Hiroko Otsuka

otsuka
April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Jul    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

2004年以降本格的なDJ活動とCD展開から全国的な現場の支持を得て、ワン&オンリーな"JAZZのグルーヴ"を起こすDJとしてその存在を不動のものとする。ファッション雑誌他、海外雑誌、音楽雑誌等での音源紹介、ディスク・ガイドでの執筆活動も行う。渋谷TheRoomにて10年目に突入した人気イベント「CHAMP」、老舗ジャズライブハウス、六本木アルフィーを中心に、毎週末日本中のパーティーに出演。繊細かつ大胆なプレイで、多くの音楽好きを唸らせ踊らせている。2010年スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL」の出場。同年、日本のジャズレーベルTRIOのオフィシャルMIXCDを監修制作。2011年末には、80's後期~90'sにフォーカスした日本発2レーベルのMIXCDを発売。独自のJAZZ解釈を展開する。 オフィシャルHP ▶http://djotsuka.com

RICHIE BEIRACH/ METHUSELAH
1975年 TRIO RECORDS

RIMG7185

日本はTRIOからリリースされたシリーズ第一弾。というのも、彼はECM 期と前後して、10 作近くをトリオ・レコードで共同制作、日本で特に親しまれる存在でよく日本盤を目にするのも承知の事実。
透明感ある彼のピアノはソロ作品としての評価も多く、彼の魅力を様々な形態で表出したそのシリーズはバイラークのキャリアの中でも最も美しく優れた作品シリーズとして名高い。
同作品は、前年にリリースされた、ECM 「EON」と対をなすバイラークのピアノ・トリオ作品の頂点。
彼のピアノはクラシック的な要素、テクニックと鋭いハーモニーの感覚、透明で硬質な印象を与える。
ビル・エヴァンスに影響を受けたピアニストでもある。

同収録の「TOKYO」はフランク・トゥサとの共作で8ビートのファンクナンバー。

レア・グルーヴ解釈では、すでにクラシックとなっている一番の人気曲であるが、

タイトル曲の奥ゆかしさも白眉。

ドラムスが煽る中、エレキピアノでゆったりと漂っていくタイトル曲に、時をわすれる。

 

 

■ これを買った人はこれも買っています ■

RICHIE BEIRACH / EON
1974年 ECM
Richard Beirach(P). Frank Tusa(B), Jeff Williams(Ds)

eon

METHUSELAHリリース前年の一枚。邦題「ナーディス」で親しまれる一枚彼のオリジナルまたは共作が多くマイルス・デイヴィス作の名曲をはじめ、アップテンポナンバーや、エキゾチックな印象の一曲、そしてバイラークらしいピアノのフレーズはクリスタルな印象。

 

 

DAVE LIEBMAN/LOOK OUT FARM
1973年 ECM
Dave Liebman(ss, ts, fl)Richard Beirach(p, el-p)Frank Tusa(b,el-b), Jeff Williams(Ds) -

dave

METHUSELAH の作品を生むきっかけとなったのがこの作品。デイブ・リーブマンのバックを固めた
このメンバーが後に優れた作品を残していく。同作品はピカソ、マイルスに贈られた音楽のジャンルを越えたメッセージが随所にみられる名作である。

 

その後2000 年代、日本のヴィーナス・レーベル で、ジョージ・ムラーツ(b)、ビリー・ハート(ds)らとのリリースも話題。

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

1. 加古隆 / MICRO WORLDS

October 02, 2010

加古隆/MICRO WORLDS
1976年 TRIO RECORDS

RIMG7123

パリでフリー・ジャズに傾倒していた70年代半ばの加古隆にとって、当時の総決算といわれて作品である。
抽象的・緊張感・エネルギッシュ。パリでフリー・ジャズを試みる彼の美意識はまさに、ここに集結されている。
中でも、タイトル曲である同曲は、ヴォーカルにイレーヌ・アイビをフィーチャー。ベースにケント・カーター、ドラムスにオリヴァー・ジョンソンという顔ぶれ。
完璧なピアノ即興プレイと、ベース&セロ、ドラムのトリオ。
ジャケットアートワークでみせる星の中の線はアドリブで構成されたギザギザな楽譜を思い起こすようなイメージで、彼の世界観をより一層豊かに表現している。

 

 

 

■これを聴いた人はこれも聴いています■

Noah Howard/ Live in Europe Vol. 1

 noah

1974年 SUN(仏)
Noah Howard – Alto Sax
Takashi Kako – Piano
Ken Carter – Bass
Muhammad Ali – Drums (except track 4)
Oliver Johnson – Drums (track 4)

見ての通りNoah Howard Quartetに参加し、ベルリンコンサートはじめ、スピリットあふれる演奏をのこす。
Pharoha Sandersが好きならマストですね。

大塚 広子
http://djotska.com

10月のDJスケジュール

October 01, 2010

 SNAFU DINNER

        

DATE 2010.10.6. (wed)
PLACE 代々木 酒処 白熊
OPEN 20:30~
CHARGE 1000yen(1D)
DJ 大塚広子
DANCE PERFORMANCE REIKO(wedge sole)
HOST MC METH(XXX-LARGE)
MORE INFO SNAFU

 

TOWER RECORDS in store live DJ

        

DATE 2010.10.7. (thu)
PLACE 新宿 TOWER RECORDS
START 18:00~
IN STORE DJ+サイン会 FREE
DJ 大塚広子

 

Maggots

DATE 2010.10.15. (fri)
PLACE 札幌 MORROW ZONE
OPEN 22:00~
CHARGE adv:1500yen/w/f:2000yen/Door:2500yen
GUEST DJ 大塚広子 from CHAMP,Key Of Life+
B1 Main floor DJ DJ GONG (STYLISH BROS)/ HISAYA (SHIFT RECORD/DOONUTS!!)/
NORITO (doo-bop/BLACK Butterfly)/ KENJI(GROOVE COLLECTION)/
KEN(TEENAGE BABYLON.HIP CITY)/KENT(BEAT STREET)/taka-p(ブキッチョーズ/よ)
B2 floor DJ MIYUKING (EDGE)/ s@chi (JOKE) /Madoka (Manhattan groove)/ CHI-BOW (樹系図)
HOST MC MC松島
チケット取扱店 MORROW ZONE /LacquerSoulD /KING KONG /Edge /聴雪庵

 

CHAMP~OIBON BIRTHDAY BASH SPECIAL

DATE 2010.10.22. (fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
GUEST DJ T.SEKI(Sound Of Blackness)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目 (黒船音頭) /DOME(ドーム/音ノ源)/ 中島雅人
SAX CHI3CHEE(THINK TANK)
FOOD ARATA

 

ROOTDOWN#19×STONEPARTY~新宿2丁目ジャズ祭!!!

DATE 2010.10.24. (sun)
PLACE 新宿二丁目alamas cafe
OPEN 19:00~22:00
CHARGE FREE!
GUEST DJ 大塚広子(CHAMP,Key Of Life+)
DJ toshi from LIFE/Q☆PON
dance TEACHER REIKO先生(wedge sole/STONEPARTY)

 

OASIS

DATE 2010.10.30. (Sat)
PLACE 渋谷 amate-raxi
OPEN 22:00~
CHARGE adv:2500yen(1D)/door:3000yen(1D)
GUEST DJ JOEY ANDERSON / 大塚 広子(CHAMP/key of life+) / O-NO(SHAFTT)
SNAFU DJ’S CHUCK-TEE / OBA(BUSH BABEEZ!!) / HAYATO(S.A.S) / FAT山(SOULS.O.C.) / METH(XXX-LARGE)
HOUSE EXPERIMENTAL DJ’S STOCK(world spin)/ TOTY(automtic record)/ Dee Jay /
TAKUYA(SYMBOL-ISM)/ Shaw.F(tigers)/SYIN(def box)/
AKUTAMA(HAMSY)/ Suthoom(SYMBOL-ISM/YMC)/KOKI(BLACK OUT)
DANCE PAFORMANCE MIKEU4RIA(21.4.18.9.1)&JOEY ANDERSON /
SYMBOL-ISM&THE BEATDOWN BROTHERS /
SNAFU MOBB /
MORE INFO ANCE

大塚 広子/The Pieces Of TRIO RECORDS

2010年 ART UNION

pop12new

 

1. MICRO WORLDS / 加古隆
2. METHUSELAH / RICHIE BEIRACH
3. TURNED AROUND / JACK DEJOHNETTE
4. YOUNG GIRL’S JUMPIN’ DANCE /
近藤等則,チベタン・ブルー・エアー・リキッド・バンド
5. TOO HIGH / 原信夫とシャープス &フラッツ
6. I GOT RHYTHM / 北村英治
7. MALACHI’S TUNE / 豊住芳三郎
8. MOTHER SOME PLACE / 福村博
9. フェイズ13 / がらん堂
10. A LOVE SUPREME Part1 / ELVIN JONES JAZZ MACHINE
11. 黒いオルフェ / 菅野邦彦
12. 河童詩情 / 宮間利之&ニューハード
13. WHITE FIRE / 植松孝夫
14. SEA WEEDS / 今田 勝
15. 恋をするなら / 稲村一志と第一巻第百章

 

UNIVERSOUNDS”を主宰する尾川雄介氏監修の“DEEP JAZZ REALITY”シリーズでも取り上げられた
日本のジャズ・レーベル“TRIO RECORDS”。
国内外を問わず一流から無名まで多くの才能豊かなミュージシャンの作品を発表し、
正に和ジャズ音源の最重要宝庫に他ならない。
その“TRIO RECORDS”のオフィシャルMIX CDが本作。MIXをするのは“THE ROOM”で行われている“CHAMP”を中心に、“FUJI ROCK FESTIVAL”へも参加した“黒いJAZZ”グルーヴを得意とする女性ジャズDJ大塚広子!
スピリチュアル・ジャズ〜フリージャズ〜エクスペリメンタル〜ジャパニーズ・ソウルまで広がる
ビジュアルとは裏腹な漆黒ワールドはまさに大塚ダイナミズムそのもの。
大塚広子の解釈で蘇る“TRIO RECORDS”音源、改めてその奥深さを認識させられる至極のMIXです。

 

2010年9月29日発売。

はじめてのオフィシャルコンピレーション、和製レーベルTRIOの音源から自分のできる表現方法で

作品をつくりました。

日本のレーベルTRIOは、Giles PetersonやUKシーンで既に取り上げられていた名盤、たとえば

「DEEDEE BRIGDE WATER/AFRO BLUE」や「JAZZMANでも再発されているLOREZ ALEXANDRIA / SEND IN THE CLOWNS、

をはじめ、近年の和ジャズ再評価でLP再発も記憶に新しい、極上のピアノトリオ、福居良の2タイトルなど日本盤オンリーの好盤が連なる。

JAZZを聴き始め、日本オンリーのコレクタブルな存在感、はじめて意識したのがこのTRIOだった気がする。

中でも、地方DJや個人的な町レコ屋まわりでの

「METHUSELAH / RICHIE BEIRACH」や、「DEEDEE BRIGDE WATER」の捕獲劇は思い出深い。

まだ3年前は、縦置きの棚で脚立を登り、手を黒くさえすれば発見できた、そんな「堀りがい」の魅力もあったTRIOレーベルである。

味をしめて試し買いをすると、フリージャズ!スピリチュアルという言葉が蔓延するとともに、フリーとの垣根をどう処理するか?

そんな試行錯誤したレーベルでもある。

 TRIOの膨大なレコードを見せて頂いて、保管されていたレコードは、すべて聴いた。

そしておもったことがある。

すでにレアグルーヴとして評価されたリズム感、質感で選んでも、今私がつくる必要はない、と。

むしろ、大きなTRIOの歴史のポケットの中で異様な色彩をはなっていたのが、70年初頭からの日本での動き。フリージャズの存在。

そんな折、地方でのDJの際お世話になっているお店でたまたま手にした「日本フリージャズ史/副島 輝人著」。

そのなかには、保管用できいたTRIOのあの瞬間この瞬間が、描かれていて、ますますフリージャズムーブメント

の存在感にどんどん引きこまれていった。(ちょうどFUJI ROCKのとき!)

クラブのDJがリズムレスのものを表現するのは難しい、というか矛盾しているが、あえてリズムの価値観ではなく

飛び散る音のしぶきを感じたかった、私のわがままでもある。

すべてレコードでターンテーブルミックスをしたため、音のばらつきや、レコードのチリっもあり

ミックスのずれなんかもあるのだが、保存用という紙がはられたジャケットや、手書きでなおされた

ライナーを手にしながら当時のアナログ盤を触って製作ができたことを誇りに思います。

 

 

 

■この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています(ホントのamazonより~)

Lloyd Miller & Heliocentrics ~ Lloyd Miller
¥ 1,452

和ジャズ・ディスク・ガイド Japanese Jazz 1950s-1980s 塙 耕記
¥ 2,625

Neu! ’86 ~ Neu
¥ 1,938

コンプリート・ライヴ・アット・ザ・ライトハウス ~ エルビン・ジョーンズ
¥ 2,800

Worldwide: A Celebration Of His Syndicated Radio Show ~ Gilles Peterson
¥ 1,840

GOING PLACES…FOR KEITH ~ 近藤等則&IMA
¥ 2,661

 

 

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

Float / Essential Groover

September 27, 2010

 
Float / Essential Groover
2010年 Perfect Beats Project

float_essentialgroov

 

Float氏、3年振りのMIXCD新作は、渾身のレアグルーグ・ミックス。
完全に「生音」に集点をあてた本作。自主制作時代のHipnotic Brass Ensemble「War」で始まる前半は、
ハードヒッティングな70′s中心のジャズファンク。
レアグルーヴメ黎明期からのクラシックでありA Tribe Called Questのサンプリング・ネタとしてヘッズにお馴染みの「We Gettin Down」「Fourty Days」を続け様に繋ぐ辺りにレペゼンB-Boyを匂わせ、後半は怒濤のファンク、ソウル、ディスコへとシフト。
Beginning Of The EndやExit 9などのレアグルーヴのメガ・クラシックから、レアLPで知られるH.Andrewsが7インチのみに残したグルーヴィー・ソウル、ノーザン・ソウル/ディープ・ファンクのシーンでもトップ・ウォントの1枚に名を連ねる珠玉のモダン・ソウルStevens & Foster「I Want To Be Loved」などで心地良いソウル・ミュージックの世界へと誘う。
そして終盤はアンダーグラウンド・ディスコ/オールドスクール・ファン垂涎のGray DavisやMad Cliffなどに、他では聴くことのできないオブスキュアな楽曲を織り交ぜたディスコ/フュージョンで熱しつつも爽やかなエンディングを迎える。

ADOUT DJ Float
1994年頃にヒップホップに出会いDJを開始。
その後サンプリング・ネタを契機にソウル、ジャズ、ファンクなどのアナログ・レコードを収集するようになる。国内屈指のトップ・コレクターたちからも一目置かれる幅広い知識とコレクションを有し、「レアグルーヴ」から「ヒップホップ」までを自在にプレイ。都内に中心に各所のイベントで良質な音を提供している。特に自身がレジデントを務める老舗クラブ、青山「蜂」のNo.1イベント「Magnetic」では毎回呼ばれるビッグネームのゲストにも引けをとらない熱いプレイで200人にも及ぶオーディエンスを熱狂させている。
また、1999年には4DJ・1MCによる「Perfect Beats Project」立ち上げに参加。「All Things Hip Hop(あらゆるヒップホップ的なモノ)」をヒ標榜し活動を開始する。その他、現場でのDJ以外でも、レコードコレクターとしてディスクガイド(「和ジャズ・ディスクガイド」など)への資料提供、好事家のあいだで話題を呼んだ1stミックスCD「Groove Exchange」などのより、日々シーンでの存在感を増している。

 

好事家の中でも一目おかれた存在でもある彼は、確固とした信念がある。
彼との出会いは当時青山MIXでおこなわれていた「WAH WAH」でゲストDJをしたとき。
彼はSTEPHEN McCRAVEN QUARTET「 Intertwining Spirits 」(A NEW PEACE 初期盤に収録)
にえらく反応していたのを覚えている。
当時は まだ黒田大介氏とろくに顔もみれずFUNK勉強中で、
RYUHEI THE MAN氏がSOUND STYLISTICS PLAYERS THEMEをかけたときに勇気を持って
ききにいったことは今でもよく覚えている。
当時から並ならぬ知識と現場をしっていて、独自のHIPHOP的先見眼で
クオリティーある一枚を探し、愛する姿勢が半端ない。

そんな氏がCD一枚を一曲としあげているかような最新作。
MIXCDというフォーマット、その一作品での曲のつむぎ方に高いクオリティーを感じます。

もっと聞かせたい曲も 、きっとあったはず。
次回もたのしみです。

  

 

■これを買った人はこれも聴いています■

Float / Groove Exchange
2007年 Perfect Beats Project

7627677

SABU MARTINEZ / MY CHRISTINA
DAVID LEE JR. / COSMIC VISION
GROUP HOME / INNA CITI LIFE
SUN RA / WHERE PATHWAYS MEET
FUNK INC. / SISTER JANIE
JOHN KLEMMER / FREE SOUL
GARY BARTZ / GENTLE SMILES( SAXY )
A TRIBE CALLED QUEST / THE HOP
DA GRASS ROOTS / DRAMA
THE FOUR QUARTERS / MUSIC OR NOISE
45 KING / TWO-FIVE
BREAKESTRA / FAMILY RAP
DELEGATES OF SOUL / I’LL COME RUNNING BACK
RECORD PLAYER / YOUR FANTASY
PURE FUNK / NOTHING LEFT IS REAL
EXIT 9 / FLY
CARL HOLMES / INVESTIGATION
THE ESQUIRES / HOW COULD IT BE
IT’S AN EXPLOSION
・・・・

あらてめて、
時代が3年たっても色あせない曲の数々。

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

9月のスケジュール

September 03, 2010

JUMP in YOKOHAMA

DATE 2010.9.5. (sun)
PLACE 横浜 象の鼻テラス
OPEN 18:00~
CHARGE 1500yen(1D)
DJ T.Seki(Sounds OfBlackness)/黒田大介(kickin’)/OKD(Jazzy Sport)/大塚広子(CHAMP/Key Of Life+)/KAYO

 

EXTRA EXTRA

DATE 2010.9.11. (sat)
PLACE 青山 蜂
OPEN 22:00~
CHARGE w/f&Ladys2000yen(1D)/Door.2500yen(1D)
DJ DAISUKE KURODA / RYUHEI THE MAN / HIROKO OTSUKA
              KOCO a.k.a SHIMOKITA / TUS-ONE / JOYMEN /
YUKARI BB / KOGATAROO / MASARU / AKI

 

CHAMP~大塚広子TRIO RECORDS OFFICIAL MIX CD RELEASE PARTY!!

DATE 2010.9.24. (Fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目 (黒船音頭) /DOME(ドーム / 音ノ源)
FOOD ARATA
RELEASE 特典 LIMITED 7inch & マル秘 特典&

 

 

大塚 広子 
http://djotsuka.com

V.A/GROOVY INDEED! TRIO RECORDS/1971-1981

 61yeRuG6kBL__SL500_AA300_

CD : ARTD-5553
price : 2,100円(税込)
release : 2010/6/16
監修/解説 : 尾川雄介

01.福居良/ホライズン
02.原信夫とシャープス&フラッツ/トゥー・ハイ
03.辛島文雄/アメリカン・タンゴ
04.山口真文/イリュージョン
05.片岡輝彦/つむじ風
06.植松孝夫/サムバ・トゥー・キキ
07.鈴木良雄/ペルシアン・ブリーズ
08.福居良/アーリィ・サマー
09.今田勝/アンダルシアの風
10.本田竹彦/サニー

コンピレーション『GROOVY INDEED!』第2弾は、一流から無名まで多くの才能豊かなミュージシャンの作品を発表してきた和ジャズ重要レーベル、トリオの音源からセレクト。
原信夫とシャープス&フラッツによる弩級のジャズ・ファンク02、
ニュー・ハードで活躍した片岡輝彦の美しく力強いモーダル・ジャズ05、
植松孝夫が疾走する最強のファンキー・ジャズ06。
息が止まるほど美しい福居良による永遠の名曲08、
豪腕ピアニスト本田竹彦がかの名曲を味わい深いワルツに仕上げた10など、
レア・グルーヴ世代から和ジャズ・フリークまでを唸らせる珠玉の数々!

  

こちらでとりあげたInspiration & Power 14 Free Jazz Festival 1

もうひとつの日本のJAZZ の側面がこの作品からもわかるように、
当時のあつい日本のJAZZシーンを録音しつづけたTRIO。
そのなかでも選りすぐりの内容を堪能できるコンピレーションがこちら。

あらためて再認識できるすばらしいJAZZの数々をぜひ、みなさまも。

 TRIOの名作から、なかなかオリジナルでみることも少なくなった
逸品(しかもクラブ使用もバッチリ!)が再発でも楽しめますね。

Deep Jazz Reality   http://www.universounds.net/

 

 

■ この商品を買った人はこんな商品も買っています■

Deep Jazz Reality シリーズ初のコンピレーション『GROOVY INDEED !』
和ジャズ黎明期から秀作をリリースしてきた燻し銀レーベル、テイチク。
そのランナップから、隠れた名盤の宝庫として注目される1970 年代の音源を中心にセレクトしたこちらの内容も圧倒の極上和JAZZ。マストアイテム。
 

41DbnIyHBnL__SL500_AA300_

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

bohemianvoodoo/Lapis Lazuli

August 09, 2010

 
bohemianvoodoo/Lapis Lazuli
2010年 P-vine

41N2A1TGJaL__SL500_AA300_

bohemianvoodoo(ボヘミアンブードゥー)
http://bohemianvoodoo.jp/

ギターをメインとした4人編成で、2008 年に、地元横浜で結成。
東京・神奈川を中心に活動を続け、ジャズシーンにとどまらず、ヒップホップや、R & B など、数々のイベントに出演し、その名前を着実に広めてきた。
並外れたソングライティングのセンスから創造されるポップでメロディアスな楽曲群。そしてジャズはもとより、POP で爽快なドライブ感も身上!!
現在は渋谷jzBrat などでライブ活動を展開中。

bashiry – Guitar /木村衣生里
Acoustic Piano, Fender Rhodes / Nassy
Bass /井上孝利- Drums

出会いはいつだったかな・・MOTION BLUEで行われている
afrontierや、7th Floor でのライブで共演してから
このバンドは、クル!と思ってひそかなファンでした。

そして本年7月にP-VINE からの堂々デビューを果たした作品がこちら。
いわゆるありきたりなクラブジャズの安易メロディとは別物。
リードをとるギターの音色がほんとうに心地よいです。
オールタイムフェイバリットの一枚になる予感。

 

 

■ このバンドとの出会いはこのイベント ■

レペゼン横浜のイベントをいくつかご紹介

「afrontier」
http://afrontier.com/
 

「横浜ジャズ研」
http://jazzken.youknowhat.com/

 独自にののびのびした雰囲気が気持ちいいお世話になっているイベントです。

 

 

8/26 は

鎌倉 逗子花火大会で 極上の席で

JAZZ LIVE + 花火が堪能できます。

ぜひひと夏の思い出でを。

20108.26フライヤー

 Venus Cafe 神奈川県鎌倉市坂ノ下34-1
http://www.venus-cafe.com/contact.php

 

 

あ、実は9/5に こんなコラボも @横浜です!

象の鼻テラス 
KAMOME LOUNGE―SUNDAY SPECIAL―
「JUMP」 in YOKOHAMA
開催日時: 9月5日(日)
各日とも18:30開場・開演
T.Seki( Sounds OfBlackness)、 黒田大介(kick’in)、大塚広子(CHAMP/Key Of Life+)、OKD(Jazzy Sport)、KAYO 他

通常_1~1

accessmap_201007

http://www.zounohana.com/event/kamomelounge.html

 

 

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

 

8月のDJスケジュール

August 01, 2010

FUJI ROCK FESTIVAL ’10

DATE 2010.8.1. (Sun)
PLACE 新潟県苗場スキー場
THE PALACE OF WONDER – CRYSTAL PALACE TENT
DJ TIME 2:00~(変更の可能性あり)
CHARGE FREE! (FUJI ROCK FES.来場者 対象)
MORE INFO FUJI ROCK FESTIVAL ’10

 

真夏の夜のアフロンティア Vol.2

     

DATE 2010.8.7. (Sat)
PLACE Motion Blue yokohama
OPEN 16:00~22:30
CHARGE 3800yen(1D)
LIVE:Motion Blue [ XS ]:堀越昭宏(key)松田博之(b)今村慎太郎(dr)Yurai(vo)Frances Maya(vo)
GUEST:isao osada(tp)
[ Issei Masatomi Soul Bug Union ]:正富一成(sax)江草啓太(p)清水 玲(b)平井直樹(dr)
津島周平(per) GUEST:長田進(g)
DJ:Motion Blue JUN MORITA/TOJO/Takeshita(afrontier)/木村勝好(in the mix)
LIVE:TUNE [ Medby ] Medby(vo)Daisuke Toi(b)Yoko Yamazaki (Laranja)(key)
[ I Three ] 中元雄介(key)小畔 潤(b)佐野大介(dr)
DJ:TUNE 大塚広子 (CHAMP, Key Of Life+)/高波由多加(Namy/BOSCA)
Tomi the jazzy monk/小浜雅胤 (Routine Jazz)/君嶋麻里江 (BOSCA)
VJ TASUKE
MORE INFO afrontier web site

 

FIFTH WORLD

DATE 2010.8.7. (Sat)
PLACE OPPA-LA (片瀬江ノ島) & ON THE BLUE(片瀬東浜)2会場同時開催!
OPEN 14:00~23:00(@OPPA-LA)/16:00~20:00(@ON THE BLUE)
CHARGE YOUR SUPPORT with DOMINATION!
Sunset Live Performance@OPPA-LA eico
DJ@OPPA-LA Yukihiro Fukutomi/ Kentaro Takizawa/ Kentaro Iwaki(Dub Archanoid Trim/BLOWMAN)
DJ SHINGO(Cosmic First)/gara(Candy/ゆらぎ)
Art Work/ Visual Effects/ Sound System@OPPA-LA Eri(EMMY’Z Funny Collection) & RYO(peche mignon)/
Shota (EMMY’Z Funny Collection)/
松本音響
Sunset Live Performance @ON THE BLUE saigenji
DJ @ON THE BLUE DJ JIN(RHYMESTER/breakthrough)/ WARA (Asayake Production)
SHINGO/3LDK(東京カリ~番長)/佐野真久(Cafe&Dinerスタジオ/FCR)/ 大塚広子
Art Work/ Visual Effects/ Sound System @ON THE BLUE 吉永有里(edomacho)/
Yu-Ka Tashiro/
Captan Bob
Total Produced 夢宙工房

 

PATINA-vol.16

DATE 2010.8.13. (Fri)
PLACE 盛岡 Players Cafe
OPEN 21:00~
CHARGE 2500yen(1D)/DOOR
2500yen/ADV(2D+「PEACE IN MORIOKA 2 mixed by大塚広子(ONLY20Limited)」)
SPECIAL GUEST DJ 松岡”matzz”高廣(quasimode)
大塚広子(CHAMP,key of life)
DJ TAKAKO / NEGAMI RELAX / ABE THE MISSION / NieNie / UME / KEI EBINA / BANGKEAN
SPECIAL FOOD Y’s Cafe & ユーキ食堂
TICKET INFO 盛岡 Players Cafe
盛岡 KNOWLEDGE RECORDS
MORE INFO PATINA BLOG

 

黒盤研究所 3rd Anniversary!!!

DATE 2010.8.21. (Sat)
PLACE 大分 BOYCE
OPEN 22:00~
CHARGE Adv.2000yen/Door.2500yen
SPECIAL GUEST DJ 大塚広子(CHAMP,key of life)
GUEST DJ A-Beat /Afro-Tee /Toyo The Pimp /Hideki Hattori / Rocky(S.O.U.L.from saga)
DJ Lang /Tachibana /Saita /Daisuke /Kawano /Yukino /Shouno
MORE INFO 黒盤研究所 BLOG

 

JAZZ NIGHT at 鎌倉・湘南「VENUS CAFE」

DATE 2010.8.26. (Thu)
PLACE 鎌倉 VENUS CAFE
TIME SCHEDULE 営業時間/13:00~25:00
逗子海岸花火大会:19:15~20:00 /LIVE:20:00~22:00
CHARGE DRINK&FOODS CHARGE ONLY!!
LIVE 石亀浩志(TS)QUARTET
DJ 大塚広子(CHAMP,key of life)
MORE INFO OFFICE PALMA
PromotionVideo

 

CHAMP

DATE 2010.8.27. (Fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目 (黒船音頭)
SAX Chi3Chee(THINK TANK)
FOOD ARATA

 

サンサンサンデイ

DATE 2010.8.29. (Sun)
PLACE 渋谷 Lounge Neo
OPEN 12:00~17:30
CHARGE 1000yen ※15歳以下無料!☆託児スペースあり☆完全分煙☆
FOOD Shiva Curry Wara (カレー)/音柳食糖 (スイーツ)/匠屋(たこ焼き)
DJ 黒田大介(Kickin)/ 大塚広子(CHAMP)/Sunsun Daddy 1号 (Guest)
LIVE Sunsun Daddy 2号 (Guest)
FREE MARKET ポンちゃん(勝手に似顔絵)/ Used Records ,Clothes,and More・・

CHAMP 7/23

July 23, 2010

1e0a0a65

 

e10bcfa9

CHAMP

at TheRoom
EVERY 4TH FRIDAY
2010.7.23(fri)

[GUEST DJ] NEGAMI RELAX(PATINA FROM 盛岡)

[DJ] YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 /
四丁目(黒船音頭) / DOME(音ノ源)

[SAX] CHI3CHEE(THINK TANK)

[FOOD] ARATA

[CHARGE] 2500yen(1d)
[OPEN] 22:00 [CHARGE] 2500yen(1d)

今月のCHAMPは

二大パーティー、盛岡PATINAからNEGAMI RELAX。仙台DUCK’IN DONUTSからSHIBAをゲストDJに迎え盛り上げます.

そして CHAMPの代表

YOSUKE TOMINAGA  BIRTHDAY BASH SPECIAL!!

年に一度のお返しを♪ 

夏のCHAMP ぜひ、みなさん お越しください♪

 

 

 

大塚 広子
http://djotsuka.com

MakersMark