ドゥームの曲をヤシーン・ベイがカバーした動画シリーズが話題に

April 06,2015 | Category :  News | Tag :  DOOM, MF DOOM, Mos Def, Yasiin Bey,

Beyondoom

 

ヒップホップでは“カバー”をするアーティストがとても少ないが、フランスのデジタル・アート&カルチャーTV、Cultureboxが去年末から今年の2月にかけて公開した7本の動画が、最近各サイトで取り上げられ話題になっている。これはヤシーン・ベイがドゥームの曲をカバーした動画シリーズ『Beyondoom』であり、それぞれがミュージックビデオのような凝った作りになっている。曲はドゥームのソロ曲(「Beef Rap」)や、マッドヴィレン名義の曲(「Strange Ways」、「Accordion」、「Curls」、「All Caps」、「Rainbows / Fancy Clown / Fazers」)を、ビートやリリックをそのままに、ヤシーン・ベイらしいフロウで解釈したものが主だが、最後の「Mayo Clinic」はドゥームの『Born Like This』の「Microwave Mayo」のリリックを、Jディラがプロデュースしたオーノーの「Move」のトラックにのせたもの。ドゥームの鉄仮面へのトリビュートか、最初は顔を隠した状態でラップし、徐々に素顔を表している。

数年前には、スタジオにいるヤシーン・ベイが、ドゥームのリリックの凄さを語りながら楽しそうにラップしている動画や、ドゥーム本人と一緒にリリックをラップしている動画などが公開され話題になり(ロバート・グラスパーと「Meat Grinder」をカバーしたライブ映像や、自身のライブで「Accordion」をカバーした動画も)、ドゥームの大ファンであることは周知の事実だったが、このように才能溢れるアーティストがまた別の才能溢れるアーティストにトリビュートをしているのを見るのは、両者のファンとしては嬉しいこと。

 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>