新素材「カメレオイドメッシュ」を用いたシューズのキャンペーンとして、JKD Collectiveがブランデッドミュージックビデオをプロデュース

September 28,2016 | Category :  Goods News | Tag :  JKD Collective,

ASICSTIGER-movie

日本のクリエイティブ・シーンをリードするデザイン・スタジオが「アシックスタイガー」の未来的なブランド・ムービーを手がけた。

広告代理店「Beacon Communications」とクリエイティブ・スタジオ「JKD Collective」が「アシックスタイガー」の新商品グローバルキャンペーンを共同制作。新素材「カメレオイドメッシュ」を使った最新シューズの世界での発売に合わせ、日本をリードする映像作家とサウンドデザイナーがミュージックビデオを、日本拠点のアメリカ人アートディレクターがグラフィックを担当。2016年9月21日(水)にアジア・北米・ヨーロッパなど世界的に公開された。

ASICS TIGER Official Site

Branded Music Video

店頭とオンラインにて公開されるブランドムービーでは、見る角度によってたくみに色を変化させる独特な視覚効果を持つ新素材「カメレオイドメッシュ」を用いたシューズの特徴を、映画「2001年宇宙の旅」のために生み出された「スリットスキャン」と呼ばれる映像技術によって表現。監督に映像作家の近藤寛史氏を起用。大都市東京の雑踏の中を生き抜く「都会のカメレオン」が、まるで液体のように変幻自在に自分の姿を消したり目立たせたりしながら、夜の街並みに同化する。サウンドデザイナーのヒムロヨシテルによる繊細で都会的な楽曲により、JKDの得意とするブランデッドミュージックビデオとして仕上げられてる。

近藤寛史(監督)
エフェクティブな映像表現を得意とし演出、編集をトータルに行ない、CM、MV、Short filmなどを手掛ける。自主作品では実写の現実性を非現実性が融合する新しい視点の映像を目指した作品制作を行なう。stnw.org
ヒムロヨシテル(音楽)
卓越したビートアレンジと、繊細かつドラマティックなウワモノを組み合わせたトラックメイキングのセンスを持つ音楽家、サウンドデザイナー。自身の作品を国内外のレーベルから多数リリースする一方で、Sony、Citizen、資生堂、大塚製薬といったブランドのコマーシャル作品を手がけている。

Graphic

Asics_Blue_Horiz
Asics_Red_Horiz

キービジュアルのコンセプトは「TRANSFORM COLOR.」。コンピュターバグによって自然生成されたような「生々しい美しさ」をもつグラフィックは、アートディレクター・シェーンレスターが担当。

シェーンレスター(アートディレクション/デザイン)
東京を拠点に活躍するアメリカ人アートディレクター/デザイナー/映像ディレクター/デジタルアーティスト。極めてハイセンスで、突出したスキルによるグラフィックデザイン、UI、モーショングラフィック、TVCMのディレクション等、Red Bull Music Academy, Apple, JINS等の多岐にわたるクリエイティブを担当。


JKD Collective

HIFANAや高木正勝を世に送り出したことで知られる音楽レーベル「W+K東京LAB」の流れを組む「JKD Collective」は、SNS以降の新しい時代の映像コンテンツと、音楽制作に特化したクリエイティブ・スタジオ/アーティストコレクティブ。日本のクリエイティブシーンをリードするビジュアルクリエイター、ミュージックアーティスト達との強固なクリエティブパートナーシップをもとに、様々な企業、ブランドとの刺激的なコラボレーションを展開している。www.jkdcollective.jp

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>