
  • (水・祝)
  • OPEN/START 15:00~20:30(予定)
会場:
  • 新木場STUDIO COAST
出演:
  • GILLES PETERSON
  • THE SUN RA ARKESTRA featuring MARSHALL ALLEN
  • The Miguel Atwood-Ferguson Ensemble
  • 日野皓正
  • SOIL&”PIMP”SESSIONS
  • 松浦俊夫
料金:
  • 前売: ¥9,500(4/1~5/3)

チケットなど詳しい情報はオフィシャルサイト

Gilles Peterson2

GILLES PETERSON

イギリスを代表するDJ/プロデューサー。80年代よりダンスジャズ〜アシッドジャズ〜クラブジャズシーンのキーパーソンとして活躍。その間100枚を超えるコンピレイションの監修、アーティストのプロデュース、フェスティバル主催・キュレーションなど、30年に渡り⾳楽トレンドを発信し続けるテイスト・メイカー。現在、英国営放送局BBC RADIO 6 MUSICにて週末の看板番組を担当。そして世界8ヶ国で「WORLDWIDE」が放送中。

ジャズを中⼼にしながらも、ジャンルという⾳楽の境界線を砕き、多くのアーティストと点で結ばれながら、世界中のDJやアーティストに⼤きな影響を与え続け、またリスナーに愛されてきた⾳楽⾰命家である。また、レーベルオーナーとして、新世代のアーティストを紹介する為にBROWNSWOOD RECORDINGSを主宰し、ホセ・ジェイムズ、アヌーシュカ、ダイメ・アロセナなどの作品を精力的にリリースしている。そしてイベント・プロデューサーとして、シーンに影響を与えた作品を発表したアーティストやレーベルを賞賛するイベント「WORLDWIDE AWARDS」、南フランスの港町SETEで世界中から数万⼈を集める⾳楽フェスティバル「WORLDWIDE FESTIVAL」などを⼿掛けている。

Toshio Matsuura

TOSHIO MATSUURA(JP)

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。独立後も精⼒的に国内外のクラブやフェスティバルでDJ。さらにイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの⾳楽監修を⼿掛ける。

2013年、4人の実力派ミュージシャンとともに、東京から世界に向けて現在進⾏形のジャズを発信するプロジェクト“HEX”を始動。Blue Note Recordsからアルバムをワールドワイド・リリース。InterFM897″TOKYO MOON”(毎週⽔曜23:00)好評オンエア中。

SUNRAARKESTRA

THE SUN RA ARKESTRA featuring MARSHALL ALEN

ジャズ、ブルース、ラテン、ファンク、ディスコ、電子音楽など多種多彩な音楽を取り込み、即興的・実験的かつ常に誰も聴いたことのない未来の音楽を奏で
続けるサン・ラ・アーケストラ。サン・ラは30年代からピアニスト/作編曲家/バンド・リーダーとして活動を始め、ビッグバンドやゴスペルなどを参考に、独学でオンリーワンの作編曲術を会得。科学・哲学・宗教学・天文学への強い関心に裏打ちされた独自の宇宙観がそれを支えている。50年代に“サン・ラ・アーケストラ”を結成。ジョン・コルトレーン、アルバート・アイラー、アーチー・シェップ、セシル・マクビー等と並び、様々なフェスティバルに出演。ファラオ・サンダースを見出した功績も大きい。「スペース・イズ・ザ・プレイス」、「ニュークリア・ウォー」など数々の名曲を発表。放たれる音同様奇抜で鮮やかなステージ衣装と、斬新なコズミックサウンドが注目を集めた。サン・ラは93年に他界するが、その後もアーケストラは、サン・ラを「主宰・学者・教師・友人」と慕うサックス奏者マーシャル・アレン(57年加入)を中心に現在まで精力的に活動を継続。その先駆的な音楽スタイルと数々のアルバムはソニック・ユースなど後世に大きな影響を与え、現在も再評価が進んでいる。

feb 21, 2014 blue whale photo by rob gaudet

The Miguel Atwood-Ferguson Ensemble

ミゲル・アトウッド・ファーガソンは、4歳からクラシックバイオリンを始め、現在はマルチ楽器奏者、作曲家、編曲家、音楽監督、プロデューサー、そして、教育者として活躍。また、これまでに400枚以上のアルバム制作に携わってきた。様々な映画音楽、CM音楽に加え、レイ・チャールズ、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズ、ヘンリー・マンシーニ、エサ=ペッカ・サロネン、ウェイン・ショーター、ビリー・ヒギンズ、レイ・ブラウン、ブラッド・メルドー、ヒューバート・ロウズ、ドクター・ドレー、フライング・ロータス、スライ・ストーン、ジョージ・クリントンなど、ジャンルを超えた数多のミュージシャンと共演。音楽界から絶大な信頼を得ている。

Soil&Pimp sessionsÅVƒA[ŽÊ

SOIL&PIMP SESSIONS

2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まりバンドを結成。2003年、現メンバーの6人で走り始める。ライブを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気をただよわせながらも、ラフでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開。2005年には英BBC RADIO1主催の“WORLDWIDE AWARDS 2005”で「John Peel Play More Jazz Award」を受賞。以降、海外での作品リリースやビッグ・フェスへの出演など、ワールドワイドに活動を続けている。2015年6月には、イギリスで開催される世界最大級のフェスティバル“グラストンベリー”を含む、11度目となるヨーロッパ・ツアーを敢行した。同年10月には、DSDで一発レコーディングされたコンセプト・ライブ・アルバム「A NIGHT IN SOUTH BLUE MOUNTAIN」をリリース。そして、2016年4月にオリジナルアルバム「BLACK TRACK」をリリース。今年もワールドワイドな活動を展開する。

hino

TERUMASA HINO(JP)

1942年10月25日東京生まれ。9歳よりトランペットをはじめ、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。1967年の初リーダーアルバムをリリース以降、マスコミに”ヒノテル・ブーム”と騒がれるほどの注目を集め、国内外のツアーやフェスティバルへの出演をはじめ、雑誌の表紙を飾るなどファッショナブルなミュージシャンとして多方面で活躍。1975年、NYへ渡り居をかまえ、数多くのミュージシャンと活動を共にする。その後もヒットアルバムを連発、CM出演など多数。1989年にはジャズの名門レーベル“ブルーノート”と日本人初の契約アーティストとなる。90年以降、「アジアを一つに」という自身の夢のもと、アジア各国での活動を増やしていく。2001年芸術選奨 「文部科学大臣賞」受賞。2004年紫綬褒章、文化庁芸術祭「レコード部門 優秀賞」、毎日映画コンクール「音楽賞」受賞。また近年はチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注ぎ、個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。

日本におけるジャズ・フュージョン・ブームを作った日野皓正。「シティ・コネクション」収録の「Samba de-la Cruz」はジャイルスもお気に入りだ。今回は、そんな日野皓正の名曲がソイル&ピンプ・セッションズとの初共演によって蘇る。日本の誇るジャズレジェンドの“いま”の演奏、そして、伝説的楽曲の“いま”の解釈を聴くことができる、まさに見逃せないステージが繰り広げられる。


Wax Poetics Japanチケットプレゼント・キャンペーン[2組4名様]
応募方法 Twitter
Wax Poetics Japan のTwitterアカウント(@WaxPoeticsJP)による当該記事のツイートをリツイート、あるいは引用ツイート
応募方法 Facebook
Wax Poetics Japan Facebook ファンページの当該記事をシェア
  • ※ 当選者へはダイレクトメッセージにてご連絡させて頂き、必要事項の確認をいたします。
  • ※ @WaxPoeticsJP をフォロー、またはFacebook に「いいね!」をされていない方は無効とさせて頂きます。
応募期間
2016年4月21日(木)まで

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>