今日の1曲 Mzo

Posted by     Mountain Mocha Killimanjaro | February 04,2014

DAFT PANK “Around The World”

先のグラミー賞でのダフト・パンクとスティーヴィー・ワンダーの共演が話題になったが、俺にとってダフト・パンクといえば確か高校生の頃に観たコレ。映像はミシェル・ゴンドリー監督。のちにYUKIのPVに思いっきりパクられたクリエイティブである。と、書いてて思ったけど、ちょっと前に日本の某ロックバンド(?)がオーストラリアのアーティストのPVクリエイティブを丸パクリして叩かれたり、某ベックスの某田さんのPVなんかも明らかにアメリカの某ほにゃにゃにゃのパクリだったり、PVに限ってなんでそういうことが起きるのでしょう?日本の映像業界には、素晴らしい監督が沢山いるだろうに、どういう仕事のいきさつでそういうことになるのか、実に疑問だ。もしかしてPV作る会議とかで、ミュージシャン側が「こんなのがいいなあ」とか参考PVを出してるのが原因だったりして(他人の曲をカヴァーしたりするノリで)。もしそうだったらやだなぁ…まてよ。そういえば今日は、オリジナル・ラブの「接吻」のメロディを、某若手バンドが新曲でパクって炎上なんて話もあったな…   って話ずれちゃった。

どうしても他人のネタを借りるなら、デフォルメして自分の表現に取り込むか、あるいは、せめてオマージュのレベルにまで仕上げなきゃね。
最初のリスペクトを大事に(自分に言い聞かせている)。

Share this Article

Like
Tweet
Share