Mountain Mocha Kilimanjaro

mmk
December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるパフォーマンスとスタイルがへヴィーウェイト・ファンクと評される。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。 [Biography] 毎年の国内ツアーと海外ツアーを中心に、FUJI ROCK FESなどの野外フェス出演や、オリジナル楽曲のリリースを続けている。 ・2003年頃結成。 ・2005年、渋谷PLUGで「黒船音頭」をスタート。 ・2007年、現在の6ピース編成となる。 ・2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL'08に異例の緊急出演。 ・2009年、映画「大洗にも星は降るなり」への楽曲提供や、DOSMOCCOS、COMA-CHIへのアレンジ提供などコラボレーション活動を展開。 ・2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』リリース。続けてUKの名門レーベル"JAZZMAN"から日本人初のリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL'10、GREENROOM FES'10、FESTA DE RAMA、SUNSET LIVE、ITADAKIなど、国内のFESにも多数出演。 ・2011年、7インチアナログシングル6連続リリース。GREENROOM FES'11、朝霧JAM出演。RHYMESTER、カコイミク、三宅洋平など多ジャンルのアーティストとコラボレ-ション。 ・2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'12、ARABAKI ROCK FESTIVAL、SUNSET LIVE出演。 【HP】http://kilimanjaro.jp 【BLOG】http://blog.kilimanjaro.jp

映画『eyes wide shut』劇中でも存在感ばつぐん
使ってる音符少ない、シンプル。

今日の1曲 ボブ

February 18, 2014

モカキリブログの方で「日本一ファンキィな吹奏楽指導者」植田先生との出会いについて触れた際に、カシミア・ステージ・バンドのコンラッド・ジョンソン先生の名前を挙げたので今日はこちらを。

Kashmere Stage Band / Zero Point (Pts. 1 & 2)

カシミア・ステージ・バンドはテキサス州ヒューストンにあるカシミア高校のスクールバンド。
音楽教師であるコンラッド・ジョンソン先生が設立したバンドです。
聴いてわかるように本当に高校生?!と思うような演奏力の高さ!
先生の敏腕っぷりがわかる。
このバンドも以前紹介した「The Funky 16 Corners」というコンピに1曲収録されています。
そこから火が付いて再評価が高まったバンド。
なんと1975年には来日していて沖縄でのライブ盤も発売しています(再発していたかは忘れました)。
1曲じゃ足りないって方は、近年こんなのも発売されていますからご安心を!
俺持ってるやつはDVD付いてなかったけどな〜失敗した笑

コンピ収録やDJシャドウのサンプリング、さらに2枚組のベスト盤リリースで一気に人気が高まり2008年にはカシミア・ステージ・バンド再結成まで!
おまけにJ・フォックスがドキュメンタリー映画をプロデュース!
やはり甲子園のように高校生の若さたぎる情熱に心を打たれるのは世界共通のようです。
残念ながらジョンソン先生はこの再結成後に亡くなられたそうです。
偉大なる指導者と若き情熱に、献杯。

ちなみにカシミア歴代ドラマーの中でも最もファンキィといわれているブッバ・トーマスのソロ名義のアルバムなんかもCD化されているので気になった方はぜひそちらもチェックを〜

ボブ

今日の1曲 Mzo

February 05, 2014

DAFT PANK “Around The World”

先のグラミー賞でのダフト・パンクとスティーヴィー・ワンダーの共演が話題になったが、俺にとってダフト・パンクといえば確か高校生の頃に観たコレ。映像はミシェル・ゴンドリー監督。のちにYUKIのPVに思いっきりパクられたクリエイティブである。と、書いてて思ったけど、ちょっと前に日本の某ロックバンド(?)がオーストラリアのアーティストのPVクリエイティブを丸パクリして叩かれたり、某ベックスの某田さんのPVなんかも明らかにアメリカの某ほにゃにゃにゃのパクリだったり、PVに限ってなんでそういうことが起きるのでしょう?日本の映像業界には、素晴らしい監督が沢山いるだろうに、どういう仕事のいきさつでそういうことになるのか、実に疑問だ。もしかしてPV作る会議とかで、ミュージシャン側が「こんなのがいいなあ」とか参考PVを出してるのが原因だったりして(他人の曲をカヴァーしたりするノリで)。もしそうだったらやだなぁ…まてよ。そういえば今日は、オリジナル・ラブの「接吻」のメロディを、某若手バンドが新曲でパクって炎上なんて話もあったな…   って話ずれちゃった。

どうしても他人のネタを借りるなら、デフォルメして自分の表現に取り込むか、あるいは、せめてオマージュのレベルにまで仕上げなきゃね。
最初のリスペクトを大事に(自分に言い聞かせている)。

今日の一曲 タイガー

February 04, 2014

DJ Krush氏のDrum

激烈でございます。
デカイ箱でデカイ音で聴きたい。

今日の1曲 Mzo

January 28, 2014

荒井由美 “ひこうき雲”

作詞/作曲・荒井由美。「風立ちぬ」は観ていないけど、子供の頃、親のカセットテープでよく聴いていた曲。twitterで知ったんだけど、プロコルハルムの影響を受けて出来た曲らしい。成程、オルガンなぁ。

この曲といえば有名な逸話は、サビの「空を~かけていく~」の「かけて」のB♭m7の才能に松任谷正隆は結婚を決意したという話だけど、俺が最近印象に残っているのは、去年カコイミクちゃんのライブを観に行った時のこと。ピアノ弾きながら彼女は「空に~あこがれて~」の「が」の部分を、原曲より半音下げて歌っていて、それを聴いた瞬間俺は「お、カコイミクだ」と思った。この半音下げをカコイノートと呼びたい。

で、今オリジナルを改めて聴いてみるとやっぱりB♭m7いいなぁ。コードたったひとつで曲のレベルを押し上げるということがあるんだなあ。加えて思うのは、荒井由美こそ最高の作詞家であるということ。歌詞を文字で読むとよくわかる。

Mzo

今日の1曲 Mzo

January 16, 2014

Charles Kynard “Little Ghetto Boy”

西海岸のジャズオルガニスト、チャールズ=カイナードによる1972年の傑作アルバムから、ドニ=ハサウェイの名曲カヴァー。Youtubeの説明欄にご丁寧にクレジットが書いてありますが、ベースはチャック=レイニー、ドラムはポール=ハンフリー(ex. Jimmy Smith “Root Down”)という豪華キャスト!

チャールズ=カイナードはマイ・フェイバリット・オルガニストの1人です。ドローバーレジストレーションが好きなんだよなぁ。パーカッションとコーラスのかけ方も。ひとつの目指すべきオルガンスタイルのヒントを与えてくれます。またどうでもいい話ですが、カイナードっていう名前もなんかかっこいいぞ、というのもポイントです。

Mzo

今日の1曲 Mzo

December 01, 2013

Ray Bryant “Up Above The Rock”

Jazz/Funk/HipHopあたりの音楽が好きなら、必ず耳にする曲ですよね。 レイ・ブライアントのピアノは勿論いいんですが、やっぱりこの曲がJAZZを超えて愛された理由は、炸裂するドラムとトランペットでしょう。要所要所打つべきところで打ってくるスネア。ドラムを叩いているのではなく確実に「曲を演奏して」います。そしてハイライトは三番の泣きのハイトーンラッパ。このトランペットには拳を突き上げて叫びたくなる何かがあります。この何かこそ、言葉にはうまく表せないFUNKそのものだと思います。

この曲は自分の中で黄金の3番構成と呼んでいます。同じリフ、単純な構成でも、アンサンブルのアレンジだけでこれだけストーリーを創れるといういい見本です。このあたりは演奏力も含めたJAZZの力というべきでしょうか。まあROCKでもいいんですけど。ていうかまあなんでもいいんですけどジャンルは。

ウィガラ プレイ アワ ミュージック Up Above The “Genre”

Mzo

今日の1曲 テムジン

November 25, 2013

james brownのかっこいい曲をあげていったらきりがないですが、まだ知らない時に、この曲が僕のJBへの入りの曲だったので。
1965年の作品。
この少し前辺りから、funkというものがJBが産んだわけでございます(当時はそんな言葉なかったですが)。

Get Down!!

今日の1曲 ボブ

November 18, 2013

今年の10月でいつもお世話になっているWax Poetics Japanが創刊5周年を迎えたということで本当におめでとうございます!というわけで、先週の金曜日は「Neuture 01 / Wax Poetics Japan 5th Anniversary Stage @ageHa」にお邪魔してまいりました。
田舎もんなものでageHaのゴージャスな雰囲気にタジタジでしたがWaxチームのみなさんに会えて和む。
久々に鎮座ドープネス&DJ UPPERCUTお二人にも会えてよかった。

image-1
CUT CHEMIST氏にも初ご挨拶とモカのアナログ一式をお渡ししてきましたよ。
使ってもらえたら嬉しいですな〜。

そんなわけで今日の1曲は、CUT CHEMIST氏もこの日のageHaでプレイしてたこの1曲。

Carleen and the Groovers / Can We Rap

2001年にStones Throwからリリースされた傑作ファンク・コンピ「The Funky 16 Corners」収録のこれぞDEEP FUNKなぶっとぶファンク。
まだファンク入門したばかりの頃、DJ 四丁目先輩に初めて連れていってもらったイベント「SEACHING」。
確かその会場で四丁目先輩とファンク話をしていた時に「このコンピはヤバい」って教えてもらったのだった気がする、たぶん。んで翌週にはレコードを手に入れた。
このコンピは21世紀のファンクの入門書であり、これからん百年と残っていくであろうクラシック。
めでたく今年の4月に国内盤が発売されたので、これからファンクにのめり込む準備ができている方にはぜひ聴いてもらいたいですな。

んでこのCarleen and the Groovers、ドラムのカーリーン・バトラーさんはなんと女性なんだって。
1971年「Can We Rap」リリース時はまだ20歳代だったって。
こんなドラム叩いてしまう女性に出会ったら一生頭があがりません。
家来にしてもらってインドまで教典を探しに行こうと思います。
ageHaのスピーカーで聴くドラムブレイクは凄まじかったな〜。

ボブ

MakersMark

RECENT POSTS

今日の1曲 Mzo
August 28, 2014
今日の1曲 Mzo
July 22, 2014
今日の1曲 Mzo
July 07, 2014
今日の1曲 Mzo
June 23, 2014