45 a.k.a. SWING-O

45
July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Oct    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

黒い現場にこの男あり! 70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきでシーンに新風を吹き込む鍵盤奏者。 今話題の音楽レーベルorigami PRODUCTIONSの中心人物にして、CHARA、福原美穂、Zeebra、近藤房之助、DJ Kawasakiなど様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュースする(参加したアルバムは100枚以上!)ほか、2011年には椎名純平(vo)、竹内朋康(gt)らとSOULバンドDezille Brothersを結成するなど、様々な音楽活動を通して黒い音楽普及にアグレッシブに挑んでいる。 2011年12月7日には45として"HelloFriends"(2008)、"TheRevengeOfSoul"(2009)に続く3作目となるアルバム”Stop!Look!Listen!”をリリース、英BBCラジオでヘビープレイされるなど各所で話題となっている。     http://swing-o.info/

Review 08

October 22, 2014

20141021_014429

Yasiin * Gaye” by Amerigo Gazaway(2014)

これはジャケ買いでしょ
似ているジャケットを2つ合わせただけじゃなく
中身も合体、つまりマッシュアップな作品集

これの主役は、この顔の右側、Marvin Gayeの作品に
左側のMos DefことYasiin Bayのラップを載せたもの
それぞれのジャケはこれ

Vulnerable
“Vulnerable” Marvin Gaye (1997)
1997年に遂に蔵出しされた、
Marvin Gayeの未発表ポピュラーソング集
オーケストラをバックに歌われたこれらは
マーヴィンがホントはやりたかったこと、だという

mosdef
“Black On Both Sides” Mos Def(2002)
Hip Hop好きは当然知ってるMos Defの代表作
そのソウルなトラックたちは、ミュージシャン界隈でも人気の作品だね

・・・っていうのはあくまでジャケの説明ね
中身は全然違います
特にMarvin Gayeネタは
2001年頃にリリースされたDeluxe Edition収録の、
未発表トラックなども多分に含んでいて嬉しい
(これはCDのみでアナログにはほとんどなってないからね)

その上でMos Defのラップをうまく絡めて行くマッシュアップ、
な訳だけど、マーヴィンのトラックもいろいろ混ぜてあって面白い

A-4″I Want You Til The Summertime”
は”Mercy Mercy Me”をベースにしつつ、
サビは”I Want You”を載せている、これがまたいい!

全編こんな感じ、これはいいよね
 
 
あ、CD買わない主義の人は、
このトラックとか知らないよね?


“Definition of Infinity” by Yasiin Gaye feat Talib Kweli

これの1:40あたりから出て来る、ピアノが印象的なトラックは、
Herbie Hancockが参加した未発表曲で、
“Let’s Get It On”のDeluxe Editionに収録されていたもの
これはマーヴィンの歌も入っていないインストトラックだけど、
めっちゃいいんだわ

ってな感じで俺好みなマッシュアップ満載な曲集なんだけど、
これはMP3でいい人はなんと無料なのだ!!!
「これはアナログで欲しい!」と思った人のみ有料、という形
俺はもちろんアナログで入手しちゃいました!!!

あともう一つ因みに言うなら、この企画は既にもうPT2も出ていて、
それも合わせてアナログ化されてます
(因みにこれら作品集自体は今年の春頃には既に発表されています
早くに入手してる人にとってはなんで今更!かな?)

フリーDLのみでいい方はこちらでどうぞ!!!
(Side One/Side TwoいずれもDL可能です。他のマッシュアップも多数あり)
http://soulmatesproject.bandcamp.com/album/yasiin-gaye-the-departure-side-one

アナログ欲しい方は、
数日前にはまだ渋谷のHMVにありましたねv
jetsetなどは売り切れのもよう

ジャケの元の各作品のリンクはこちらです

NeverMyLove1

“Never My Love”という曲がある、
最近ではDonny HathawayのBox CDのタイトルにもなっていたので
ご存知な方も多いだろう

古くは1967年にソフトロックグループ、
Associationsの曲として全米No.2(Cashbox誌ではNo.1)になり
黒人コーラスグループThe 5th Dimension
スウェーデンのロックバンドBlue Swedeなどもカバーして大ヒットさせた曲で
実はDonny Hathawayもカバーしていた、
ということで上記Box CDにて未発表曲として収録されていた訳だ
素朴で爽やかで心地よい名曲だ

大ヒットしたAssociationsバージョン

これもスマッシュヒット、The 5th Dimensionのカバーバージョン

一方、ジャニーズのアイドルグループA.B.C-Z(エービーシーズィー)
昨年この曲をカバーしていた
かつDVDのタイトルにまでなっている
ん?なんでだ?

そこに、まさかの壮大なストーリーが隠されていたのだ

そう、
この曲”Never My Love”を
(ほぼ)最初にレコーディングしたのは
なんとジャニーズだったのだ!

そこらへんはこちらのWikipediaに詳しい
Wikipedia ジャニーズ

簡単に説明すると、
1966年にジャニーズはダンスレッスンのために渡米し
その際にワーナーミュージックとの契約を取り付けることに成功し、
この曲を含むアルバムを制作
&全世界に向けて発売するシングル曲としてこの曲”Never My Love”を発表する、
、、、、はずだったのが
スケジュールの都合、急遽帰国する事になり、
発売も中止となってしまったというのだ
(from Wikipedia)

その「スケジュールの都合」というのがよく分からないが
おおよそ契約の話で日本のレコード会社との間で揉めたんだろう

そして翌年1967年に上記のAssociationsにカバーされて大ヒットして、
そこからはポップスタンダードとしての道を歩む曲となった訳だが
歴史に「たら」「れば」は禁物だが、
もし無事ジャニーズの”Never My Love”が
先に発売されていたら・・・???

なんて想像してしまう・・・

にしてもジャニー喜多川氏の動き方は
50年前とは思えないくらい凄いね
坂本九の全米No.1という前例があるにせよ(1963年)
日本の少年グループをアメリカでダンスレッスンさせ、
かつレコード会社との契約までとりつける、なんて。。。

実際、ジャニーさんは相当この話を悔しく思っていたそうで、
そんなこともあって、
ジャニーズの新しいグループに
原曲の英詩のままカバーさせたんだろう
アレンジもびっくりする程普通に美しく出来ている
原曲へのリスペクト、思い入れを感じるアレンジだ

こちらのリンクでその映像が見れるよ
A.B.C-Z “Never My Love”

そして最後にDonny Hathawayによる、彼らしいカバーバージョン

 
 
この一曲を巡るストーリーが
まさかの
ジャニーズとDonny Hathawayを繋げている
なんて素敵な話じゃないかい?

洋楽好きは洋楽に
アイドル好きはアイドルのみに傾きがちだけど
閉じていると、こうした素敵なストーリーに気づけないよ

オープンにいきましょう
アンテナの張り方を気をつけるだけでいいんです!!

それが本日の #SOUL大学 の教えでした!!!
 
 
 

mfs1009_4c
 
mfs1009_1c

10月のMy Favorite Soul もいよいよ来週木曜日です!
今回はなんと45歳Freeです!っっって果たして45歳来るのか??笑

少なくとも俺と、ライブゲストの
Soto Ikemiya (vo&gt) ex.wyolica
二宮純一(gt:speacloud) は同い年の45歳ですv

Soto Ikemiyaの弾き語りライブと
二宮純一がフロントのギタートリオSpeacloudのライブは終電前
深夜には彼らも交えた恒例のジャムセッション
ジャムセッションのホストバンドは45trio!
(俺、 砂山 淳一 (Junichi Sunayama)、 Masahiko Kubo)

ライブ目当てな人、ジャムセッション目当てな人
乾杯目当てな人、語り合いたい人
SOULなDJたちの選曲するSOULな音楽空間に
浸りに来てくださいvvv

この濃さで2000円ですから、
場所も恵比寿駅徒歩3分の素敵なスペース、BATICAです
深夜イベント初心者も大歓迎ですよ

My Favorite SoulのFacebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1501052240149516/?fref=ts

FreeSoul_origamiPRODUCTIONS

いよいよ今週発売になりました

そうです
あの、
あの、
あの、
Free Soulシリーズに

この度
origami PRODUCTIONSも加わりました!!!

ってな訳で、
俺も大好き皆大好きなFree Soulについて
俺が受けた影響などを語ってみようと思います

個人的にはFree Soulは最初のシリーズが出た当初から聴いてたね
最初に買ったのはたしか”Colors”だね

FreeSoulColors1994

Free Soul “Colors” (1994)

その後、”Visions”(1994)や”Parade”(1995)や、
アーティストを固定したシリーズのIsley Brothers、Al Greenなどなど
沢山お世話になりました

でも中でもホントよく聴いたのがこの”Colors”だね
これを買う時点で知っていたのは
Tr-9″From The Lonely Afternoon” by Wayne Shorter feat.Milton Nascimento
Tr-14″Jolly” by Al Kooper
Tr-18″For The Love Of You” by The Isley Brothers

くらいかな

そう、これだけでもこのコンピの「面白そう」な感じが分かった
Tr-9:ジャズアーティストがブラジル人をフィーチャーした曲
Tr-14:ロック畑の人
Tr-18:ソウルの人

まだ1994年当時、
Acid Jazz〜旧レアグルーヴ文脈の、ファンキーなコンピこそあったけど
メロウなものをコンパイルしたものはあまり無かったと記憶する

そんな中、こうした、
ジャンルを飛び越えたチョイスなのに
過去のヒット曲、すなわち耳馴染みのある曲がほぼ入っていないのに
実に自然に、心地よく聴けるコンピ
これは凄い!

そして気づけば俺の周囲のミュージシャンだけでなく
大して音楽好きじゃなさそうな人も持っている、
当時俺が付き合った女性の家には必ずFree Soulシリーズがあったしね(笑)
そんなこんなで大ヒットシリーズとなった

そして、それだけヒットしたということは
少なからず世の中を変えたことになる
何を変えたか?

*DJ目線で選曲されたものを聴く心地よさを知る
→アルバム聴き、ではない聴き方を知る
(iTunes登場以前の話だよ)

*アーティスト名ではなく、
ブランド名で音楽を買うという習慣の定着

*音楽ジャンルではない音楽の選び方の定着

などなどが考えられるだろう
ま、そこらへんはマーケティング的な部分でもあるので
よりプロフェッショナルな方により分析してもらうとして
それとは別に個人的に感じてる事がある

Free Soul以前と以後で
評価が大きく変わったアーティストが多数いる

ってことだね

曲単位ではもちろん
“(I Believe In)Miracles” by Jackson Sisters
“Jamaica Song” by Booker T.Jones
“It’s A Shame” by Spinners
“Never Did I Stop Loving You” by Alice Clark
“I Love You” by Weldon Irvine
などなど枚挙に暇が無いけど

Leroy Hutson
Lonnie Liston Smith
The Isley Brothers

などは、かなりの数のコンピに選ばれていたのもあり、
アーティスト評価そのものが大きく変わった印象があるね

中でも大御所の
The Isley Brothersの評価と認知度は
94年までと現在で大きく違う
んだけど
その評価と認知度を変えるのに
Free Soulシリーズは大きな影響を及ぼしたと俺は思っている

なにせ俺が大学生のころ、1994年くらいまでは
アイズレーと言えば、先輩もオッサンも雑誌も
The Beatles “Twist And Shout”のオリジナルの人
という文脈でしか出て来なくて、
60年代後半以降のソウル〜ファンクなアイズレーは
全く評価されてなかったと記憶する

そして1994年にこのコンピが始まり、
奇しくも同じ1994年にAaliyahが”At Your Best”をカバーして大ヒットしたりして
かつヒップホップでもサンプリングソースとして注目されて、、、
(評価が低いから、安値でレコードが転がっていたってことね)
、、、という積み重ねもあり、
特に70年代のメロウなアイズレーは今やメロウソウルの定番となっている

そんな、
音楽の聴き方の提案でもって
歴史を変えた

と言えるFree Soulシリーズに
自分の作品が選ばれるのは夢のような話なんですわ

その選曲芸術家、橋本徹氏からは
「どうしても収録したい作品が40曲をこえてしまい、定価は据え置いたまま2枚組にできないか」
という提案を、
うちのボス対馬と我々が快諾し
2枚組41曲!というボリュームで2500円!
が実現しました!

これは8年目を迎えているorigami PRODUCTIONSの
Free Soul目線で編まれたベスト盤です!
俺の曲も多数収録されてます!

かつ全国のCDショップからiTunesまでも乗ってくれて
かなりの展開にもなっています!

既にアルバムを持ってくれている人も、持ってない人も
Free Soul目線で
origami PRODUCTIONSの音楽を
堪能してみてください!!!

ダイジェストも用意しました!

Amazonのリンクはこちらです

iTunesのリンクはこちら
Free Soul origami PRODUCTIONS

Review 07

August 24, 2014

BFDNL045

“Early Riser” by Taylor McFerrin (2014)

“Early Riser” by Taylor McFerrin
渋谷のBar Musicの中村氏に聴かせてもらって、
気に入ったので、
アナログにて購入

もう今やダウンロードコードがついてくるのは当然としても
wavファイルダウンロードまで出来るようになっていてビックリ

これは中村氏も言っていたが、まず長さがちょうどいい
両面併せて42分の、今っぽい浮遊感のある、”Jazzy”なアルバム
Robert GlasperやThundercatのフィーチャリングもあるしね
かつエグくなりすぎていないので、程よいラウンジ感もある
絶妙なバランスのアルバムだね
42分て人間が集中力を保てるちょうどいい長さだと思う

個人的にはPVにもなってるRYATをフィーチャーした
B-4″Place In My Heart”が好きだね
・・・PVはちょっとヘビーだけど・・・

名前でピンと来た人は達人!
そう、Bobby McFarrinの息子だそうです
実際親子競演も入ってるしね

3年前にRhodesと自らのビートボックスで
こんな映像も残してる

Teebs的でもあり
Brainfeederから出てくるのが凄く分かる作品
つか二世代目アーティストが多いレーベルだね?笑

“Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
はいよいよ明日やね

こちらの準備は万端
あとは現場で何を起こせるか、てとこかな

やっていても面白い面々なので
グランドピアノとヒップホップ・R&Bな夜を
心地よく演り過ごそうと思いますv

では心の準備の為に、
各アーティストのオススメ映像を紹介しておきましょう
こんな面々が集まる、訳ですv

Afra の新曲映像はこちら
これもピアノと絡んでやってみちゃおうかなと

サイプレス上野は、UMC Battleという、
即興ラップのバトルセッションで今年の神奈川大会優勝!
全国大会にコマを進めてるわけだけど
去年のこのNaomyという姉さんとのバトルは面白いよ!

@djtomoko n Ucca-Laugh略して「ともゆか」は
今回のイベントに向けて、こんな映像を作ってくれました!

ほんでもって我らが45trioのライブ映像はこんな感じ
もう3年近く前になるんやね、このフリーライブ@Liquid Room

・・・てところで予習は万全ですかね?
Motion Blue Yokohamaにてお待ちしております!!!

KiOKu2
 
■イベント名 ”Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 
自由席 ¥2,900
BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000
(4名様までご利用可能)

■ 出演 
45trio (SWING-Oaka45/Sunapanng/久保正彦)
AFRA
サイプレス上野
@djtomoko n Ucca-Laugh
 
■ チケット
6/28 11時より販売開始

http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/

 
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919
(11時~22時)
 
 
 

いよいよ8.18にMotion Blue Yokohamaで開催する、
“Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
が迫ってきました!!!

ってことでリハーサルのもようをチラっとお見せしちゃいます!

今回の裏テーマは
『グランドピアノとヒップホップ』
です!
リハーサルではエレピですが
本番はグランドピアノだよ!!!

まずは日本を代表するビートボクサー、
AFRAと俺のリハーサルもようをどうぞ!!
AfraSWING-O
映像リンクはこちら↓
https://www.facebook.com/photo.php?v=912230098791262&set=vb.574246542589621&type=2&theater

 

今回の紅二点、
@djtomoko n Ucca-Laughと45trioのリハもようをチラっ!
tomoucca
映像リンクはこちら↓
https://www.facebook.com/photo.php?v=912230985457840&set=vb.574246542589621&type=2&theater

そして更にサイプレス上野もいるからねぇ
これは演者の俺も楽しみです!!!
それでたったの2900円だからね
BOX席に4人で来てもお得だよ!!
(1人あたり4400円)

お待ちしてまぁす!!!

【ライブ詳細】
■イベント名 ”Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 自由席 ¥2,900 / BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000(4名様までご利用可能)
■ 出演 45trio / AFRA / サイプレス上野 / @djtomoko n Ucca-Laugh
■ チケット
http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919(11時~22時)

イベントページはこちら!
https://www.facebook.com/events/667791913303430/

Review 06

July 14, 2014

MFSB

“Universal Love” by MFSB

(1975)

MFSBと言えば、
1970年代を代表するPhilly Soulのバックバンドであり
バックバンド自らもヒット曲を多数擁する、
すなわちそこらへんの音楽が好きなら必ず
その演奏を耳にした事がある大所帯オーケストラバンドだ

ま、改めてwaxpoetics読者には紹介するまでもないかな?
過去作家/プロデューサーのGamble/Huffのインタビューとかも載ってたからね
(過去売れ過ぎて、現在もレア盤ではないが故に
敢えてチェックしてない人が多いのかも?という気はするけどね)

で、あらためて今回このMFSBの3枚目のアルバムを紹介するのは、
何はともあれこの中の
B-3 “K-Jee” 邦題:噂の女ケイジー ←笑
これが好き過ぎるから、なんだけどね

個人的には1978年の大ヒットサントラ、
“Saturday Night Fever”に収録されていて知ったのが最初
かつ俺が小学4年生とかでリアルタイムで聴いたと記憶している
しかも親父の仕事の都合で当時住んでいたフィリピンで!

そう、思い返しつつ、自分史を語るならば
俺の、「グルーヴィーでメロウなもの好き」のルーツはここにあるのでは?
とそう思ってる
何度聴いてもこのイントロから展開部から
全てにおいて心地よい感じ、
これは何度聴いても好きすぎて仕方が無い

もっとも、このバージョンは一番なくらい有名だけど
オリジナルはこのNite-Litersだ

なんだろね、どのバージョンも心地よい
このリフが最高なんだろね
マイナー9thを連打する、この響きは
後のハウスやテクノにも大きく影響しているパターンだと思う

*****

45trio_7inch_jacket_0521omote

“Where Are We Going? / K-Jee” by 45trio

そんな訳で、先日プライベートプレスでこの曲のカバーを含む7inchを
俺の45歳記念にプレスしてしまった訳です!
せっかく45名義で活動してる俺が45歳になるのだから
大好きな曲を45でリリースしちゃおう!
って魂胆

もう既に各所売り切れ始めてます
流通量は少し増やしましたが150枚ほどなので、
もう、市場には30枚程しか残ってないのでは?と思われますが
7inchで欲しい方は是非お早めに!

例えばこちらで扱っております!

jetset records

そして試聴出来ればいい!て方の為に
フルバージョンをSoundcloudにアップしてあります
気に入ってくれたら是非ハートマークを押してくださいねv

45fesが一段落したばかりですが
8月に早速またオススメな濃厚コラボイベントが2つあります

まずはこれです!
45fes Pt2 feat.HipHop/Soulと言っていい濃厚なメンツとのコラボイベントを
TDKプレゼンツ
横浜Motion Blueでオサレに開催しちゃいます!!!
このメンツで自由席2900円って安いでしょ!安すぎでしょ!!!

KiOKu2

“Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 
自由席 ¥2,900
BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000
(4名様までご利用可能)

■ 出演 
45trio (SWING-Oaka45/Sunapanng/久保正彦)
AFRA https://www.facebook.com/afra.beatbox
サイプレス上野 http://www.sauetoroyoshi.com/
@djtomoko n Ucca-Laugh http://www.tomoucca.com/

 
■ チケット
6/28 11時より販売開始
http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/
 
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919
(11時~22時)

TDKのほうではこんなキャンペーンも!!!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=510857579059527&set=a.134756423336313.44874.134346320043990&type=1&theater
→これで当たっちゃったらフリーでこのイベントが見れちゃうってこと!!!

*****

そしてその直前には隔月恒例のMy Favorite Soul!
毎夏恒例の女性アーティストをフューチャーした夜になります!!!

0814mfs_4c
0814mfs_1c

“MY FAVORITE SOUL”
bpm under100 -soul,hiphop,jazz-
21:00 -all nite /charge 2,000yen

Hosted by 45a.k.a.SWING-O(origami)
Guest Live:
高橋あず美
KAORU Tominaga

Resident DJs:
45 a.k.a.SWING-O(origami)
ROCK-Tee
横山龍助(Rare Drops)
DJ bara(peanuts pro.)
TSUYO-B(jazzswindle)
BEat-taku-around(来音食堂)
NELLO(月歩-Gheppo)
君嶋麻里江
白根佳尚(Dezille Brothers)
CHICK-D(UStream)
Kyohei The Kitchen
Luiger
Satoshi Fukuda(FKD Studio)
and more…

Live Paint:KIO(optimystik)

http://www.batica.jp/

SWING-O主催の隔月ソウルイベント
それがMy Favorite Soul
全てのDJがBPM100以下で選曲するその空間は
熱すぎずラウンジ過ぎない、まさに平日深夜の理想的な音楽空間
毎回豪華なゲストを迎えてのライブ
そしてゲストを交えたSWING-Oが仕切るセッションはその日限りの贅沢な時間
今回は毎年夏恒例、素敵な女性たちを呼んでます
高橋あず美とKAORUという2人の新世代DIVAを呼んでます
彼女たちのライブと
夜中には恒例のセッションでお楽しみ下さい!!!

45fes_top

45Fes
大盛況に終わりました!

あまりにも内容を詰め込み過ぎてた上に
かなりの飲酒量だったこともあり
終わって一週間が経とうとしている今になって
やっと振り返れる感じです

ほんと沢山のお客さんが来てくれたし
沢山の仲間が来てくれたし
そして何より盛り上がったし
笑顔が絶えなかったし
幸せな誕生日を過ごすことが出来ました
みんなホントにありがとう!!!

俺ね、やっぱこういう、
無茶振り満載なイベント、好きだわ
そんなカオスの中からフレッシュなものは産まれる
ほんとそう思う

ミュージシャン主導で作るイベント
というのも今後ますます大事になっていくと思うから
ほんと出来てよかったと思う

唯一最大の反省点は
俺自身が休む時間を全く作らなかったこと

そのせいで、
お客さんはもちろんのこと
関係者出演者のみんなとも
あまり話せなかった
乾杯も出来なかった
そこがちょいと残念かな
(結局、酒、ですが・・・)

結果、関係者へのケアが出来なかったが故に
迷惑をかけた人も多数いると思うんで
それはここでも謝っておきます

振り返ってみて思うのはね
俺はね、こう見えて、
盛り上がってる人の輪に入るのが苦手なんだわ
だから俺、自分で人の輪を作るほうをやろう、
てなったんだと思う
それはそれで大変なんだけど
その方が気持ち的には楽なんだな

だから、俺、口では「大変」「大変」って言ってきましたが
実は全然大変じゃないし、むしろ充実感で一杯の日々、そして本番でした
テキーラを結構飲まされたのがちょっと想定外で
それでもって俺の中のなんかが壊れて
ついMCが長くなったりしちゃってたね
ライブ音源を聴き直して、ちと恥ずかしい感じがしちゃった
・・・でもそれも含めて楽しかったな
そして感動な瞬間、笑える瞬間がホント数多くあって
改めて、いい時間を作れたんだなぁ、て思います

某マラソン選手じゃないけど
今回ばっかりは
自分で自分を褒めてあげたい
と思います

また来年もやろうかな・・・なんてね 笑

では最後に今回のやった曲目と参加メンバーを
思い出せる限り記して、45fes絡みのBLOGは終了しようと思います

写真で振り返りたい方は是非こちらのFacebookのアルバムをご覧下さい!
会場でライブペイントで描かれたNOVOL、kio作品も見れますよv
45Fes 6.25.2014

140625_yorifuji_0122

00 Introduction
〜自作自演の自分で自分を煽る、自分を呼び込むナレーションを用意しました

01 I Remember Ramsey
45trio (SWING-O:keys/SUNAPANNG:bass/久保正彦:drums)

02 Where Are We Going?
45trio feat. Sequick:talkbox

03 ズックにロック
04 故郷のうしろ姿

feat.金佑龍 
with 45trio
&長崎真吾:guitar/Nello:percussion

05 Girl Talk
feat.鈴木桃子(ex.Cosa Nostra) 
with 45trio
&長崎真吾:guitar/Nello:percussion/国岡真由美:chorus

06 Get On The Floor
feat.国岡真由美(ex.ICE) 
with 45trio
&長崎真吾:guitar/Nello:percussion/鈴木桃子:chorus

07 シェルター
feat.Azumi
&SWING-O:piano/オオニシユウスケ:guitar/Nello:percussion

08 同じ月を見ている
feat.タカツキタツキ
&SWING-O:piano/オオニシユウスケ:guitar/久保正彦:drums

09 Island Blues
feat. KOJOE
with origami players
SWING-O:keys/関口シンゴ:guitar/Shingo Suzuki:bass/mabanua:drums

10 We All Try
feat.KOJOE
origami players&Hiro-a-key
SWING-O:keys/関口シンゴ:guitar/Shingo Suzuki:bass/mabanua:drums

11 “O2″
feat.福原美穂
with origami players
&Tiger:chorus/スティーヴエトウ:percussion

12 Lately
feat.福原美穂&松本良喜
&SWING-O:piano/オオニシユウスケ:guitar/スティーヴエトウ:percussion

休憩時間BGM : DJ TOKNOW

13 “We Are iColor’s”
feat.iColor’s
リコ、ナオ、ミク、ユナ、コヒ:dance&vocals

14 東京
feat.Romancrew
&SWING-O:piano/カマタミズキ&KAORU:chorus

15 ちょうどいい〜It’s A New Day
feat.Mummy-D
&SWING-O:piano/Hiro-a-key:chorus/江川ゲンタ:percussion

16 A Natural Woman
feat.カマタミズキ&Lyn
&SWING-O:piano/伊原”Anikki”広志:guitar/Rainey加藤:bass/白根佳尚:drums

17 Spiral Squall
feat.Keyco

&SWING-O:piano/伊原”Anikki”広志:guitar/池田憲一:bass/岡野”Tiger”諭:drums
&栗原健、元晴:sax/matzz:percussion

18 Spirit Of Love
feat.Root Soul
feat.Firelily a.k.a.Maru,Hiro-a-key,Kaoru

&SWING-O:piano/伊原”Anikki”広志:guitar/池田憲一:bass/岡野”Tiger”諭:drums
&栗原健、元晴:sax/テムジン:trumpet/廣瀬貴雄:trombone
江川ゲンタ&matzz:percussion
&many dancers

19 Travelling
20 Walking The Backstreet And Crying
feat.近藤房之助

&SWING-O:piano/ボブサン&伊原”Anikki”広志:guitar/池田憲一:bass/江川ゲンタ:drums
&栗原健、元晴:sax/テムジン:trumpet/廣瀬貴雄:trombone

21 トップスピード&more
feat.モミーFUNK!

with SWING-O:piano/Keyco:dance?

22 Gimme Some
23 ゴキゲンナナメ
feat. Dezille Brothers

椎名純平:vocal/竹内朋康:guitar/白根佳尚:drums
with Tomohiko:bass/二宮純一&伊原”Anikki”広志:guitar
&more

Enchore
房之助さんごめんなさい/SWING-Oについていくぜブルース
feat.江川ゲンタ

with all stars

[#IMAGE|d0094512_354143.jpg|201407/01/12/|mid|500|333#]

【深夜の部】@The Roomでは
【夜の部】アンコールでやる予定だった“I Believe”feat.Keycoでやりましたよ!

140625_yorifuji_0114

最後にもう一度
ほんとみんなありがとう!
これからも引き続きよろしくねv

MakersMark