虎の巣

Posted by     Mountain Mocha Killimanjaro | August 06,2009

こんばんは。木曜担当、キリマンジャロのビート魔術師の岡野Tigerです。

みんな色々テーマを決めてブログというよりコラム的なスタンスで挑んでますね。  一貫性があるって素晴らしい。

今回、Waxpoeticsに見合った題材として、JAMES BROWNの全盛期のお客さんが10代の若者たちだったように、JAPANの若者にも、ブラックミュージック、とりわけFUNK・SOULの素晴らしさを伝えるためにはどうアプローチしたらいいか?を考察してみようか、とも思いましたが、お堅くなってしまい、オ堅イガーになってしまうし、「時代が違う」なんていう夢も無ければ希望も無い結末(これが核心なのかも知れないが)を迎えてしまいそうなので、もう少し、考察の過程を楽しむ為のデータ収集と、諸先輩方々の意見を聞かせて頂き、明瞭な攻め方が見えてきてからにします。

というわけで、来週の虎の巣vol,2は素敵な音シリーズ、第一回はクツ音です。

それでは、また木曜日に。。

Tiger

 

 

 

 

 

backfireA

Share this Article

Like
Tweet
Share