starRoが第59回グラミー賞のリミックス部門にノミネート

December 09,2016 | Category :  News | Tag :  starRo,

starRo_Monday_cover_H1 コピー

話題のプロデューサーが手がけたリミックスがグラミー賞の候補に選ばれ、日本人初の快挙を成し遂げた

LAを拠点に活動する日本人であり、SoundCloudで日本人としては世界一のフォロワー数をもつ注目のプロデューサー、starRo。2016年10月にTOY’S FACTORY / MIYA TERRACEから初のフルアルバム『Monday』をリリースしており、同作がiTunesのR&B部門で1位を獲得するなど、高評価を集めていた彼だが、このたび来年2月に授賞式が開催される第59回グラミー賞の「最優秀リミックス・レコーディング部門」に楽曲がノミネートされた。当部門では日本人初の快挙となる。

ノミネートされたのはシルヴァー・レイク・コーラス(The Silver Lake Chorus)の楽曲「Heavy Star Movin’」のstarRoによるリミックス。シルヴァー・レイク・コーラスとはLA拠点の25人編成のコーラス・グループであり、フレーミング・リップス、シーア、ティーガン&サラといった著名ソングライターたちが参加したアルバム『The Silver Lake Chorus」を2015年に発表しており、そのリミックスアルバムが2016年にリリース。今回ノミネートされた「Heavy Star Movin (starRo Remix)」はこのリミックス・アルバムに収録されていた1曲である。ピアノとストリングス、そしてコーラス隊のハーモニーで構成される壮大な世界観の原曲に、ゆったりとしたビートとシンセでグルーヴ感を加え、starRo風味のチルウェイヴ・トラックに仕上げられている。

starRo本人は以下のようにコメントしている。

「グラミーは小学生からの夢だったので、こんなタイミングで候補になれて本当に驚いてます。特にこのリミックスは原曲がコーラス隊の曲で変調もあり、すごく難易度が高くて何人ものリミキサーが諦めた曰く付きのプロジェクトだったので、この曲が評価されたのは本当に嬉しいです。ここまできたら受賞したいです。日本の皆さん是非一緒に祈って下さい!いつも応援ありがとうございます。」

ジェシー・ボイキンス三世、ジョイス・ライス、マセーゴやNIPPS、Jinmenusagi、charaなど国内外の気鋭アーティストが参加したstarRoの話題作、『Monday』についてはこちらをチェック。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>