世界最高峰の屋外フリーパーティー、The Do-Over TOKYOがいよいよ今月末に開催

August 06,2015 | Category :  Event Live | Tag :  The Do-Over TOKYO,

unnamed 
サマーシーズンを代表するLA発の野外フリーパーティー、The Do-Over TOKYOがいよいよ今月末に開催

日曜日の午後に太陽の下、心地よい音楽を聴きながら、名物であるサングリアを飲んで、 サマーシーズン到来を満喫するスタイルが人気を呼ぶLA。この土地を代表する洗練された野外フリー・パーティーが「The Do-Over」だ。2005年より、LA を始め世界各都市で開催されてきた「The Do-Over」が、昨年も東京で開催され、4800人もの来場を記録。ちょうど10周年を迎える今年のThe Do-Over TOKYOは、さらに規模をグレードアップして、いよいよ今月末の8月30日(日)に開催される。場所は今年も東京湾を見渡す絶好のロケーション地、晴海客船ターミナル野外広場。

「The Do-Over」が注目を集める大きな特徴のひとつは、“ミステリーゲスト”と呼ばれる出演者=ゲストDJが事前に発表されず、当日その場に行かないとわからないようになっていること。これまでにも、Jazzy Jeff、J.Rocc、A-Trak、Questlove、Just Blaze、Mayer Hawthorne、Theo Parrish、Flying Lotusなど、数多くの豪華出演者が世界各地で毎回ゲストとして登場している。

入場は完全無料だが、公式サイトから事前の登録が必要。詳しくは www.thedoover.jp まで。
 
The Do-Over TOKYO 2015
presented by adidas Originals

[日程] 2015年8月30日(日)
[会場] 東京・晴海客船ターミナル野外広場
[時間] 11:00~20:00
[料金] Free(入場無料/事前登録制)
[主催] The Do -Over TOKYO実行委員会
[公式サイト] www.thedoover.jp
 
unnamed

また、LAでの生誕から今年で10周年を迎えるThe Do-Overが10周年企画 The Do-Over presents… “10 In A Day: Ten City Celebration” のひとつとして、8月30日(日)の東京での開催に先駆け、今週末の8月9日(日)に海外10都市で同時開催というスペシャル企画が敢行される。地元LAはもちろん、ニューヨーク、ハワイ、マイアミ、パリ、トロントなど全10都市で同日開催される。

今年2015年の地元ロサンゼルスでの開催は、ハリウッドの野外クラブLUREで5月~9月にかけて毎月1回開催されている他、特別編としてロサンゼルスの歴史ある観光スポットでもあるGetty CenterやEgyptian Theaterなどの野外スペースでも開催され、エントランスでは長時間に渡って行列ができるなど大反響となった。ミステリーゲストDJ陣も、ビズ・マーキー、Jロック、DJクレイズ、レトマティックなどレジェンド・アーティストから新進気鋭アーティストまで幅広いDJ陣が出演した。

ロサンゼルスでのDo-Overにゲスト出演したJロック(Stones Throw / Beat Junkies)、DJクレイズ(Slow Roast)、そしてDo-Overを主宰するレジデントDJ陣: HAYCOCK & JAMIE STRONGの現地でのライブDJ音源も、8月30日(日)の東京での開催に先駆けて是非チェックしてほしい。
 

J.Rocc Live at the Do-Over Los Angeles – 05.17.15 by Serato on Mixcloud


 
The Do-Over TOKYO 2014 photos :
去年東京で開催されたパーティの模様
unnamed1

unnamed

unnamed (1)

unnamed (2)

unnamed (3)

unnamed (4)

unnamed (5)

unnamed (6)

unnamed (7)

 
The Do-Over Brazil 2014 Video :
2014年ブラジルでのW杯開催期間中に、リオデジャネイロとサンパウロの2都市でスペシャル開催された映像

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>