Yusef Lateef

| Tag :  Yusef Lateef,

YusefArtistpage

数年前に私たちはラティーフ博士によるレアなパフォーマンスをKnitting Factoryで目撃することができた。ライブの大半は、深い瞑想状態に入ったラティーフがピアノを演奏し、その浮遊感のあるサウンドは、エリック・サティの音楽を彷彿とさせた (サティのユーモラスな作品ではなく、瞑想的な作品の方だ)。彼は演奏中に長い沈黙を作り出しては、そこに選び抜かれた音符を投入し、その音符が徐々に空中に溶け込んでいく。ライブ中にガールフレンドのマリリンは、「彼は神様と対話してるんだと思う」と私に囁いた。コンサート後に、私はラティーフがAtlantic Recordsと契約していた頃のプロデューサーであるジョエル・ドーンと偶然遭遇した。彼はバックステージに向かう途中だったので、ラティーフ博士に紹介してくれると言った。30年間ずっと聴き続けたラティーフ氏と初めて対面したわけだが、握手したその手が予想以上に大きかったことが印象的だった。もちろん彼は腕力がとても強かったが、案外長く握手が続いた。手を握られたまま、彼にジッと見つめられ、私たちはフラニ・フルートの独特の音色について語り合った。私の手を離すと、彼はマリリンにお辞儀をし(彼は女性と握手するのではなく、 お辞儀をすることを好むらしい)、私の魂を見透かしたかのような 視線を送りながら、「彼女を大切にするんだぞ」と言った。その日から、彼女は私たちの関係において立場が優位になった。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>