Ice Cube

| Tag :  Ice Cube,

Ice Cube-1

アイス・キューブが1990年にリリースしたソロ・デビュー作『AmeriKKKa’s Most Wanted』は、ギャングスタ・ラップの金字塔であり、西海岸のヒップホップを語る上で外すことの出来ない重要作である。当初はドクター・ドレーにプロデュースしてもらうことを計画していたものの、N.W.A、特にジェリー・ヘラーとの不仲によってそれを断念せざるを得なくなったキューブは、当時、東海岸でポリティカルかつラディカルなヒップホップを生み出していたパブリック・エネミーのチャックDとボム・スクワッドに制作を依頼した。キューブの相棒、サー・ジンクスとパブリック・ エネミーが共同で制作したそのサウンドは、東と西の奇跡のコラボレーションとなり、アイス・キューブがソロ・アーティストとして成功を手にするきっかけとなった。その『AmeriKKKa’s Most Wanted』の制作期間中、ライターのマイク・セイガーは3週間に渡ってアイス・キューブを密着取材した。この記事には、ラップ・スターとしてサクセス・ストーリーを実現させる前夜のアイス・キュー ブの素顔が、生々しく描かれている。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>