Grandmixer DXT

| Tag :  Grandmixer DXT,

main_11_121225125521

1975年、ブロンクスのジョン・フィリップ・ソウサ中学のバンド・リーダーだったミスター・ピディオは、ガムを噛んでいたという理由で、ドラム奏者をステージから蹴り落とした。そのデレック・ショウワードという名のドラマーは、次の日に汚名を返上すべくボブ・ジェームスの「Farandole」を採譜して登校する。譜面は間違いだらけだったが、ミスター・ピディオはすっかり喜んで、デレックにゲットダウン(ファンキーに演奏)するパートを任せてやることにした。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>