Mountain Mocha Kilimanjaro

mmk
January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるパフォーマンスとスタイルがへヴィーウェイト・ファンクと評される。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。 [Biography] 毎年の国内ツアーと海外ツアーを中心に、FUJI ROCK FESなどの野外フェス出演や、オリジナル楽曲のリリースを続けている。 ・2003年頃結成。 ・2005年、渋谷PLUGで「黒船音頭」をスタート。 ・2007年、現在の6ピース編成となる。 ・2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL'08に異例の緊急出演。 ・2009年、映画「大洗にも星は降るなり」への楽曲提供や、DOSMOCCOS、COMA-CHIへのアレンジ提供などコラボレーション活動を展開。 ・2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』リリース。続けてUKの名門レーベル"JAZZMAN"から日本人初のリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL'10、GREENROOM FES'10、FESTA DE RAMA、SUNSET LIVE、ITADAKIなど、国内のFESにも多数出演。 ・2011年、7インチアナログシングル6連続リリース。GREENROOM FES'11、朝霧JAM出演。RHYMESTER、カコイミク、三宅洋平など多ジャンルのアーティストとコラボレ-ション。 ・2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'12、ARABAKI ROCK FESTIVAL、SUNSET LIVE出演。 【HP】http://kilimanjaro.jp 【BLOG】http://blog.kilimanjaro.jp

今日の1曲 Mzo

September 04, 2013

Larry Ellis +The Black Hammer-Funky thing pt 1.

オルガンが印象的なDEEP FUNKといえばコレで決まり。
イントロから炸裂するハモンド(だと思う)。ホーンローターの立ち上がりの速さはLeslie147だろうか。
レコ屋のレビューを読むと「彼らがレコーディングスタジオへ向かう途中に乗っていた車が故障した為、修理の間に車中でセッションしていた模様をそのまま録音してしまったというエピソードを持つ非常にレアな音源」とあるが本当だろうか?ミュージシャンの逸話はいつの時代も真偽のはっきりしないモノが多いものだ。

巷ではNordシリーズが売れに売れて、ステージは薄っぺらいオルガンとレスリー回転音に溢れているが、DEEP FUNKのような音の「図太さ」(≒太さ)を表現するには、機材に溢れた現代だからこそ、尚更、時代への追求が必要だと思う。

今日の1曲

August 31, 2013

ベースじゅん

THE “GREAT” DELTAS
『Tra La La』

個人的NO,1 DEEP FUNK

初めて聴いたのは、黒田大介氏のDJプレイで、確かイベントはWAH WAH
だったかな。

イントロ聴いた瞬間、ジミヘンのPower Of Soulのカヴァか!?と思い、DJ中の黒田さんに図々しく質問。
カヴァじゃなかった。

1:20〜のバスドラを絡めた3連フィルなんてボンゾ(Led Zeppelinのドラマー、大好きです)の影響じゃないかなぁ。
あぁ、理想のヘヴィーファンク。。

こういった7インチの、クラブ・DJ側面のファンクがもっとミュージシャンサイドに浸透しても良いだろうし、僕はバンドとしてライブハウスでも、激烈なDEEP FUNKで熱狂したい。

Trombone Shortyの2009年のライブ。
1分50秒あたりからソロが始まる訳ですが、
ん?
途中からおかしいぞ、、、
吹いてるのに鼻で息吸ってる!!!
これが循環呼吸ってやつですね。
僕はできません。

2分10秒から3分45秒までの1分半、吹きながら吸ってるんですね。
恐ろしいです、見てたらゲロ吐きそうですw

そして、サングラスをしてますが、表情がどーなってるのかが一番気になりますね〜

今日の1曲 ボブ

August 25, 2013


The Meters / Look Ka Py Py – Jungle Man

カラッカラに暑かった夏もここ数日は、雨のせいかまたまたじっとり。
今日はまぁまだ快適な方か。
行ったことはないけれどきっとこんな感じなんだろうな~と、ニューオリンズに思いを馳せながら。

ニューオリンズ随一のヘヴィ・ファンク、我らがミーターズ。
マウンテンモカキリマンジャロのファンク道の出発点であり、ファンク・ミュージックはリフ・ミュージックだということをこれでもかッ!というくらいに叩き込んでくれた我が心の師。

当時のミーターズの非常に珍し~い動いている(笑)映像。
というのも当時のライブ映像なんて全くと言っていい程出回っていないわけでとても貴重なんです。
何年も前から探し回っているけど、やっぱりこの映像だけ。

1974年通算5作目のアルバム「Rejuvenation」発表後の映像らしい。
パーカッションのシリル・ネヴィルは確か次のアルバムからの加入だった気もするけど、この頃はもうすでに一緒にやってたという事ですな、まぁアートとは兄弟だしいつでもやるのか。
ミーターズといったら1969年~1970年にリリースされたJosieレーベル期のアルバム3作が特に最高なわけで。
「Look Ka Py Py」はまさにその時代の2作目、同名タイトルアルバムに収録されている。
リフで押しまくる豪快でイキなファンクが堪能できる傑作。全員が主役。
ファンとしては、どうしてもその頃のライブ映像を見たい!と思うわけなんですけどね~。
誰か情報をお持ちの方はぜひご一報を!笑

でも、リフ押しが弱くなったとはいえ5作目以降もいい曲はあるし、何よりライブ映像自体が貴重だからこの映像は非常に嬉しい。
5人ともグイグイいってるしいいライブ。ドラムのジガブーの髪型が非常に気になるな~笑

このライブ映像は、どうやらドクター・ジョンが仕切ってニューオリンズのミージシャンを紹介するって感じのTV番組の映像らしい。
昔VHS版は日本でも発売されていた(かも?)という情報だけは掴んでいた私は、再発についての情報をP-Vineの我らが担当ディレクター安藤さんに聞いてみた。
しかし、残念ながら再発の噂はないし、DVD化も聞いた事はないという回答。
あ~やっぱり。
この一件は暗礁に乗り上げた。
もう諦めるしかないのかもしれない。
この夢のような映像の事をそっと自分の頭の片隅に押し込めてしばらく忘れることにした。

ところが数ヶ月前事態は急変した。
たまたま立ち寄ったどこかのハードオフでついに発見したのであるっ!
これだっ!
image-2
ドクター・ジョン&フレンズ / ニューオリンズ・スワンプ
日本版
である。

出演はドクター・ジョン、アール・キング、ザ・ミーターズ、プロフェッサー・ロングヘアとすごい顔ぶれである。もしやこれ全部ミーターズがバック・バンドも務めているんではなかろうか。
うひょーっ!!である。

ん?なかろうか?見たんじゃないの?
お察しがよろしくて。
我が家には現在VHSを再生する為のいわゆるビデオ・デッキがないのである。
悲しいのである。
テープがくっついて再生できなくなる前に、誰かVHSからDVDに焼いてくれませんか?笑
早く見て〜!である。

ボブ

今日の1曲 Mzo

July 26, 2013

Bootsy,Phelps and Gary “Together in Heaven”

JBのもとを離れ、HouseGuestsを組み、Georgeとつかず離れずの関係だった73~74年頃のブーチーの7…欲しい…。Pファンク好きならチョコレートシティに収録された某曲の原型だと分かると思うが、個人的にはこちらのオリジナルver.の方が随分いい。ホンキートンクなピアノが超いい。ベースはブーチー節が完成しはじめている。ちなみに、この頃のブーチーの動向については、FreeFunk艦長の分析が的を射ていると思う。

「P.Funkよもやま話:ブーツィーがP.Funkに参加するまでのヒストリー」
http://freefunkmusic.blogspot.jp/2010/04/pfunkpfunk.html

ところで、ケブ=ダージ以降、ファンクにはレゲエのような7インチ文化というのがひとつ確立され、これは同時にアメリカ直輸入のファンク解釈と、UKアンダーグラウンド経由のファンク解釈―それはまあ・・・もっと乱暴に言うと、例えばミュージシャンとDJの間にファンク解釈の違いを生んだとも言える。ディープファンクはフリーソウルのような実体のないセールスコンセプトとは全く質の異なるタームで、それは確かにその時(60-70s)、その場所(US)にあったものだった。そしてそれはファンク・レコードの価値と値段を高めただけでなく「ファンキー」の定義を更新した。埋もれていた古代遺跡の発掘によって、教科書が書き換わり歴史の解釈が変わった、そういう話だ(しかしその事はあまり一般には知られていない!)。まず間違いなく00年代以降、クラブで(7インチ)で踊ることを知らないファンカ―に本質的なファンクはできないのでは?と思う。そしてモカキリは従来の本流ファンクと、比較的新しいディープファンクのエッセンスを消化した上で、さらにその先の未来ファンクのフォームを模索したいと考えている。

Mzo

エクトル!

MRR-ADM Malcom Catto先生のビシバシドラム。

負けてられないっす。

タイガー

夏といえばウルフルズのこの曲を思い出しますが、
なんとこんなバージョン発見!!

3rd albumに入ってるバージョンしかしらなかったから、自分がびっくりです。
いいなー、夏を感じさせてくれる曲です。


アール・フッカー
みなさんご存知ジョン・リー・フッカーの従兄弟。
この人のスライド・ギターが大好きなんです。
残念ながらスライドを駆使しているライブ動画は見つからなかったけど。
シカゴ界隈の同業のギタリストからも評価がめちゃくちゃ高い人。
70年に亡くなっているので動画はもう体調あまりよくない時かもしれないですね。
バディ・ガイがスライド始めようと思った際アールのプレイを生で見る機会があり、それがとんでもなく凄過ぎてやる気が失せたなんて話も(笑)

そんな自分も最近は、今まであまり気にかけてこなかった(こと自分が演奏することに関して)スライド・バーを手に取りアールに触発されてギュンギュンやってます。

しれ〜っと始めてみました「今日の1曲」リレー企画、ワックスさんのブログでは本家モカキリ・ブログとはひと味違う感じでいきまっせ。

ボブ

MakersMark

RECENT POSTS

今日の1曲 Mzo
August 28, 2014
今日の1曲 Mzo
July 22, 2014
今日の1曲 Mzo
July 07, 2014
今日の1曲 Mzo
June 23, 2014