Hiroko Otsuka

otsuka
June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2004年以降本格的なDJ活動とCD展開から全国的な現場の支持を得て、ワン&オンリーな"JAZZのグルーヴ"を起こすDJとしてその存在を不動のものとする。ファッション雑誌他、海外雑誌、音楽雑誌等での音源紹介、ディスク・ガイドでの執筆活動も行う。渋谷TheRoomにて10年目に突入した人気イベント「CHAMP」、老舗ジャズライブハウス、六本木アルフィーを中心に、毎週末日本中のパーティーに出演。繊細かつ大胆なプレイで、多くの音楽好きを唸らせ踊らせている。2010年スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL」の出場。同年、日本のジャズレーベルTRIOのオフィシャルMIXCDを監修制作。2011年末には、80's後期~90'sにフォーカスした日本発2レーベルのMIXCDを発売。独自のJAZZ解釈を展開する。 オフィシャルHP ▶http://djotsuka.com

いったみなさんから予想よりとてもよかったときき、3時間釘付け。(・・個人的にCourtney Pineってこんなすごかったのねと圧巻!)

http://jazzday.com/concert-2014/

スクリーンショット 2014-05-11 13.12.13
 

Third Coast Kings / West Grand Boulevard

DCFBAFFB39B748EB9BB85DB6046841E6

 

 

 

現行ファンク・シーン、ちょっと落ち着いてた感じもありますが、

あらたなニュースを巻き起こしているのが

「 サード・コースト・キング 」

待望の新作アルバムと、初ジャパンツアーがきまったとのことで早速新着音源を拝聴!

サード・コースト・キングスは、8人組みのミシガン州デトロイト出身のディープ・ファンク、ソウルバンド。

2007年結成。

 

third-coast-kings2014

 

 

ファンクの帝王ジェイムス・ブラウンや、彼等が日々掘り起こしてきた60年代、70年代のレコードに多大な影響を受け、

正統派なディープ・ファンクとソウルのマナーに則り、スタイルとテクニックを磨いてきたそうだ。

彼らはファンクを現代に蘇らせる事を心から誇りに思っていて、

世界中のどこで演奏しても観客を熱狂させる実力の持ち主との噂が、、、

実際に2012年デビュー時は、

新人ながらフジロック・フェスティバルフェスティバルのホワイト・ステージに抜擢され、数千人のオーディエンスを狂喜乱舞させたという・・・。

2009年にリリースしたファースト7インチのレコード”Give Me Your Love/Tonic Stride”は

世界中のトップクラスのファンクDJ達、

(例えばケニー・ドープ、イアン・ライト、日本ではMUROやRyuhei The Man達)

がこぞってスピンし、現場の実績も申し分なし。

そして、2014年

待望のセカンドアルバム『ウェスト・グランド・ブルーヴァード』 が 5/21発売予定!!

ファンク熱 も 成熟期かな、という あなたにこそ、

これ、おすすめです。

 

  

 
 

RICA’X JAZZ 2nd Anniversary!!

DATE 2014.5.3(sat)
PLACE 香川県 高松 黒船屋
OPEN 21:00〜
CHARGE adv.2500yen(1d)/door.3000yen
GUEST DJ 大塚広子 / 松田光司/ファンキー大統領ヤマダ
RESIDENT DJ RICA’X
 
 

CHAMP

DATE 2014.5.23(fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目
HICKEY / 中島雅人

 
 

仙臺 JAZZ Night

DATE 2014.5.24(sat)
PLACE 仙台 Vinyl Diz
OPEN 19:00〜27:00
CHARGE adv.2000yen/door.2500yen[1SparklingWine&FreeFood]
SPECIAL GUEST DJ 大塚広子
GUEST DJ KAWADA[S.J.M] HIROMU[S.J.M]

 
 

GOOD MUSIC PARLOR~DJ大塚広子 × JAZZ THE NEW CHAPTER~SPECIAL SET

DATE 2014.5.27(tue)
PLACE 新宿 Brooklyn Parlor
OPEN 19:30〜22:00
CHARGE Free
FEAT JAZZ THE NEW CHAPTER
DJ 大塚広子

 
 

JBL ~Jazzy Beat Limited~

DATE 2014.5.31(sat)
PLACE 徳島 soulsauce bar BUMP
OPEN 22:00〜
CHARGE 3000yen(1D)
GUEST DJ 大塚広子
RESIDENT DJ Hayashi / UZI / MER-4

 
 

WAY OUT WEST という

関西の フリーマガジン ご存知でしょうか??

旧体制のジャズ と 新譜のいまの ジャズ

そして ライブ情報が入り交じって

とても 読み応えがある マガジンです。

この仕掛人 藤岡さんとの 出会いは、神戸 の ジャズ 喫茶 JAM JAM さん。

和JAZZ パーティの ゲスト 出演させてもらって

取材いただいたのが 最初の きっかけ かな・・

特に いま おもしろい 新譜のジャズ の情報 を とても わかりやすく 抜粋していて

TOWER RECORD イナダさんの おすすめ とか

同年代の なぎら さん のコラムとかも

力がはいっていて とても読み応えがあります。

あと 普段着 の オーディオ

みんな どんな 環境でジャズ聴いてる?っていう 特集も おもしろい!

2014年 4月 からの リニューアルに伴い

クラブDJ視点から  わたくしも コラム に

参加させていただくことになりました。

以前から ミュージシャン に焦点をあてて

レコード紹介していた MOONKS ナガイ さんの コーナー に

あわせて、クラブDJ からは、これ!

という、お題 にあわせた セレクト をしていきます。

まずは 初回 の お題

CHARLES ROUSE !

わたしの 現場 では

この2枚 !

『Two is One』  1974年

R-886164-1272692351

ラウズの楽器も知らず、モンクの名曲すら聞かずにぶちあたってしまった私のジャズはこの曲から始まった。

「Hopscotch(石蹴り)」。ヒップホップのネタとしても、ジャケットの存在感としても、

レーベル創設の背景としても文句なくかっこよかったストラタ・イーストからリリースしてくれなかったら

ラウズの存在もここまで強烈にひっかからなかったかもしれない。

ジャズの典型から逸脱してリズムを石蹴りしたような変拍子も異端でクールに感じた。

 

 

タイトル曲 もかっこいい!!!

 

『Soul Mates』 1995年

o0453045011395933999

 

もうひとつはサヒブ・シハブとの2ホーン。1988年録音同年にラウズ(ts)、翌年にシバブ(bs)、

90年にウォルター・ディヴィスJr(p)が他界し1993年にリリースされた遺品。

冒頭の「November Afternoon 」は躍動感あるハードバップで、ジャズダンサーズの得意とするアドリブが満載。

リズムの中からラウズのテナーの特徴が感じ取れて、ラウズってこういう人だったのか、とやっとジャズ的に感じ得た一曲でもありました。

 

 

SAO PAULO UNDERGROUND / TRES CABECAS LOUCURAS
2011

61Biu42TpFL (1)

ブラジルアマゾンのマナウスに移住したロブ・マズレクが、オット-やナナ・ヴァスコンセロスとも共演してきた

ブラジリアン・ドラム/パーカッション奏者、マウリシオ・タカラとスタートさせた2人組。

ソロ名義で活動もしているRob Mazurek(ロブ・マズレク)は、オーネット・コールマンやドン・チェリーも敬愛し、

Chicago Underground 名義でも作品を手がけているコルネット奏者。

( Chicago Underground では『In praise of shadows』(2006年作)が人気が高いようです。)

今回取り上げた

サンパウロ・アンダーグラウンドのプロジェクトは2005年の

デビュー作『 Sauna: Um Dois Tres 』でスタートし、

5164V9FBG6L

ラテン、ジャズ、ポスト・ロック/ポスト・バップという領域にとらわらない、

メロディアスで独特なリズムを作り出していて、自由でPOPな印象があります。

そして

やはり、ドン・チェリーの音色がフィードバックするような瞬間もあり

個人的にもぐっときます。

 

野田努さんが書いている
http://www.dommune.com/ele-king/review/album/002175/
こちらの文章では、

”ポスト・ロックの第一世代であると同時に

ポスト・バップなるサブジャンルの開拓者である”

この ロブ・マズレク のことと、

ジェフ・パーカー、

トータス との関連が書かれていて

とても面白いです。

 

 

FUNKY PEOPLE SPECIAL

DATE 2014.4.5(sat)
PLACE 三重県 四日市 Advantage
OPEN 20:00〜
CHARGE adv.2000yen(1d)/door.2000yen
SPECIAL GUEST DJ 大塚広子
GUEST DJ 鈴木一彰(version city session / material)
DJ 前山敏明(High Spirits / Hotel Brown) / Iwagi legend(アフリカ作戦 / 音三昧)
Yo-suke(FUNKY PEOPLE)/ gino(Advantage)
FOOD 大栄軒製パン所

 

FREEDOM TIME presents DJ KAWASAKI & Yosuke Tominaga Double Release Party

DATE 2014.4.12(sat)
PLACE 大阪 心斎橋 Circus
OPEN 20:00~
CHARGE adv.2500yen(1d)/door.3000yen(1d)
GUEST DJ DJ KAWASAKI / YOSUKE TOMINAGA (CHAMP) / 大塚広子 (CHAMP)
DJ Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive / Especial Records)
Yoshihisa Fujii (Freedom Time)/ Takaharu Furutani (Freedom Time
digmeout ART&DINER) / Kohji Matsuda (Seditional Jazz) / Koichiro Murakawa (Affection)
FOOD macao curry(from digmeout ART&DINER)
MORE INFO *先着50名様にCD-R “Yosuke Tominaga /The Champ” プレゼント!
(会場販売限定のアナログ・アルバムも当日販売致します。)

 

COMPOSE SESSION!!

DATE 2014.4.19(sat)
PLACE 大阪 心斎橋 Musze
OPEN 22:00~
CHARGE adv.1500yen(1D)/door.2000yen(1d)
GUEST DJ 大塚広子
DJ 安田秀典(Bar MUSZE)
RYO(seditional jazz/Session!!!)
山本達郎(Zinnia/BLOW UP)
ISAO(Hit The Spot!/Session!!!)

 

CHAMP

DATE 2014.4.25(fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目
HICKEY / 中島雅人

 

Voyage~11th Anniversary Edition~!

DATE 2014.4.26(sat)
PLACE 北海道 釧路 club GREEN
OPEN 22:00~
CHARGE adv.2000yen/door.2500yen
SPECIAL GUEST DJ SET 大塚 広子 & OIBON
DANCE ”Deep Jazz Style”dancer:SHIHORI
DJ Bee[epp records]/ Kazetta[epp records]
Keigo & Kazuya Atarashi[Voyage]
FOOD Happy Pierrot
VJ Yomo

 

NEW ZION TRIO / Fight Against Babylon Deluxe Edition

 

th_260Front Cover
 

2013  CAPOTE

 

 

ピアノ・ジャズmeets ルーツ・レゲエ/ダブ 。

2011年にリリースされたデビュー作品以降、最新ジャズ・クロスオーバーとして

コアなファンに注目されてきた彼らの第二作は、

オリジナル作品8曲と、リミックス、ダブ、未発表、ライヴ音源の7曲をまとめたスペシャルな二枚組。

ニューヨーク発のフリー・ジャズ界では有名なジェイミー・サフトを中心とした

ピアノ&ローズ、ウッドベース、ドラムのトリオが奏でるレゲエのリズムにローズの美しい音色のメロディが織り成すクールさ

ライヴやリミックスを聞くとエネルギッシュな雰囲気も満載で、まさに今のジャズを感じる内容。

 

 

 

中心人物の ジェイミー・サフトは、ニューヨークのダウンタウン系のミュージシャンと交流が多く、

ジョン・ゾーンのTzadikレーベルからもリーダー作をリリースしています。

90年代後期、ヘヴィーメタルとジャズをミックスしたサウンドで注目されたり、

ピアノからオルガン、アコーディオンなどマルチなキーボーディストとして、

現地のフリージャズ・ミュージシャンとしてさまざまなライブを行っています。

近年はストイックな作品のリリースが多かったなかで、再び、ピアノ・トリオというフレームにもどり

「アンビエント・ダブ・ピアノ」というような、新たな質感のある作品を提示したのがこの

新作です。ジャケットも自らがデザインしたこだわりのパッケージ!

 

とくに、

- Hear I Jah が人気!

 りゅうへいさん!!
もうこの高揚感 最高です!!!!

いつでも DJ現場をおもいおこさせてくれる
RYUHEI THE MAN の MESSAGE From 最新作!

DJ現場にきたことがない方もぜひ
映像もあわせてこの気持ちよさ 体験してほしい!

最新の現場感ある音源もたくさんで
レーベルやまわりのミュージシャン
見えないみなさんの尽力もすごくつたわってくる

いやいや心躍るってこういうことだよな〜

個人的に印象深いのは
富山〜金沢のイベントで一緒していた
V.S.O.P Sessions* 

以前の ここ にもかきましたが

やっぱり確信犯だ! 
 
 ☟ こちらでもチェック

http://www.technique.co.jp/item/105822,UMA001CD.html

『Next Message From The Man5』 Mixed by RYUHEI THE MAN
【価格】 ¥2,095(税抜)  【品番】 LACD-0246
2014/2/19 RELEASE

【TRACK LIST】*印は初CD化楽曲
01. Saint-Petersburg Breakdown Pt.1 / The Soul Surfers *
02. Non Sports / Diazpora *
03. A Name With No Horse / Flying Fish *
04. Apache / Visioneers
05. Soul Power (Lack of Afro Remix) / KOKOLO *
06. Cramp Your Style / Breakestra
07. Deuces Up, Double Down Pt.1 / Breakestra
08. No Trouble On The Mountain / Osaka Monaurail feat. Shirley Davis *
09. 100% (Draaikolk Remix) / Laura Vane & The Vipertones *
10. Be remixed by Indigo Jam Unit / Common
11. Next!! pt2 / V.S.O.P Sessions*
12. NEW D.E.A.L part1 feat. 四方田’Temjin’直人 (Mountain Mocha Kilimanjaro)/ DJ BLACKKEYS*
13. Blackbyrds’ Theme / Mountain Mocha Kilimanjaro
14. Tujunga / Ikebe Shakedown *
15. Black Steel / Reggaelation IndependAnce *
16. Mama Used to Say feat.CENTRAL / COMA-CHI
17. Spirit Of Love feat.Vanessa Freeman & Mike Patto / ROOT SOUL
18. REAL THING (Sakuragarian Full Orchestra Mix) / SHD 3000 feat. MONDAY MICHIRU
19. Endless Dawn (Blowin’It Forever) / A.Y.B. Force
20. The Groove & It’s Synonyms / Los Charly’s Orchestra *
21. Feel The Spirit / South Bronx Community Youth Project *
22. Do It Do It Disco / Myron & E
23. Give Your Love A Chance / Shuya Okino
24. Patience / The Baker Brothers
25. Now We’re Gone / Kings Go Forth
26. Elevate Our Mind / The Super-Phonics
27. Never Did I Stop Loving You / Q.A.S.B. + Ryuhei The Man*

20140213005940_img2_l

QUALIA vol.7

DATE 2014.3.1(sat)
PLACE 大阪 NOON+CAFE
OPEN 15:30~23:00
CHARGE adv.2500yen(1d)/door.3000yen(1d)
MUSUC サトウセイゴ(miraco)/ TOGACEE(YELLMATIC)/ TATSURO(ZINNIA/BLOW UP)
sanshiro a.k.a toughGuy(COSMOS/brankett) / 大塚広子
DANCER 00(小林紀a.k.aShamTheBeat.&WING) / Cana / endless free
kentasious / G-fami / NARI / Digitz / Nous / shijima / THE GROOVE
REIKO(WEDGE SOLE,SPOT) & CHIE(mez-clo)
VJ U-moa(from kanazawa)
SHOP minowa / ecompa / HOMARE / オリヅル・マーク / 水玉コーヒー
占い:クリスタルふみこ / photo:Studio maaya
◎SHOP クオリア ◎クオリア図書館

 

レコードの夜 2周年Anniversary

DATE 2014.3.7(fri)
PLACE 栃木 宇都宮 オブリガート
OPEN 19:00~
CHARGE 2000yen(1クエルボ)
GUEST DJ 大塚広子
DJ 小松大晃 / DAIKI / TDO_K / DUATCH

 

JAZZ PARK

DATE 2014.3.22(sat)
PLACE 徳島 bar txalaparta
OPEN 22:00~
CHARGE 2000yen(1D)
GUEST DJ 大塚広子
DJ TECO / ko-chang / DJ UZI

 

CHAMP

DATE 2014.3.28(fri)
PLACE 渋谷 The Room
OPEN 22:00~
CHARGE 2500yen(1D)
DJ YOSUKE TOMINAGA / OIBON / 大塚広子 / 四丁目
HICKEY / 中島雅人

「Jazz:New Chapter~ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平 (シンコー・ミュージックMOOK)」

ロバート・グラスパーをはじめとした21世紀のジャズ本が
2・14 に発売されました〜

きっとみんな知ってるよね!っておもって
いましたが、
あたらめてご紹介します。

このロバート・グラスパーから広がる・・・現代へのジャズの
ラインは、彼らと同じ30代同世代の音楽体験として
とても共感することが多く
わたしはこの本がでる以前から、執筆、選盤の方々と
情報共有させてもらっていました。

実際に先月のBLUE NOTE TOKYO で
DERRICK HODGE(b)との共演もしながら
生のミュージシャンの音や活動の動きに触れつつ

この流れでどんどんジャズも
革新的になっていくことを(ウキウキ)
期待しています

 

5abde1ac

MakersMark