KOGATAROO

kogataroo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

90年代中盤より都内のクラブを中心にDJ活動を開始。オールドスクールなエレクトロやB-BOY BREAK、DISCO、またはDRUM BREAK等のサンプリングソースやFUNKを多用したプレイを得意とする。膨大なレコード・コレクションから生み出される無尽蔵な「深さ」は、決定的な説得力を持って何時もフロアをヒートアップさせる。 2000年よりミックステープシリーズ「LFTBB」をリリースし、そして2007年からはコンスタントに数十本ものミックスCDをリリース。中でも未開拓なB-BOY BREAKSをたっぷり詰め込んだ「CLASSIC MOMENTS」シリーズはアメリカ本土はもちろん、ヨーロッパやアジアでも発売され、世界各国で評価された。 Breakwell Records http://kogataroo.blogspot.com/ http://twitter.com/kogataroo http://www.youtube.com/watch?v=uWGbpV8luU8

019

026

アメリカ買い付け珍道中の続きをアップしました。
http://kogataroo.blogspot.jp/2014/08/201408_25.html

既に買い付け盤(今回は1600枚強!)も到着し、ウェブショップに続々アップ中ですのんで、宜しければチェックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
http://www.breakwellrecords.com/

008

先週、アメリカ買付けから帰って来ました。

まずは序盤の様子をブログに綴りましたんで良かったら見てみて下さい。
http://kogataroo.blogspot.jp/2014/08/201408.html

まだ買付け分レコードは到着してませんが、手持ち分だけでかなりの量を持って帰って来たので既にウェブではガンガンにアップしてます。

http://www.breakwellrecords.com

宜しくです!

昨日からアメリカ東海岸買い付け中デス。
珍道中の様子はチラチラとツイッターやインスタグラムにアップしますので、良かったらチェックしてみてください。

https://twitter.com/Kogataroo

http://instagram.com/kogataroo

さて、今日はこの曲を。

Graham Central Station “Entrow”

Sly & The Family Stone後のLarry Graham率いるファンク軍団、Graham Central Station(もちろんNYのグランド・セントラル・ステーションのモジりです)の4枚目アルバム”Mirror”からのカットなんですが、”The Jam”と並ぶオールドスクール・ブレイクにして定番サンプリング・ネタですね。
ブレイク的には3:55辺りと4:40辺りからがキモっす。

 

マーチング・バンド風にいきなりテンションを上げてくれるイントロでもオナジミのこの曲は、”Locking”を踊るダンサー諸氏にも古くから定番とされる曲でもあります。

 

7インチやLPは良く見かけますが、12インチはプロモ・オンリーでちょっとレアです。。

ちなみにこの曲が収録されたアルバム”Mirror”は、ジャケットに銀箔?みたいなのが貼り付けてあって、本当に鏡のようになっています。
普通に考えたら面白いジャケットなんですが、デジカメでジャケを撮影する際に困るのであんまり好きじゃないデス。笑
以前は鏡の部分にモザイクをかけたりしましたが、画像を加工するのはできるだけ避けたいので今はそのままです。

↓こんな状態。完全にデジカメと脚立が映り込んでますね。笑
mirror

 

 

実際のレコードはこちらから購入できます。
http://www.breakwellrecords.com/product/1629
http://www.breakwellrecords.com/product/1389

ずっとやろうと思ってたんですが、せっかくこういった良い場所を与えて貰ってるんですから、いいかげんここのブログで曲紹介始めます!

とりあえず一曲目という事で何にしようか迷ったんですが、あまり拘らずに手元にたまたまあった曲をランダムに紹介していく事にします。

自分の店(Breakwell Records)でも曲紹介はなるべく細かくやってますが、ここでは個人的な感情をメインにやってみます。
個人的な感想や感情なので、時にはちょっとした間違いもあるかもしれませんので、その時はお会いした時にでもこそっと教えてください。笑

これからちょくちょく曲紹介しますんで良かったら暇つぶしにお付き合いください。
という事で、今日はこの曲のご紹介。

 

The Lost Generation “The Sly, Slick And The Wicked”

この曲、聴いてもらってピンと来る人も多いでしょうが、我々世代的(オーバーサーティー辺り)には完全に

スチャダラパー “彼方からの手紙”

と、

Nasのアルバム”It Was Written”のイントロ

のイメージですよね。(イントロもちゃんとYoutubeにあがっててビックリ!)

自分のこの曲のファースト・コンタクトもやっぱりネタ曲としてだったんですが、レコード好きな人たちからするとEugene Recordプロデュースのシカゴ・ソウル名曲、ですよね。

で、買い付けでロサンゼルスを中心に行き始めた頃、LAの地元感を味わいたくてたまに謎のスペイン歌謡局みたいなラジオ(何言ってるか分からないので実際は何の局か不明。笑)を聞いて運転してたんですが、夕方ごろにこの曲がいきなりかかった時はビックリしました。

どうやら、ロサンゼルスに多く住むチカーノ系移民のコミュニティでもクラシックとされた曲らしく、中でもローライダー・カルチャーの中で定番的に愛された曲、との事でした。

まだ実際にローライダーの車の中から流れてくるのを聞いた事はないですが、たぶん夕暮れ時のClenshawやWhittierブルバード辺りを流すローライダーの中で今でもかかってるんだと思います(と信じてマス笑)。

あ、これ貼っても誰も反応しない気がしますが、こうゆうのが典型的なチカーノ使用例です(チカーノラップ・クラシック!)

そして誰もうらやましがらない気がしますが、自分の持ってるこのシングルは、ジャケにメンバー達のサイン付きです。笑

ちなみに、中心メンバーとして兄弟で参加しているリード・ヴォーカルのLowrell Simonは後の”Mellow, Mellow Right On“でオナジミの人です。

なんとこちらからご購入もできマス!

ではでは。

Two parties!

June 25, 2014

360

eextra0712

360° -WHAT GOES AROUND-

2014/6/27 (FRI) @ Organ Bar

[Human Beatbox Showcase]
“BREATH CONTROL”
GUEST LIVE : すらぷるため
LIVE : AFRA
+OPEN MIC

[GUEST LIVE] : FullMember

[360° DJs]
DJ DAISHIZEN
KOGATAROO
Sir Y.O.K.O. (Threepee Boys)
YO!HEY!! (Threepee Boys)
MITSUBACHI
DJ LIGHT
Blue-yu&Taiki(Mediano)
UEGGY

[360° VJ]
VIDEO DEALERS

[LIVE PAINT]
SICKTOWN

OPEN : 21:00
DOOR CHARGE : 2,000yen(1D)
W/FLYER : 1,500yen(1D)

http://360party.tumblr.com/

————————————————-

EXTRA! EXTRA!

DATE: 2014.07.12 Sat 22:00 at 青山蜂
DOOR: ¥2500/1D
WITH FLYER: ¥2000/1D

>>LADIES ¥2000/1D, and LADIES FREE Before 1am !!<<

[DJ]
KOCO a.k.a. SHIMOKITA
TUS-ONE
RYUHEI THE MAN
THE SILVER CHILD
KOGATAROO
MASARU
NK SUNSHINE
COUTA
AKI
TERROR CEE
SHOKI
MONK. T
HENSHIJI
KAAMEN
OH MY GOD

 

UK B-Boy Championships

June 14, 2014

uk-bboy-champs-usa-crew-qualifiers-videos-700x457

いよいよ、ブレイクダンス大会のシーズン真っ盛りになってきました。
今年のFreestyle Session Japanも10/12,13に決まったし、明日はUK B-Boy Champsの関東予選です。

年に一度、イギリスで開催されるダンス界のワールドカップ「UK B-Boy Championships」。
その日本代表の権利をかけて今年も全国各地で予選を開催!!地区予選で上位2チームに選ばれたチームは、9月に開催される日本代表決定戦に参加可能。その大会で優勝すると、日本代表としてイギリス、世界大会の舞台へ立つ事ができます。
2014年の関東予選は6月14,15日の両日、お台場のデックス東京ビーチにて開催!!
地区予選を制して、JAPAN FINALへ駒を進めるのはいったいどのチームになるのか??

 

UK B-BOY CHAMPIONSHIPS JAPAN 2014 関東地区予選
会場:デックス東京ビーチ
料金:観覧無料
2014年6月15日(日)
13:00-19:00(予定)

B-BOY CREW BATTLE 2,500円/1名

JUDGES
TAKEO(SPARTANIC ROCKERS)
TAKASHI(ALL AREA)
ERI(Keep It Real, Qween of Qweenz)

DJ KOGATAROO
DJ NEMO

MC CAPTAIN(右)& MASTER(左)

ultimateflea2014 ultimateflea2014-2

かなり問い合わせの多かった、伝説?のフリマが2年ぶりに緊急開催決定デス!

The Ultimate Flea @ UC原宿

2014 5/5(Mon), 5/6(Tue)
12:00-20:00

出店舗
KING INC
BBP BX
K-PRINCE (NY)
MAGARA (TOKYO)
SOUL CLAP RECORDS (浜松)
PROMENADE RECORDS (TOKYO)
BREAKWELL RECORDS (TOKYO)
VINYL CYCLE RECORDS (三重)
COCONUTS DISK Yoyogi (TOKYO)
THE SILVER CHILD & LOST FACE (TOKYO)
NEMES (TOKYO)
LEGALIZE TOKYO (NYC-TYO)

追加詳細はまた追ってお知らせします。

 

 

EXEXCD02_ad
明日発売予定のミックスCDのサンプル音源です。心地良いソウルミックスになってますので、幅広く色んな方に聞いていただきたいです!宜しくお願いします。

paperjacket_S_0213

青山蜂で行われているイベント、”EXTRA EXTRA”のミックスCD第二段が完成しました!
今回はソウルのミックスという事で、前回参加のKoco a.k.a. Shimokitaパイセンに代わって自分が参加してます。

普段、”EXTRA EXTRA”でTus-One/Ryuhei The Man両氏と自分の3人でやってる感じの流れでミックスしたのでイベントの雰囲気も少しは伝わるかな、と思っております!

発売は4/19を予定しています。

 

以下告知内容インフォ。

トップDJによる最高・最強のソウル・ミックス!!DJ TUS-ONE, KOCO, RYUHEI THE MAN等が中心となって行われている究極のパーティ、東京No.1ディガーズ・ディライト “EXTRA ! EXTRA!”がお届けするミックスCD第二弾は最高のソウル・ミックス!!

EXTRA ! EXTRA ! がお届けするミックスCD 第二弾!今作のテーマはずばり”ソウル”!まずはACE SPECTRUM「IF YOU WHER THERE」から疾走感のあるオープニングを迎えるRYUHEI THE MAN。 勢いそのままにMEL & TIM による爽快な「FOREVER & DAY」、ソウル~レアグルーヴのファンにはお馴染みの高揚感溢れる人気のJAMES WALSH GYPSY BAND、コレクターにも高い支持を得る7インチオンリーのクロスオーヴァー・ソウルIMPERIAL WONDERS「YOU LIVE ONLY ONCE」、更には現行モノまで”ダンサー・ソウル”に焦点を絞り一気に”ザ・マン節”で駆け抜ける。

アップリフティングでキャッチーなRYUHEI THE MANに続くは、ブレイクダンス・シーンで人気のDJ KOGATAROO。 美しいソウルダンサーの流れを汲んだフィリー・ソウルTHE FUTURESや瑞々しいEIGHT MINUETS、レア・グルーヴ・クラシックの9TH CREATION「RULE OF MIND」、そしてNOTATIONS 等のシカゴソウルへと普段はアグレッシヴな彼が持つ、もう一つの繊細な側面を存分に発揮しアップからミッドへとスムースにミックス!

ラストはTUS-ONE が担当。 締めの流れにふさわしい名曲「SHO’ NUFF」からLARGE PROFESSORのUNKNOWNネタJIMMY JONES「 LIVE AND LET DIE」、昨年JAY-Z等も使用した哀愁漂うビート・バラードGENE WILLIAMS「 DON’T LET YOUR LOVE FADE AWAY」やTHE ALCHEMIST、RZA も飛びついた珠玉の未発表音源「JOY TRIP」等ヒップホップ・ビートな悶絶ミッド~スロウをTUS-ONEだからこそ可能なハイセンスな選曲でミックス!

“ソウル”というテーマを三者三様に捉えながらも見事な継投でマスターピースなミックスCD となっています!!

 

MakersMark