BC1周年と東南アジア2014

Posted by     Kay Suzuki | November 27,2014

11月にはBrilliant Cornersも1周年を迎え、新しいウェブサイトもようやく完成。
また一人で全てやってしまいました(汗)。

bcsite-long

毎晩DJがかけている音楽を生でストリーミング放送しつつ、全てのアーカイブもサイト上にアップ中(まだ追いついてませんが)。オーディオ機材、酒、飯、となるべく僕達のやってる事全般が成長と共に伝えられるように造ったので今後もコンテンツはどんどん拡張予定です。


思えばオープン以来、魔法にかかったかのように色んな偶然や必然が重なり、本当にあっという間の1年。もはや家族同然とも言えるスタッフと毎週遊びに来る音モダチ、同じスピリットを持って共鳴してくれるレコードコレクターやVinyl DJ達、色んな人達に日々支えられて本当に感謝です。先日行われた周年パーティではスタッフから店の内装に完璧にマッチしたミラーボールをプレゼントしてもらい、僕やオーナーのPatel兄弟にBrilliant Cornersの土台を創り上げたBeauty & The BeatファミリーのDJ達がプレイして愛に包まれた素晴らしい一夜を過ごしました。

1546348_10152879729926350_2319818072179093151_n

10346377_10152879730026350_8256939733687458264_n

そして去る10月には1年間の多忙な生活を振り解いて東南アジアツアーへ。
今回は2週間の間に4カ国とかなり過酷なスケジュールで、日本には残念ながら二日のみの滞在。家族と生後3週間になる兄の長男と初対面をしてその足でそのまま羽田からシンガポールへ。

SG

ここでは2009年と2010年にもボクを呼んでくれたMugicクルーと感動の再会。
このパーティを率いる日本人のケンタロウさんとクロアチア人のMislavの二人はレーベル/ブッキング・エージェントのBurekとしても今や世界的に活躍中。パーティ後もケンタロウさんといつものようにディープなスポットでレコード掘り。毎度彼にはいつも良いインスピレーションと時間を共有してもらっています。多謝。

SG2

 

週明けにはシンガポールからヴェトナムへ。まずサイゴンから国内線に乗り換えてPhu Quocというリゾートアイランドへ。まだまだ開発もそこそこで人懐こい現地人と完璧なビーチで平日はまったりし、週末は首都サイゴンのカオスに飛んでパーティ。今回呼んでくれた箱のThe Observatoryはちょうどこの週末で1年を迎えたそうで街のコアな音楽好きとインターナショナルなDJ達が集まる素晴らしいvibe。小さいながらも常連客みんなが「この箱は自分たちの週末の過ごし方を変えてくれた。ここが出来る前に週末に何してたか今は憶えてない!」という話しを聞くとBrilliant Cornersの常連客の台詞と重なって更に親近感。更にここではBoiler Roomの設立者の一人で、その前にはGilles PetersonのPAも努めていたロンドンの旧友Trisian BPMが同じ箱の翌日にプレイするとの事で驚きの再会。7~8年前に近所のウェアハウスでパーティしてた仲間が世界的な成功を収めてこうやって遠く離れた地で会える事に感動してパーティも大盛況。同じくロンドン在住日本人でもこの日が初対面となるAnchor Song氏とのダブルヘッダーだったこの夜は結局彼のライブ前後合わせて計7時間の超ロングセット。今やCDJやラップトップどころか15GBのUSBキー2個で旅をするDJが普通に居る中、自分は総重量15KGのアナログ盤のみ(おそらく60枚以下)の長時間セットで朝まで完全にフロアをロックした事にかなり満足。明るくなったワイルドなサイゴンの街に出て今度は睡眠も取らずホテルで朝食だけ取ってそのまま空港へ向かいタイのバンコクへ直行。

KayinSaigon
saigon3

不思議なものでどれだけパーティで体を痛めつけてもレコードをかけ始めると体はノって来るのもので疲労困憊の体を引きずりつつも結局その日の夜も大盛況の内にディスコ系パーティにて3時間のセット。翌日には前から噂を聞きつけていたバンコクのレコード屋Zudrangma Recordsを訪ねて日本人店長のマサ君としばし歓談。タイ北部の70年代から現代に至る素晴らしい音の数々を紹介してもらいここでも濃密な時間。夜にはマーケットで買い物をしてると自分好みのデザインが満載の店を偶然発見。鼻息も荒げに漁っているとタイを拠点に置く日本人ブランドという事が判明してまたもや日本人店長の北さんと歓談。彼もオーディオマニアでDJという事で話しが盛り上がりまた良いインスピレーションを貰い、Tシャツ数点を購入(帰国してもっと買えば良かったと激しく後悔)。

zurangma2

Zudrangma

そんなパーティ三昧な2週間を終えて帰ってきたその週末にはBrilliant Cornersでのハロウィンパーティ。相方Leonidasが主宰するLovetopartyは毎度ワイルドな客が集まる事もあって仮装にも気合が入るこの夜は店が始まって以来の盛り上がり様。ここでもボクは数時間のセットをプレイしてまた朝までガッツリパーティ。結局、翌週の周年パーティを含めてまた毎週DJしてるわけで忙しくなってもこうやって音と直接戯れる事が幸せ。

年末まではまた忙しくなりそうですが、来年にはまた音源制作にも復活予定。
とりあえず旅の土産音も含めた先週のNTSラジオでの番組でも聞いておいて下さい。

Afrobudhha Presents Spirits Frequency – 22nd November 2014 by Nts Radio on Mixcloud

それではまた。

Bless
K

 

Share this Article

Like
Tweet
Share