アフリカン・レアグルーヴの最強DJ、フランク・ゴスナーが初来日

October 03,2014 | Category :  Event | Tag :  Frank Gossner, Voodoo Funk,

voodoofunk_002

 
ビースティー・ボーイズ、DJシャドウ、Qティップを夢中にさせた
アフリカン・レアグルーヴ最強のコレクターにして最高のDJ、フランク・ゴスナーが初来日!

未知のアフロ・グルーヴを求めてアフリカへと渡り、ひたすらレコードを掘り続けること3年。その熱病にかかったかのようなレコード・ハンティングの様子と40時間に及ぶミックス音源をアップしたブログ『Voodoo Funk』が与えた衝撃は、DJやレコード・コレクター、マニアックな辺境音楽ファンに留まらず、ファンク系ミュージシャンやクラブ系のサウンド・クリエイターにまで及ぶ。
アフロ・ファンク~アフロビート~アフロ・ブギー、最強のコレクターにして最高のDJ。辺境現地ディグの火付け役であり、現在のトロピカル・ミュージック~ファンク・シーンにも多大な影響を与えたDJフランク・ゴスナーが、ついに日本にやってくる!

2004年、フランク・ゴスナーはフィラデルフィアのレコード・ショップのバックヤードで、山積みになったアフリカ録音のレコードに出会った。ナイジェリアはラゴスのレーベル、Tabansiのデッドストック。埃だらけのレコードの山から数枚を持ち帰ったフランクは、その中の1枚に衝撃を受ける―― パックス・ニコラス&ザ・ネッティ・ファミリーの『Na Teef Know De Road Of Teef』。のちにフランク自身がリイシューを手がけることになるLPだった。西アフリカのリズムに、ジャズやファンク、サイケデリック・ソウルのエッセンスがとけ込んだその独特のサウンドにすっかり魅了されたフランクは、こうしたレコードを探すのにこれまでのコネクションもインターネットも役に立たないと知るや、アフリカへ旅立つことを決心する。
そして2005年、妻とともにギニアの首都コナクリに移り住むと、その後3年間に渡って、シエラレオネ、ガーナ、ベナン、ナイジェリアなど西アフリカ諸国を、レコードを求めて、またあるときは当時のミュージシャンたちに会うために東奔西走した。
戒厳令下の町から町へ。鉈を手にした強盗に襲われ、ブッシュ・タクシーが立ち往生して、どこともわからぬ場所で幾晩も過ごす……。そんなエピソードとともに、フランクは自身のブログ『Voodoo Funk』を通して、数多のアフリカ産ディープ・ファンク~アフリカン・レア・グルーヴのディスカヴァリーを、ミックス形式で世界に発信し続けた。
そしてビースティー・ボーイズが彼らのオフィシャル・サイトで『Voodoo Funk』を紹介するに至って、フランク・ゴスナーは「世界で最もクレイジーなレコード・ディガー」として一躍注目を集めるようになる。

2008年、アフリカ滞在を終えてNYへと引っ越し、Voodoo Funk PartyやLagos Disco Infernoといったパーティーをスタートさせたフランクのもとを、DJシャドウやQティップらは足しげく訪れ、レコードを大量に購入していったという。
その後も今日に至るまでアフリカで幾度となくレコードを掘り続け、アフロ・ファンク~ディスコの伝道師として、ベルリン、マドリッド、ロンドン、トロントなど、世界中で精力的にDJを行っている。近年はマフト・サイのParadise Bangkokにも出演、アジアや中南米でもツアーを成功させた。
SoundwayやHonest Jonsといった人気レーベルでコンピレーションの監修を手がける他、自身のレーベル、Voodoo Funkからもサイケデリック・エイリアンズの幻盤などをリイシューし、今なおシーンを刺激しつづけているレジェンドの、遅すぎる初来日がついに実現する! 詳しくは soulbonanza.com/voodoofunk まで。

 
voodoofunk_001

 
HARAJUKU WARRIORS presents VOODOO FUNK in OSAKA
10月10日(金)
難波 NIGHT WAX
Charge 2,000yen
Open 23:00

SOUL BONANZA’s AFRO MADNESS feat. VOODOO FUNK & LAGOS DISCO INFERNO
10月12日(日)
新宿 BE-WAVE B1F
Charge 2,000yen(12日、13日の通し券3,000yen)
Open 18:00
※12日、13日の通し券をご希望の方は12日(日)入場の際にエントランスにてお申し付けください。

AFRO POP DISC GUIDE feat. VOODOO FUNK
10月13日(月)
新宿 BE-WAVE B1F
Charge 2,000yen(12日、13日の通し券3,000yen)
Open 18:00
※12日、13日の通し券をご希望の方は12日(日)入場の際にエントランスにてお申し付けください。

 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>