Mountain Mocha Kilimanjaro

mmk
January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるパフォーマンスとスタイルがへヴィーウェイト・ファンクと評される。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。 [Biography] 毎年の国内ツアーと海外ツアーを中心に、FUJI ROCK FESなどの野外フェス出演や、オリジナル楽曲のリリースを続けている。 ・2003年頃結成。 ・2005年、渋谷PLUGで「黒船音頭」をスタート。 ・2007年、現在の6ピース編成となる。 ・2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL'08に異例の緊急出演。 ・2009年、映画「大洗にも星は降るなり」への楽曲提供や、DOSMOCCOS、COMA-CHIへのアレンジ提供などコラボレーション活動を展開。 ・2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』リリース。続けてUKの名門レーベル"JAZZMAN"から日本人初のリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL'10、GREENROOM FES'10、FESTA DE RAMA、SUNSET LIVE、ITADAKIなど、国内のFESにも多数出演。 ・2011年、7インチアナログシングル6連続リリース。GREENROOM FES'11、朝霧JAM出演。RHYMESTER、カコイミク、三宅洋平など多ジャンルのアーティストとコラボレ-ション。 ・2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'12、ARABAKI ROCK FESTIVAL、SUNSET LIVE出演。 【HP】http://kilimanjaro.jp 【BLOG】http://blog.kilimanjaro.jp

今日の1曲 Mzo

November 07, 2013

Marva Whitney “THIS GIRL’S IN LOVE WITH YOU”

バカラック作曲・ハープ=アルバートの”this 「guy’s」 in love with you”のカヴァー。アイズレーブラザーズ”It’s Your Thing”へのアンサーソング”It’s 「My」 Thing” のように曲タイトルを対称させてあるので、カヴァー曲ではあるが、これもアンサーソング的解釈で聴ける(と個人的に思っている)。構成は原曲に忠実に、フェイク、リズム、リフ、セクションはかなりアレンジが入っててこれが泣ける。この時期のJBプロダクションのアレンジは本当に好みだ。

恋愛はギャップだとよく言われることがあるが、不器用にも真っ直ぐ突き抜けるマーヴァの声を聴いていると、ラブソングにもギャップ理論が当てはまるかもしれないと思う。例えば重い詞は明るく強いヴォーカル、軽い詞には情感たっぷりなヴォーカルを当ててみると、詞に行間ができて、曲に深みがでるかもしれない。そしてこの論が間違っているとしても結局モカキリはヴォーカルのいないバンドだから全然構わないのである。

Mzo

今日の壱曲

November 05, 2013

数有るシシーストラットのカヴァーの中で一番好きです。

ドラム打ちまくり、乱れ打!!

オルガンの左手ベースがまた良いです。

オカノ”タイガー”サトシ

今日の一曲 栗

October 24, 2013

http://youtu.be/3eeBaIUrdec

You’ve Got To Have Freedom

言わずと知れた超名作、名演奏ですが。
前述したAttica Blues (Archie Shepp)に出会った頃に同じく大衝撃を受けた曲です。
初めはたしか Jazz Juice vol.3 というコンピレーションのLPで知って、こんなにもカッコいい曲がこの世にあるのか!っておおげさじゃなく思いました。
今だにイントロを聴いただけでブルっときます。
この曲が入っているアルバム
Journey To The One(1980年)
はどの曲もほんとに素晴らしくて、血が沸騰してくるような興奮と、心が洗われるような清らかさを味わえる大名盤であります!
Sax吹きとしてはこのアルバムのPharoah Sandersの音色はひとつの究極の形だと思います。うっとりしてなにも手に付かなくなる危険な一枚。

今日の1曲

October 13, 2013

キレッキレやで

今日の1曲

October 12, 2013

勿論、サム・クック、オーティス・レディングのも大好きだけど、今日はThe Band。

タイガー

今日の1曲 Mzo

October 10, 2013

Medeski,Martin & Wood “Bubblehouse”

メデスキのハモンドはA-100というイメージだけど、このライブ映像のようにB-3を弾いているのもよく見る。この曲はゆっくりしたテンポから速くなってトリップしてまたスローダウンしていく構成で、ライブではアバンギャルドなインプロが繰り出される。個人的にはMMWのライブは00年代がスペシャルだと思うし、当時ジャムバンドブームでいっしょくたに輸入された音楽の中で、自分が一番ピンと来たのはSouliveやGalacticよりも、このバンドだった。

自分にはいつまでたってもメデスキのように弾くことは不可能に思えるけど、自分なりに彼のオルガンから学ぶことを3つ挙げると、1、ひずみは大げさに、2、楽器と対峙するのではなく楽器を手中に収めること、3、魔術師のような手つき(魔術師見たことないけど)、の3つである。どうでもいいけどこの映像のジョン=メデスキは今見るとツルッとしててたくましくてなんか笑える。

最近は、トリオ編成は世界観の構築とインプロ(ジャム)に適しているというか、表現の理にかなった編成だと思っている。3という数字には不思議な力があるなあ。6人編成も、トリオ×2、あるいはデュオ×3と捉えることはできないものだろうか。

今日の1曲 テムジン

September 30, 2013

H.H Blues/原 朋直×佛坂 咲千生

自身のFBにも昔あげました。
最高峰のjazzとclassic奏者の共演。
本当にかっこいい。そしてセンスを感じるCM!!
かっこいい音楽はジャンルを問わない、と再度思わせてくれます。

ってかこんなCMがやってたらラッパ吹きたくなっちゃうよ!!
ラッパはかっこいいんだ〜、ね!!

テムジン

今日の1曲 ボブ

September 27, 2013


James Brown / Sunny(Live In Paris)

マーヴィン・ゲイやら多くの人がカバーしているボビー・へブ66年のヒット曲。
ファンクの帝王もやってます、しかもとんでもなくかっこいいアレンジに。
テンポアップするところ、中盤のフレッドのソロ、後半のたたみかけていく感じ。
帝王のダンスもキレまくり。
映像はCDでもリリースされている傑作ライブ盤「Love Power Peace live at the Olympia,Paris,1971」の海賊版DVDからのもの。CD、DVDともに盤が回り過ぎて溶けちゃうんじゃないかってくらい再生しまくった。
「聖典」ですな。
残念ながらCDの方ではこの「Sunny」はカットされてます。このDVDで初めてこの「Sunny」を見た時は鳥肌が立ったな〜。
若きブーチー・コリンズと帝王が一緒に見られる数少ない音源と映像でもあります。
最近はYou Tubeでこの時期の他のライブ映像なんかもアップされてたりもするみたいですね。

このライブのようなファンクなアレンジではないけれど、ディー・フェリス・トリオ(ピアノ、ベース、ドラム)をバックにマーヴァ・ホイットニーとデュエットで歌いあげる「Sunny」のスタジオ録音もあります。
こちらもまた最高過ぎる。
全編このジャズ・トリオを起用した帝王の「gettin’ down to it」というアルバムに収録されていますので、こちらも要チェックですよ。

ボブ

今日の1曲 Mzo

September 24, 2013

“Only So Much Oil In The Ground” / Tower Of Power

Tower Of Powerのオルガニストで、80年代からはサンタナでも弾くチェスター=トンプソンは、もともとジミー=スミスに憧れて、その奏法を研究したと聞いたことがある。言われてみれば、下三本+3rdパーカッション、手数の多いリズミカルなアドリブは、確かにそんな感じがする。ていうか、うめぇ。

オルガンを弾いていくとジミー=スミスは結局避けて通れない名前だが、個人的にはあまり好んで聴いてこなかった。しかし最近気が変わった。乱暴な考えでは、ジミー=スミスに関しては、曲ごとに「速いジミー=スミス」と「遅いジミー=スミス」に分けて、まず速いジミー=スミスを聴きこんでいろんな手癖を俯瞰的にインプットしていってから遅いジミー=スミスを消化するという方法がいいかもしれないと思う。そうすると、縦のリズムに律儀なチェスター=トンプソンの演奏には見えにくい”スイング”の輪郭が見えてくるのではないかと思っているのだ。正統的な鑑賞や習得方法からすれば「何言ってんだお前は」となるだろうが、我流の分析から得られる何かもある(と信じたい)。

今日の1曲 栗

September 11, 2013

Attica Blues – Archie Shepp

やっぱりすごい!
50年代のR&B,Jump Blues,ロカビリーなどからJazzに興味をもちだしたものの、いまいちうだつが上がらない頃(19か20)に聴かされて、目の前がサーっとひらけた、神棚に祀ってある一枚。
バタードッグのたけちゃんに教えてもらった記憶。

作者のArchie SheppはSax奏者だけど全然吹いてない曲もある。
そこもいいんだよなあ!

MakersMark

RECENT POSTS

今日の1曲 Mzo
August 28, 2014
今日の1曲 Mzo
July 22, 2014
今日の1曲 Mzo
July 07, 2014
今日の1曲 Mzo
June 23, 2014