81JMSB+GBZL._SL1500_

Heavy Rhyme Experience Vol. 1

Artist : The Brand New Heavies  | Label : Atlantic/Acid Jazz  | Release Date : 2015/3/11

Purchase

iTunes
Tower
HMV
disk union

今から四半世紀ほど前の1992年にドロップされた快作品が、この度デラックス・エディションで再発。1992年はニュースクール~ジャズ・ラップの全盛期と言えるかもしれないが、それとアシッド・ジャズの国境線をまたいだ画期的な邂逅がここで明確に果たされていたわけだ。サンプリング・トラック風のジャズ・ファンクをブラン・ニュー・ヘヴィーズが演奏し、そこにメイン・ソース、ギャング・スター、グランド・プーバ、マスタ・エース、クールGラップ、ブラック・シープ、エドOG、ファーサイドなどが次々とラップを乗せていく。当時の第一線級で、今も変わらず世界中で愛されているMCたちが一堂に結集しているわけであり、それだけでも歴史上意味のある作品だと言えるだろう(ジャズマタズは1993年以降のプロジェクトなので、ここにも参加しているグールーがコンセプトを拝借したと断言すると誤解だらけだが、もしかしたらそうなのかもしれない)。発売当時は小学生だった筆者を含めて、リアルタイムで追えていない人は多いと思うので、是非ともこの機会に聴いてみてほしい。このそこまで高くは評価されていないブラン・ニュー・ヘヴィーズのセカンド・アルバムは、今でもたまらなく瑞々しい魅力を湛えている。
 
デラックス・エディションの本作にはメドレー編集曲「Heavy Rhyme Experience Theme」が初めて正式収録されている他、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ・ファンにはお馴染みの「Mr. Tanaka」などのボーナス・トラックも収録されており、すでにこれまでに何度か再発されているが、この盤には独自の魅力が付帯されている。

Reviewed by

Play on youtube

Share this Article

Like
Tweet
Share
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>