沖野修也と行くアナログレコードの良さに触れるレコー道ツアー

February 12,2014 | Category :  News | Tag :  

レコードショッピングモールサウンドファインダーがお送りする、
レコードマニアのための社会見学第4回開催決定。
レコードプレス工場を訪問し、そこでプレスされた
レコードは参加者全員にプレゼント。

 いまだに音楽を聴くにはレコードに限るという人も多い。レコードは耳からの情報だけでなく、五感を使って楽しむもの。ジャケットを眺め、レコードをジャケットから取り出す際の匂いを感じ、プレイヤーにのせた時のドキドキ。レコードショップでレコードを探すというのも、他の買い物ではなかなか味わうことができない感覚。餌箱(レコード棚)からレコードを抜き出し、真剣にそれと向き合う姿はさしずめ、餌を狩るカミキリのよう。ジャケットに書かれている文字や写真は直感的に隠れた名盤と感じることも少なくない。こんな買い物ができるのもレコードならではの醍醐味。ダウンロード販売ではこうもいくまい。

 そんな素晴らしく、ディープな世界を水先案内人沖野修也がやさしくエスコート。彼がこだわり、セレクトした今回の旅行企画。老若男女問わず楽しめるレコー道の開催。

1.沖野修也とともに東洋化成へ訪問し、プレス工場の見学

2.“沖野氏がプロデュースするTAMARIBA” The Roomにて音楽を聴きながら、沖野修也を囲んで懇親会開催

開催概要

3月21 日(金曜日)

12:30 渋谷クロスタワー集合

バスツアーとなります。

費用:10,800 円

申し込みは「旅の発見」から。
http://tabihatsu.jp/program/87322.html

沖野修也プロフィール

 クリエイティヴ・ディレクター/DJ/選曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家/Tokyo
Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来20 年で70 万人の動員を誇る渋谷The Room のプ
ロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE 名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBC ラジオZUBB チャートで3 週連続No.1 の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界35 ヶ国140 都市に招聘されただけでなく、CNN やBILLBOARD 等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。ここ数年は、音楽で空間の価値を変える”サウンド・ブランディング”の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計を手掛けている。2005 年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011 年にフォレスト出版より3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』を発売。DJ が書いたビジネス書として話題となり、Amazon のビジネス書/仕事術のカテゴリーで1 位を記録する。同年7 月、2 枚目となるソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。現在、InterFM『JAZZ ain’t Jazz』(76.1MHz)にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜20 時~)。有線放送内D-47 チャンネルにて”沖野修也presents Music in The Room”を監修している。Web マガジンOPENERS にて、異国の魅力を伝える“Jazzin’ Trip”連載中。SANKEI EXPRESS”サウンドボックス”にて連載執筆中。2014 年1 月29 日、『DESTINY replayed by ROOT SOUL』をリリース。全国リリース・ツアーも決定している。

問い合わせ

info@soundfinder.jp

www.soundfinder.jp

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>