Review 02

Posted by     45 a.k.a.SWING-O | January 26,2014

RobertWyatt

Robert Wyatt “Old Rottenhat” (1985)

今年から再開する盤紹介は、シンプルにReviewというタイトルにしときます
どうせなら変わった音源をなるべく紹介していこうかな

てな訳で今回紹介するのは
ジャズロックな伝説のバンドSoft Machineのドラマー、
Robert Wyattの1985年の作品

彼は1973年に事故で下半身不随になりながらも
独自の音楽制作を続けていき、
特に80年代以降の作品はPost Rock好きの人たちを魅了する
俺もPost Rockを色々聴いてる時期に友人から教えてもらった
その作品のカラーはそれこそJim O’rourkeやStereolabなどと
共通のものがある

このアルバムは最近入手したものだけど
1985年という80′sキラキラサウンド全盛期の頃の作品とは思えない
素敵な空気感のアルバムだ

例えばこんな感じ

このリズムボックスを使ったアンサンブルなんて大好きだな

基本歌詞は政治的なものを題材にしたものが多い
それを詩的な感じにうまく仕上げている
この曲は
「労働階級は死んだと奴らは言う
今ではみんなが消費者さ
今は私欲の時代なんだ〜The Age Of Self」
と言った感じ

クールな声で、つぶやくようにうたわれる曲たち
サウンドの質感もあって、
この寒い季節に合う

*****

SWING-Oの最新ライブ情報はこちら
http://swing-o.info/live/

気になる人のためにリンクを貼っておきます

Share this Article

Like
Tweet
Share