Ahmad Jamal

| Tag :  Ahmad Jamal,

main_4_121225023335

1958年、ピッツバーグ生まれの小柄で気品あるピアニスト、作曲家、そしてバンド・リーダーのアーマッド・ジャマルは、シカゴのサウス・サイドにある黒人所有の ヒップなクラブ、パーシング・ラウンジで「Poinciana」というブロードウェイ曲を録音した。彼のエレガントなピアノ奏法は、ドラマーのヴァーネ ル・フォーニアのセカンドライン・シンコペーションと、イスラエル・クロスビーのベースラインに支えられ、この曲をジャズの世界において稀なもの、つまり、ヒット・レコードへと変えた。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>