CLASSICS feat. Jeru the Damaja

January 10,2014 | Category :  News | Tag :  



NYのストリートを体現するアーティストが“CLASSICS”に登場

「ヒップホップの黄金期」と称される90年代にフォーカスし、良質な音の磁場をオーディエンスに提供し続けて、前回ついに8周年の祝祭を迎えることとなった“CLASSICS”。ザ・ビートナッツやジャジー・ジェフというレジェンド級のゲストを迎えた最近の開催では動員記録を連続更新するなど、その熱気はますますパワーアップしつつある。そして9年目のスタートであるこの夜、またしても魅惑のメインアクトの登場が決定した。ジェルー・ザ・ダマジャは、DJプレミアとともに90年代のNYを席巻し、つねにアンダーグラウンドにこだわった創作活動を貫き通してきたアーティストである。唯一無比のパフォーマンスを、絶対に見逃すな。

CLASSICS

feat. Jeru the Damaja

01.25.2014 Saturday

OPEN 23:00
¥3000(1D) LADIES
¥3500(1D) MENS

SOUND MUSEUM VISION

東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F

03-5728-2824

www.vision-tokyo.com

 GAIA
/ 90′s HIP HOP

GUEST: Jeru the Damaja

ACT:

SOUTHPAW CHOP, K-BOOGIE,
REN, ICHI

MICARFy, YUYA,
SARANRAP

LIVE:
SCHOOLZ

VJ:
MKNYone

LIVE PAINT:
GOSPEL FOR TRAMPS

DEEP SPACE /
90′s R&B

GUEST DJ:
TBA

ACT:
YO-GIN,
KENTA (ZZ Production),
ITSUKI

JAMO,
liu,
Sguru,
miho,
denden,
kanaoka

WHITE / SOUL,  FUNK

GUEST DJ:
KASHI DA HANDSAME

ACT:
TOMY-NT (N.T.ORIGINAL),
YUCCI,
D.A.I (THINK BIG INC)

BOZMORI (A.B.P),
DIG-IT (MEATERS),
GENKI

Jeru the Damaja

 ブルックリン育ちのリリカルMC。1994年にPaydayからリリースしたデビューアルバム『The Sun Rises in the East』は、DJプレミアがそのサウンドの全てを手がけ、同時期にリリースされたナズのアルバムと評価を2分するほどの勢いがあった。中でもプロモーションシングルが存在する「Da Bitches」や、未だにプレミアの最高傑作と呼び声の高いデビューシングルの「Come Clean」「D Original」等の秀作ばかり収録されている。ストイックなライミングと、それを支える独特のフロウ、コンシャスなリリックが受け、メジャーアーティストが築き上げつつあった煌びやかなシーンとは全く正反対の、真にストリート実にアンダーグラウンドな傑作が収録されていたファーストアルバムから2年後、2ndアルバム「The Wrath of the Math」(’96)をリリース。内容は評価が高かったのだが、リリース後しばらくしてセールス的な問題が指摘され始めると、プレミア達との「方向性の違い」を理由にギャング・スター・ファウンデーションから去ってしまう。その後の活動は、クォリティコントロールの全てを自分の手の届く場所におき、自ら設立したレーベルKnowsavage Recordsから3枚目のアルバム『Heroz4hire』をリリース。リリースしたシングル「99.9%」は限定数ながらも即完売。最新アルバムは『Divine Design』(’03)で、Edd Dontezがプロデュースしたシングル「War」は、昔ながらの雰囲気に立ち返ったようなサウンドとジェルーの相変わらずストイックなスタイルが評判を呼んでいる。

YOU MUST BE OVER 20

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>