Richard Evans

| Tag :  Richard Evans,

main_7_121225020904

1960年代後半から1970年代前半にかけて、リチャード・エヴァンスはカデットを支える重要人物だった。カデットは、シカゴの革新的なソウルジャズ・レーベルで、人気ブルース・レーベル、チェスの子会社。1960年代前半、リチャードはチャールズ・ステップニーを庇護の下に置いただけでなく、サン・ラーの下でベースを弾き、さらには若く才能溢れるオルガン・プレイヤー、ダニー・ハサウェイとも親交を温めた。60年代が終盤に近づいた頃、リチャードはインハウス・アレンジャーに昇格。ほどなくして、彼はさらなる活躍を見せる。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>