Mountain Mocha Kilimanjaro

mmk
June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

疾走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるパフォーマンスとスタイルがへヴィーウェイト・ファンクと評される。ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。 [Biography] 毎年の国内ツアーと海外ツアーを中心に、FUJI ROCK FESなどの野外フェス出演や、オリジナル楽曲のリリースを続けている。 ・2003年頃結成。 ・2005年、渋谷PLUGで「黒船音頭」をスタート。 ・2007年、現在の6ピース編成となる。 ・2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL'08に異例の緊急出演。 ・2009年、映画「大洗にも星は降るなり」への楽曲提供や、DOSMOCCOS、COMA-CHIへのアレンジ提供などコラボレーション活動を展開。 ・2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』リリース。続けてUKの名門レーベル"JAZZMAN"から日本人初のリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL'10、GREENROOM FES'10、FESTA DE RAMA、SUNSET LIVE、ITADAKIなど、国内のFESにも多数出演。 ・2011年、7インチアナログシングル6連続リリース。GREENROOM FES'11、朝霧JAM出演。RHYMESTER、カコイミク、三宅洋平など多ジャンルのアーティストとコラボレ-ション。 ・2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'12、ARABAKI ROCK FESTIVAL、SUNSET LIVE出演。 【HP】http://kilimanjaro.jp 【BLOG】http://blog.kilimanjaro.jp

少し時間が経ってしまいましたが、「モカキリのワンマン」ご来場ありがとうございました!
新生キリマンジャロ楽しんでもらえましたでしょうか?

本格的に梅雨に入って毎年恒例のジト~っと空気が纏わりつく嫌な感じと格闘しながらマウンテンモカキリマンジャロの活動は続いています。
諸外国のレコードから流れ出る、体の中を豪快に通り抜けるようなあのスカ~っとした感じの粋な音。
どうやらこの湿気とか気候のおかけで、日本での録音はどうやってもあのスカ~っには辿り着けないなんて話も。
まぁそんな事気にしていたらいつになってもレコーディングなんてできやしないので気持ちだけでもスカ~っと豪快にやりたいもんです。

「モカキリのワンマン」でも少し話しましたが、今年秋以降にまた作品のリリースとツアーをやります!
ワンマン一発だけでは終わらせませんよ、まだまだ進化していくバンドを色んなカタチでお届けしていきます。
このwebやブログ、フェイスブックやツイッターでも徐々に情報公開していきますでお楽しみに!

それはそうと、「モカキリのワンマン」までのカウントダウン・ブログが意外と公表だったのでこれを機にメンバー、スタッフ日替わりのリレー・ブログを続けていくことにしました。
普段音楽に没頭するあまりブログを書くことそっちのけになってしまうのでいい機会じゃないでしょうか。
せっかくメンバーみな個性の塊みたいな連中なのに、それを多くの人が知らないというのももったいない。
今までまったくライブではしゃべろうとしなかった栗さんが「モカキリのワンマン」ではあんなお茶目なMCを披露してくれるなんて笑
そういう一面が垣間みれるブログに!
ただ、さすがに普段は音楽に没頭してますから毎日は難しいかもねって事で2~3日に1回のペースでやっていきます笑
こちらもお楽しみに~

さてさて、ワンマンも終わって再び制作モードに入ってはいますが来月7月にも楽しみなライブがあります。
こちらっ!
写真
何年ぶりかのタイバンです、韻シスト
東西ファンキー対決ですな。
9月に新しいアルバムのリリースも控えているそうで楽しみであります。

さらにオープニングアクトにはAFRO PARKERとこの日はファンキー一色です。
お待ちしておりますよ!

ではでは、次回のリレーはテムジンに。

ボブ

7月6日(土)代官山Loop
会いに行けるFUNK ~Mountain Mocha Kilimanjaro vs 韻シスト~
“60分ステージ2マン対決!!”

LIVE :
Mountain Mocha Kilimanjaro / 韻シスト

OA : AFRO PARKER

【会場】代官山LOOP
OPEN 17:00 / START 17:30

前売 3000YEN +1Drink / 当日 3500YEN+1Drink

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:202-064)
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:70654)
イープラス http://eplus.jp

【チケットお問い合わせ】
SUNRISE PROMOTION TOKYO Tel : 0570-00-3337 [全日 10:00-19:00]

※マウンテンモカキリマンジャロでも前売チケットの予約を受付しております。
ticketsアットマークkilimanjaro.jpまで
①件名に日付と公演地
②本文にお名前と人数
を記載してメールをお送り下さい。

さてさてモカキリのワンマンまであと14日となりました。

マネージャー福住があんまりにもラグビーの話をするもんだから、ちょこっとだけスポ根魂に火が付いてしまい
最近はYou Tubeを開くとバスケの神様マイケル・ジョーダンの動画ばかり見ています。

ジョーダンのプレイはいつだって華麗でしなやかで芸術的なのであります。
いつかジョーダンのような華麗なダンクを決めたいと思っていましたが、足りない身長を伸ばす為にわざわざ牛乳を飲みまくる事はしませんでした。

俺は中学時代バスケ部に所属し、キャプテンを務めていました。
市内でもとっておきの弱小チーム。
俺達の世代では、ん万といるであろう当時大流行していたスポ根マンガ「スラムダンク」に影響されてバスケを始めた奴の中の一人です、はい。
もうひとつバスケを始めるきっかけとなったのがマイケル・ジョーダン。
いや正確には、彼が履いていたバッシュ「エア・ジョーダン」。

ヴィンテージの古着やエアマックスなんかのハイテクシューズがめちゃくちゃ流行っていた頃、それに目覚めたのがちょうど中学時代。
見事にそのブームにどっぷりハマって古着屋を何件も巡ったり、ファッション雑誌をチェックしまくってリーバイスの赤耳だとかステッチだとか、チャンピオンのタグやナイキのタグで何年代のものか見分け方を覚えたり、ヴィンテージの魅力に取り憑かれたわけです。
ただ当時ヴィンテージのリーバイス501XXなんか何十万もするようなものでしたから、中学生にはただの憧れのマト。

社会現象だったエアマックスの魅力はさっぱりわかりませんでしたが、エア・ジョーダンは別ものでした。
ただでさえ神様のモデルなのにも関わらず、デザインも最高ときているわけで。
スラムダンク効果とあいまって、
「俺もエア・ジョーダンを履いてバスケがしたいっ!」
となったわけです。

俺のリアルタイムでのエア・ジョーダン体験は11、12あたりだったのでジョーダン1度目の引退から復帰後のモデル。
やっぱり1、3、5が欲しかったけどそれまた高価過ぎて到底不可能な話。
難航しつつも12を手に入れる事ができました。

先輩の11が部室から盗難に合い大騒ぎになったり、大晦日に隣町の靴屋で12購入の為の権利をかけた大抽選会があり、100名以上の参加者の中、見事友人がその権利を引き当てるなど、こんな田舎町にも確実にそのブームの波は広がっていたわけです。

それから月日は流れて古着やハイテク・シューズのブームは下火になり(スニーカー自体の人気はいつの世も高いですからあくまでこの頃と比べて)、当時高価だったリーバイスやジョーダンがいわいる古着屋よりお手軽なリサイクル古着屋でも割りと手頃な値段で手に入るように。

一時は古着から離れてストリート系なブランドに陶酔したこともあったけれど、やはり人は思春期の淡い想いからは離れられないのでしょうか?
やっぱり戻ってきてしまいました古着。
デザインが奇抜だったりカッコいいものが多い、また他人とは違うものを身につけたいという欲求をも叶えてくれているんですね~。
ここ数年のヴィンテージの雑な扱いに心を痛めつつも、当時の憧れが良心的な値段で買えるという喜びが複雑に入り混じり、やはり古着に手を伸ばすのです。
「ラッキーっ!」
と。

image-2 17-15-51
ちょっと前にコンビニで見つけて思わず買ってしまったこれ。
最近はもっぱらアディダス派なのですが、やっぱり気になっちゃう。

image-1 17-15-51

年代別ナイキタグ

これにもやっぱりジョーダン関連のウェア特集が。
ここ最近ジョーダンの動画ばかり見ているのは、マネージャー福住のおかげではなくこの本に触発されたというわけです。

この「ヴィンテージ」だったり「人とは違うものを」だったり「デザインが奇抜」、この価値観はギターや音楽にもものの見事に表れてしまっているわけで。

と、いいところまできましたがやたら長くなってしまいクレームがきそうなのでまた次回に笑
俺がいつも心を奪われてやまない「ビザール・ギター」について書こうかな。

次回は、
「ビザール・ギターとこれからのヴィンテージ・サウンド」
もしくは、
「ボブの3Dマップ~国道16号線の魅力編~」
を、お送りするかもしれません。

では、明日はテムジン!

ボブ

image-11

『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
@渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
・チケットぴあ [P:197-956] 電話予約 0570-02-9999
・ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL:http://bit.ly/YXWWBv

カルダモンです。

最近あったことを簡単に書きます。

・某シンガーの友達とメールしてたら、今度初めてピアノ弾きながらライブするということで、歌いながら弾くのが難しいと嘆いていた。しまいには誰か歌ってくれないかな…って逆逆、それ逆!って話だけどいつの間にか逆になってることってあるよね

・mabanuaこと山ちゃんの結婚式の二次会でお祝いライブをやらせてもらった。イベント盛りだくさんの会をまとめた司会のSwing-O先輩に、そつなく進行しましたねと言ったら、それは、はじけ足りないってことだよね?とものすごい突風が吹いてきたので風邪をひいた

・モノマネはやらないがドラえもんならできると言い張る人にドラえもんをやってもらったが、ニュアンスはなんとなくつかんでいるものの、結果として全然似ていなかった。その人はサザンの「キーボードの原坊」のことを「エレクトーンのター坊」と言い間違えた人だった

・クロスバイクが欲しいと思いオシャレなチャリンコ屋に行った。店員にいろいろ質問をしたら、その人は池袋から三軒茶屋、羽田から渋谷まで通勤余裕ッスよ、お勤め先はどのあたりですか?と挑戦状テイストにセールストークをたたきつけられた

・「メメント」を借りてみた。「結末からスタートする」という脚本については知っていたので、開始10分で眠くなり、話の結末を知っているのにこれ以上観る必要があるのだろうかと思い、寝た。翌日、やっぱり最後まで見てみようかと思って見たら面白かった。よく考えたら、ただストーリーをさかのぼるだけの映画がそんなに話題になるわけがないし、眠気の判断力はヤバい

というわけで、あと17日となりました。
ワンマンライブ、遊びに来てください。

『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
@渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
・チケットぴあ [P:197-956] 電話予約 0570-02-9999
・ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL:http://bit.ly/YXWWBv

Mzo

写真
今日はワンマンに向けてリズム隊のみでグルーヴ練習に入っています。

たくさんあるマウンテン・モカ・キリマンジャロの魅力の中の一つは「縦にもノレる」ということだと思っています。
一般的に黒人音楽のノリ、グルーヴというのは、限りなく自由な横揺れにあると思いますが、欲張りな我々は横だけには飽き足らず縦も制覇したいと目論んでいます。

Funkグルーヴでモッシュやヘッドバンキングをも巻き起こす。
横にも縦にも無限のグルーヴ。

より強靭な無限のグルーヴを手に入れる為、今日も頑張ります。

そして夜はバンド全体で楽曲制作リハ。
ワンマンに向けて高まってきておりますよっ!

ボブ

『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
@渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
チケットぴあ [P:197-956] 電話予約0570-02-9999
ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL:http://bit.ly/YXWWBv

最近映画にハマっています。ていうかもともと観る方ですが、最近はなおのことハマっています。で、最近分かった(というか昔からうすうす気づいていたけど)のが、映画の終わり方やラストシーンが、自分にとって大きな評価ポイントだということです。「ゆれる」も「エターナルサンシャイン」も、いいラストシーンでした。アウトレイジビヨンドも、スイミングプールも、桐島も、ユージュアルサスペクツも、冷たい熱帯魚も、百万円となんとかも…とまあなんともミーハーな映画ばかり並べましたが、やっぱりラストシーン、その最終カットは、その映画の演出が凝縮されているべきだと思います。

で、さらに突き詰めて考えると、本質的に自分の好きな最終カットというのは、どうやら語り過ぎていないカットなんだということも分かってきました。北野武監督が「基本的に映画は1枚の写真である」というようなことをどこかで言っていましたが(要は1枚の写真ではストーリーまでは語れないから、そこに枚数を、音声を、演出を最低限足していくのが映画だという方法論/映画観の話)、俺はその話がとても腑に落ちていて、やっぱり写真も小説もそうですが、鑑賞しながら想像を掻き立てているとき(掻き立てられる演出に遭遇したとき)が芸術の受け手として一番わくわくする瞬間なのではないかと思うので、イマジネーションをふくらまさざるを得ない最終カットに出くわしたとき、極論を言えばそこまでの1時間58分がま~ぁくだらない映画だったとしても! ラストシーンで挽回できる可能性はあるんじゃないでしょうか(観客が俺の場合に限って)。なんなら…俺がすべての映画のラストカットを演出したいぐらいです(野球で言う抑えのピッチャーみたいに、ラストカットだけ撮るラストカットディレクターという職業を確立して)。

というわけで、明日のカウントダウンブログは栗さんです。

『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
@渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
・チケットぴあ [P:197-956] 電話予約 0570-02-9999
・ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL:http://bit.ly/YXWWBv
—–

Mzo

こんちくわ

明後日5/13日が姉の誕生日のタイガーです。

新しいアー写が公開されましたが、撮る前に、みんなでどんな感じにしようか?ってあれこれ案を出しているときにこの感じは?と提案したんですが却下されました。

smap

やっぱりスマップは6人いた時が好きです。テレビ東京の18時半からのI love smapをよく姉と見ていました。

明日は潤さん!ついに二本木潤初登場!!

『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
@渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
・チケットぴあ [P:197-956] 電話予約 0570-02-9999
・ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL http://bit.ly/YXWWBv

タイガー

2日目〜

May 11, 2013

どーも、指名を受けましたので私テムジンが2番手をつとめさせてもらいますね
~。ちょっとひにちまたいでますが、お許しをw

ボブサンがワンマンのことをほとんど書いちゃったので、何を書こうか悩んでるわけなんですが、、、

今日はバンド全員でのリハーサルだったんですが、ちょっと前に一緒にやったあの方とスタジオに入ったんですね~。
素敵な声と、どんな場所でも雰囲気を自分のものにしてしまうあのお姉ちゃん、ホント好きですね~。
写真撮るの忘れたんで、この情報だけで、想像してくださいな~!!
しかも今日は娘さんと飼ってるインコ連れてきてました笑

話は変わりますが、私ごとなんですけども、cro-magnonが先月から
「cro-magnon orkestra」と名乗ってライブをやってるんですが、明日の勝負2本目に参加します!!
先月は僕自身はライブを見に行ったんですが、最高でした!!メンバーも凄いことになってます!!
お相手はYour song is good!!
明日の横浜Bay hall、ぜひ足を運んで下さいな~!
以下詳細です↓

★Cro-magnon Orchestra×YOUR SONG IS GOOD★
5/11(土)@横浜BAYHALL OPEN17:30~
ADV¥3500/DOOR¥4000
■DJ:DJ KENT(FORCE OF NATURE)
image-4
そして、こちらはクロマニヨンオーケストラのリハ終了の風景、目の前に、あるジャズバンドのトランペットの方とサックスの方がいますね~この二人に囲まれるのはなかなか凄いもんです!
あ、もちろん相方の栗さんもいますよ!
そしてジャズコレのトロンボーンの廣瀬さんも!!
いやー、楽しみ!!

あ、、、
6/6のワンマンのことも忘れないで下さいね~、残り27日!!
ワンマン詳細↓

http://www-shibuya.jp/schedule/1306/003741.html

それではこの辺で~、
明日は、、、
タイガーよろしく!!!

テムジン

先週の渋谷PLUG3マン、名古屋Oily10周年ご来場ありがとうございました!
2日とも熱い夜でしたね~!
名古屋Oilyの様子がさっそくアップされていますのでぜひこちらをご覧下さい。
Oilyブログ

さぁ、そしてGWも終わり次のライブはいよいよワンマンっ!
プリント
これまでサポートメンバーとして活動に協力してくれていた栗さん、潤さんを正式メンバーとして迎え(詳しくはこちらを)、
約2年ぶりにバンドに戻りました。
見た目は変わらないかもしれないけどね、これが本来のマウンテンモカキリマンジャロ。

バンドです。

レッド・ツェッペリンと同じくバンド。
ローリング・ストーンズと同じくバンド。
ザ・ミーターズと同じくバンド。
ルナシーと同じくバンドです。

6月6日は、その6人のバンドマンの新たな船出を祝うワンマンです!

その記念すべき日までいよいよ1ヶ月を切りました。
そこで今日から毎日メンバー、スタッフ日替わりでブログを更新し、6月6日までの残り28日間をカウントダウンしていきたいと思います!
続くのか~?ちゃんと続くのか~?不安だ~、不安だぞ~、と~っても不安だぞ~。

最初の1順目は、翌日の更新者を指名するという事みたいですな。
1順したらあとは同じ順番でカウントダウンを続けます。
ではでは、明日のブログ更新者は、

テムジンっ!!

よろしく!

ボブ

【モカキリのワンマンまで残り28日】

プリント
『モカキリのワンマン』
DATE:2013年6月6日(木)
渋谷WWW
open 19:00 / start 19:30
前売:2,500円 (ドリンク別)
当日:3,000円 (ドリンク別)
チケット情報:
チケットぴあ [P:197-956] 電話予約 0570-02-9999
ローソンチケット [L:75642] 電話予約なし
・e+
※なお、e+チケット購入ページリンクURLは以下になります。
・PC用購入ページリンクURL:http://bit.ly/Z5bCxJ
・携帯用購入ページリンクURL:http://bit.ly/YXWWBv

WWWアクセスはこちら

さらに、マウンテン・モカ・キリマンジャロを応援してくださってる素晴らしい学生の皆さんに朗報!「モカキリのワンマン」学割チケットが発売決定!
学生の方は前売り1,500円+ドリンク代で入場できます!詳しくは以下をご確認ください。

<チケット購入方法>
#チケット購入方法は二種類あります。

1)各プレイガイドでチケットをご購入いただいた上、当日受付で有効な学生証をご提示いただき、差額をキャッシュバックさせて頂きます。

2)バンド側での取り置き予約(ticketsアットkilimanjaro.jpにお名前、人数、公演日程、学割希望の旨を明記の上ご連絡ください)でチケットをご予約していただき、当日受付で有効な学生証をご提示いただき、学割値段でご入場できます。

<注意事項>
・有効な学生証(写真付)を当日ご提示いただかないと、学割対象にはなりません。予めご了承ください。

大変お待たせしました!
店頭販売用に問題が生じ昨年12月19日から発売延期になっていた7インチ・レコードですが、
無事発売を迎えました!
世界最高峰のジャム・ファンク・バンド、俺達が大好きなニューオリンズが誇る漢の中の漢達ギャラクティック。
日米ファンク対決を1枚のレコードにのせて実現させたこの企画。
何が嬉しいかって、お互いの曲をそれぞれがカバーして作品にできた事です。
自分の中でレッチリとミーターズの距離感を一気に縮めてくれたかけがえのないバンド。


ジャム・バンドから少しヒップ・ホップよりな方向に転換してしまい残念に思っていたけど、2008年のフジロックで久々の見たギャラクティックのライブはそんな気持ちをぶっ飛ばしてくれるようなライブだった。
その頃俺達も既にカバーしてたけどまさかの「移民の歌」カバー。
かなり興奮したなこれは。


ギャラクティックは俺達の「PERFECT TIMES」から冒頭の「It Must Be You」をリミックスにして、
俺達は彼らの「CARNIVAL ELECTORICOS」から「Karate」をリアレンジ。

そのダイジェスト版を公開していますのでチェックしてね!
ダイジェスト前半が「It Must Be You」、後半が「Karate」です。

galactic
昨年12月のギャラクティック来日公演リキッドルームにて、ギャラクティックメンバーと!
次は一緒にツアーしようなんて話も。
実現させたい必ず。
日本に限ったことじゃなくね。

今回の7インチはDisk Unionさん、Jet Setさんにて購入いただけます!
もちろん明日からのおかわりツアー各ライブ会場でも販売致します!
iTunesでも配信していますので、レコードが聴けない方もだいじょ~~ぶ!

また別のアーティストとのスプリット・シングル企画考えたいですな。

今回のプロジェクトは完結しました。
あとはみなさんの手で自宅やクラブ、さまざまな場所で解放してくれることを願って。

写真
昨夜は、地元埼玉ラジオNack5初登場してまいりました~
ようやく念願かなってなんとも感激でした!
「STROBE NIGHT!」パーソナリティのkainatsuさんは、同い年のシンガーソングライター。
いい感じにくだけたトークでした(笑)
深夜でおかしなテンションですいません。
俺達の事を詳しく調べてくれていたようで、嬉しい限りでした。

途中リスナーさんからのお便りが届きました、というので
「おおっ!なんかラジオっぽい」
と、思っていたらメッセージをくれた3人のうち2人は、YOSUKE TOMINAGA先輩と栗さんでした(笑)
なにしてんだあの2人は(笑)

今回はMさん不在だった為、次回は全員で行けたらいいすな~
そのうちレギュラー番組も?

そんなわけで明日9/19に、コンピレーションアルバムが発売されます!
Mountain Mocha Kilimanjaroメンバーによる選曲でございます!
ここ最近リリースされた新譜の中から選曲してみました!
過去の音源全部OKてなってしまったらそれこそ1枚じゃ足りないもんな~
「今」まさに世界中で活躍しているアーティスト中心のコンピ。
値段もリーズナブルです、ぜひみなさんチェックしてくれい!

4103pu4GiNL
Keep On The Groove Vol.2 –Selected by Mountain Mocha Kilimanjaro-
キープ・オン・ザ・グルーヴ・Vol. 2 ーマウンテン・モカ・キリマンジャロ・セレクションー
Release: 2012.9.19 PCD-4531 ¥1575(税込) / ¥1500(税別)

多くのリスナーに宿るファンク魂を鷲掴みにし大人気コンピレーション、『Keep On The Groove』の第二弾が 緊急決定!!しかもコンパイラーは今や日本を代表するファンク・バンドとなった、勢い止まらないマウンテ ン・モカ・キリマンジャロ!!しかも値段はあの衝撃的安さをキープ!!
モカキリらしく、実に幅広い選曲!辺境系グルーヴもあれば、アゲアゲなラテンもあれば、ストレートにグルーヴするファン クものも混じった、バラエティー豊かなナンバーを楽しめる、最高の一枚。本人達の新作『Perfect Times』(7 月 4 日発 売!)からも新曲を収録予定。邦楽ファンにこの手のサウンドをアピールするにはぴったりな内容なうえ、通なファンにも刺 さる玄人好みの楽曲も織り交ぜた、実にソウル、ファンク、ブルースといった音楽への深い愛と敬意を感じるセレクション!

1. Funkshone: Persuasion
2. Mountain Mocha Kilimanjaro: Perfect Time
3. Nick Pride & The Pimptones: Come And Get It
4. Clairy Browne & The Bangin’ Rackettes: Baby Caught The Bus
5. Third Coast Kings: Crush It
6. Dojo Cuts featuring Roxy Ray: Mamacita
7. The City Champs: Poppin’
8. Dereb The Ambassador: Etu Gela
9. Watussi: Cuando Sera
10. New Cool Collective: Pambiche
11. Federation Of Disco Pimp: Bruce Lee
12. The New Mastersounds: Confusion
13. Bononia Sound Machine: Soulthing
14. Mighty Joe Young: Serve My Time

ボブ

■待望の3rd Album 「PERFECT TIMES」絶賛発売中!!
■3rd Album「PERFECT TIMES」視聴用ダイジェスト
Moutain Mocha Kilimanjaro Perfect Times Tour 2012決定!!

MakersMark

RECENT POSTS

今日の1曲 Mzo
August 28, 2014
今日の1曲 Mzo
July 22, 2014
今日の1曲 Mzo
July 07, 2014
今日の1曲 Mzo
June 23, 2014