Brian Jackson

| Tag :  Brian Jackson,

BrianArtistpage

ブルックリン出身のブライアン・ジャクソンは、長年のパートナーであったギル・スコット・ヘロンが綴る、心に響く、ときには辛辣とさえ言える歌詞を、完璧なまでに引き立たせる楽曲を生むストーリーテラーであった。大学で出会ったふたりは意気投合し、高い志を共有するパートナーとして共に音楽活動を行うようになった。スポークンワード(朗読)作品であったギル・スコット・ヘロンのデビュー・アルバムに続いた1971年のアルバムでは、正式にジャクソンが作曲を担当することとなり、ふたりの相性の良さが確たるものとなった。タッグを組んで3作目となった『Winter in America』(1974)では、両者の名前が同列に明記され、ふたりの最大のヒット「The Bottle」が生まれ、そのあと10年に渡って発表することになる6枚の重要作の音楽的な礎が確立された。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>