Erick B. & Rakim

| Tag :  Erick B. & Rakim,

main_5_121225022155

これは私の新著の中の1章である。タイトルもそのままなので分かりやすいはずだ。もともとは2003年の末に『XXL』誌の、「Classic Material」というコラムのために行ったこのインタビューは、私の中でほろ苦い思い出になっている。しかし後になって振り返れば、苦味よりも得たも のの方がよほど大きかった。ラキムは本当に潔く私に過去のことを語り、話し始めて早々に本題に入ってくれた。一般的に、ほとんどのアーティストは活動初期 の話題になると心を開いて話し始める。でも相手はラキム、ヒップホップ界でも最も敬われ、また秘密主義だと言われているアーティストの1人である。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>