ケンドリック・ラマーが参加した、ファンカデリックのルイ・ヴェガ・リミックスが登場

September 26,2015 | Category :  News Release | Tag :  Funkadelic, George Clinton, Kendrick Lamar, Louie Vega,

funkadelic

 
2014年にリリースされ話題になった、33年ぶりのファンカデリックのアルバム『First You Gotta Shake The Gate』より、「Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?」のリミックスEPがリリースされた。オリジナルはスロウなファンク・ジャムであったが、マスターズ・アット・ワークでお馴染みのルイ・ヴェガによってフロア映えするハウスに仕上げられた新リミックスには、なんとケンドリック・ラマーをフィーチャー。ルイ・ヴェガのリミックスは以前Vega Recordsより12インチでリリースされていたが、今回ケンドリック・ラマーのヴァースを新たに加えてのデジタル配信となった様子。ケンドリック・ラマーの『To Pimp A Butterfly』収録の「Wesley’s Theory」にジョージ・クリントンが参加していたが、そのお返しということだろうか。iTunesで購入できるリミックスEPには、「Louie Vega Remix」以外に「Trumpet Dub」、「Nu-Dub」、「Fred Wesley & Peewee Super Horns Mix」や「Radio Mix」など、様々なバージョンが収まっている。
 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>