Masanori Ikedaとcro-magnonのキーボーディスト金子巧による、Coastlinesファースト・アルバムが完成

April 17,2019 | Category :  News Release | Tag :  Coastlines, 池田正典, 金子巧,

Coastlines_jacket

DJとして常に第一線を走るMasanori Ikedaと、cro-magnonのキーボーディストとして活躍する金子巧による、極上チルアウト・プロジェクトCoastlines待望のファースト・アルバムが完成。

2018年夏、7インチアナログ “Coastlines EP”で鮮烈なデビューを果たしたCoastlines。同作品は発売後、あっという間にソールドアウトを記録し、今なお探し求めるDJ、ミュージックラヴァーがいる中で、2019年1月には、セカンド・シングル “Coastlines EP2”をリリースし、各ショップのトータルチャートで1位を記録し、国内外のリスナーを虜にしている中、いよいよフル・アルバムとなる”Coastlines”のリリースが決定した。

本作品はDJとして夜毎クラウドをロックし、またMansfield / Masanori Ikeda名義でのリリースでクラウドはもちろん、世界中のヘッズに支持されているMasanori Ikeda (池田正典)と、この春最新アルバムをリリースしたcro-magnonのキーボーディストとしても知られる金子巧がタッグを組み、海岸線(Coastline)などのリラックスした情景を彷彿とさせるリスニング及びライブラリー・ミュージック的な要素を持ち合わせた「沁みる」チルアウト作品である。

“Just The Two Of Us”の作者としても知られるパーカッショニスト、ラルフ・マクドナルドの名曲 “East Dry Rive”、ブラジリアン・モンスター・フュージョングループ、Azymuth “Last Summer In Rio”のカヴァーに、オリジナル楽曲8曲で構成された全10曲のこのアルバムは、ダウンテンポやバレアリック、フュージョン他、様々な音楽性をミックスしたレイドバックなトラック、そして美しくも歌心のあるキーボード・ワークが奔放に舞う楽曲群は、すべての人たちのアフターアワーズにおいて特別なサウンドトラックになるであろう。

Coastlines

発売日:2019年6月26日(水)
価格:2,700円(+税) 
POS:4543034048861
規格番号:DQC-1630
仕様:CD (デジパック)
Flower Records
www.flower-r.com

01. Sunset Reflection
02. East Dry River
03. Coastline
04. Drifting Ice
05. My Fire
06. Woods And My Guitar
07. Half Moon Shadow
08. Last Summer In Rio
09. Maracas Bay
10. Down Town

Coastlines_Picture

Coastlines

DJ / プロデューサーの池田正典 (Masanori Ikeda)とcro-magnonのキーボーディスト金子巧 (Takumi Kaneko)の言わずと知れた2人からなるユニット。昨年、2018年の夏から今年に掛けて次々とEPをバイナルオンリーでFlower Recordsからリリースし瞬時にソールドアウトを重ねヨーロッパにおける名門チルアウト・レーベル、Music For Dreamsからのライセンスオファーが届くなど、現在国内外のミュージック・ラバー達から大きな支持と注目を集めている。これまでダンスミュージック界で活躍してきた2人の、別の顔でもある映像用音楽セッションから生まれたCoastlinesの音楽性は、海岸線 (Coastline)などのリラックスした情景を彷彿させるリスニング及びライブラリー・ミュージック的な特性等も持ち合わせた「沁みる」チルアウト・トラックをクリエイトするプロジェクトである。

池田正典

1990年代初期よりロンドンでDJの活動を始め伝説的クラブWAGなど様々なレジデントDJを務める。帰国後、音楽制作も開始しMasanori Ikeda,Mansfield,Ikeda X,Coastlines他、数々の名義で作品を発表。その諸作品は様々な国内外のメジャー及び良質なインデペンデントレーベル(Flower Records,Colombia,Music for Dreams他)からリリースされ、そして数多くのCM音楽プロデュースも手掛けている。またDJ、選曲家としてオフィシャルMix CDシリーズやコンピレーションアルバム(Avex,EMI,V2他)を各社から多数リリース。現在もその膨大な音楽知識とコレクションから選び抜かれたオブスキュアーなダンスミュージックを様々な空間に合わせシームレスに紡いでいくDJスタイルで長きに渡り活躍している。昨年から今年にかけてはcro-magnonのキーボーディスト金子巧とCoastlinesとしてタッグを組み次々とクロスオーバーかつ心地の良いチルアウト作品をバイナルオンリーでFlower Recordsからリリースし瞬時にソールドアウトを重ね国内外のDJ及びミュージックラバー達の大きな支持と注目を集めている。

金子巧 cro-magnon 鍵盤担当

0歳からPianoと触れ合う。1996年、Jazz Pianistを目指し渡米するも、帰国後一転してHip-Hop、Dance Musicを経て、cro-magnonのメンバーとして活動する。 そして2013年には、ソロアルバム “Unwind” をリリース。 ソロライブと平行してライブの客演や制作協力、セッション等活動は多岐に渡る。 2017年、DJ池田正典とチルアウト・プロジェクト、Coastlinesを始動させる。Flower Records設立20周年記念コンピレーション・アルバム “Past and Future”に楽曲を提供。 そして2018年8月、いよいよ初のアナログ・シングルとなる “Coastlines E.P.をリリースする。2019年3月、6枚目のNew Album “cro-magnon city”をRelease。 常に新たな世界へと挑んでいる、稀代のキーボーディスト。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>