Wax Poetics Japan 主宰 Finest Breaks & Beats Vol.2 のイベント写真が到着

September 17,2014 | Category :  News | Tag :  FinestBreaks&Beats,

140820nosorg_0158_s
 8月18日に開催されたFinest Breaks & Beatsの第2弾のイベント写真が到着!
 
ニューヨークからスペシャル・ゲストとしてCL Smooth が登場し、第一回目に引けを取らないほどの入場者数で盛り上がったFinest Breaks & Beats Vol.2。ピート・ロックとの名曲「All the Places」「Mecca & the Soul Brother」「They Reminisce Over You (T.R.O,Y.)」を歌い上げた貴重な一夜の写真が到着した。スペシャルバンド、Magic Number CrewとCL Smoothの躍動感ある一瞬や、客演としてイベントを最高潮に盛り上げてくれたKEN THE 390、ROMANCREW、椎名純平の3者のソウルを感じる息吹は『Ultimate Breaks & Beats』の作り上げてきた功績を証明した一瞬となった。さらに『Ultimate Breaks & Beats』とともに歩んできたアーティストKan Takagi氏によるスペシャル・トーク・ショーやペインターとして参加したNOVOL氏の表情も収めている。

 Photos by Tsuneo Koga
www.kogatsuneo.net
 
Finest Breaks & Beats Vol.2
-Our Favorite Bourbon Maker’s Mark-
Supported by Wax Poetics Japan

2014/08/20(水)
@渋谷NOS ORG (ノスオルグ)

【Special Guest】CL Smooth (from New York)
【ACT】KEN THE 390, ROMANCREW, 椎名純平
【BAND】Magic Number Crew
竹内朋康 (Gt : マボロシ.DEZILLE BROTHERS.ex.SUPER BUTTER DOG)
タケウチカズタケ(Keys:SUIKA / A Hundred Birds)
栗原健 (Sax:Mountain Mocha Kilimanjaro,ex.SUPER BUTTER DOG)
タブゾンビ (Tp:SOIL & “PIMP” SESSIONS)
TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER (Bass:HOMARE.ex.SUPER BUTTER DOG
白根佳尚 (Drs:DEZILLE BROTHERS)
岡野tiger諭 (Drs:Mountain Mocha Kilimanjaro)
スティーヴ エトウ (Perc)
 
【DJ】Wax Poetics Japan Crew, me-low (NOS)
【Live Paint】NOVOL
【Special Talk Show】Kan Takagi (Major Force)
 
140820nosorg_0149_s140820nosorg_0155_s140820nosorg_0144_s140820nosorg_0107_s140820nosorg_0104_s140820nosorg_0092_s 140820nosorg_0094_s 140820nosorg_0095_s140820nosorg_0140_s140820nosorg_0043_s140820nosorg_0051_s 140820nosorg_0052_s 140820nosorg_0053_s 140820nosorg_0075_s 140820nosorg_0077_s 140820nosorg_0078_s

140820nosorg_0161_s140820nosorg_0088_s140820nosorg_0096_s140820nosorg_0164_s140820nosorg_0167_s140820nosorg_0178_s140820nosorg_0177_s

 

【主催】NOS ORG(ノスオルグ)
【企画/制作】NOS企画(MYU PLANNING & OPERATORS INC.)Wax Poetics Japan
【協力】Ultimate Breaks & Beats, Marker’s Mark

-TOTAL  INFO-
NOS ORG(ノスオルグ)
渋谷区宇田川町4-3ホテルユニゾB1F
TEL:03-5459-1717
http://org.nos-tokyo.com


C.L. Smooth
90 年代のヒップホップ・シーンを語る上で、最高のコンビとして必ず名前が挙がってくるピート・ロック & C.L.スムースのMC。1991年リリースのデビューEP「All Souled Out」はリリース間もなくヒップホップクラシックとなり、そのスキルとリリカルセンスを存分にシーンに見せつけることになった。ソウルやジャズのフレー ズを大胆かつ巧みに駆使したピート・ロック& C.L. スムース名義の1stアルバム『Mecca and the Soul Brother』(1992年)をリリースし、『Main Ingredient』(1994年)ではピート・ロックのグルーヴィーなトラックと語りかけるようなCLのラップで唯一無二のスタイルを確立した。ア・ トライブ・コールド・クエストやギャング・スターなどと共にヒップホップとジャズの融合に大きな役割を果たしたミドルスクールの代名詞となるアーティスト だ。先のEPからの「Good Life」や「Creator」同様、現在でもクラブでヘビープレイされている「They Reminice Over You (T.R.O.Y.)」や「Lot’s of Lovin’」等の楽曲があるが、そのトラックの人気の秘訣は、ピートのオリジナリティ溢れる素晴らしいプロダクションと、C.L.の特徴的でストイック なリリックと唯一無二のフロウ、その両者のコンビネーションにあると言える。グループとしては1994年にリリースした2ndアルバム『Main Ingredient』をもって解散となるが、ピートのソロプロジェクト「Soul Survivor」(’98)や、リユニオンシングルと話題になった「Shine on Me」(’03)、ピートの2ndアルバム「Soul Survivor 2」(’04)などでも2人のコンビは続いており、フルアルバムでのリユニオンを期待する声は今でも高い。コンビを解消後、ソロ活動に専念していたが、 2010年末に正式に再結成を発表。『The Main Ingredient』リリースから20年の節目となる今年、彼らのパフォーマンスに期待が高まる。

Magic Number 
2013年、レジェンドロッキンファンカー竹内朋康(マボロシ Dezille Brothers ex.SUPER BUTTER DOG etc…)が立ち上げたイベントMagic Number。Return Of Rare Groove と題し、かつての70′s SOUL/FUNKの隠れた名曲を中心に、元住吉POWERS 2にて毎月セッションを繰り広げている。レギュラーメンバーは竹内朋康を中心に、タケウチカズタケ(Keys:SUIKA / A Hundred Birds)、TOMOHIKO a.k.a HAVEY LOOPER(Bass:HOMARE.ex.SUPER BUTTER DOG)、栗原健(Sax:Mountain Mocha Kilimanjaro,ex.SUPER BUTTER DOG)、白根佳尚(Dr:DEZILLE BROTHERS)、岡野tiger諭(Dr:Mountain Mocha Kilimanjaro)、椎名純平(Vo:DEZILLE BROTHERS)、MEG(Vo:ex.SUPER BUTTER DOG)といった布陣で、なにより目を引くのがツインドラムによるメンバー構成。より強靭なファンクネスを生み出している。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>