コモン、ロバート・グラスパー、カリーム・リギンスらがホワイトハウスでミニライブを披露

October 06,2016 | Category :  News | Tag :  Common, Derrick Hodge, Karriem Riggins, Keyon Harrold, Robert Glasper,

common-whitehouse

シカゴを代表するラッパーが名曲「I Used to Love H.E.R.」や新曲を米大統領邸宅内で披露した。

10月3日、ホワイトハウスではSouth By South Lawnというイベントが行われ、幅広いトピックのパネルディスカッションや映画上映会、音楽ライブなどがバラク・オバマ米大統領の邸宅で開催された。「アイディア、アートとアクションのフェスティバル」と銘打たれたこのイベントの開催に合わせ、NPR Musicがミニライブ配信シリーズTiny Deskの特別版をホワイトハウスの図書室で開催し、スペシャルゲストにコモンが出演した。

コモンのバックに揃ったミュージシャン陣は、ピアノにロバート・グラスパー、ドラムにカリーム・リギンス、トランペットにキーヨン・ハロルド、フルートにエレーナ・ピンターヒューズ、そしてベースにデリック・ホッジという豪華な面子。ゲスト・ヴォーカリストにビラルまで登場する。「I Used to Love H.E.R.」や、近日発売予定の最新アルバムからの新曲を数曲披露。ジャジーでソウルフル、かつ力強いメッセージに溢れたショートライブが展開した。

コモンの11枚目のスタジオ・アルバムとなる最新作『Black America Again』は11月4日発売。ビラル、スティービー・ワンダー、ロバート・グラスパー、マーシャ・アンブロージアス、ジ・インターネットのシド、BJザ・シカゴ・キッド、ジョン・レジェンドらが参加している。

Set List

“I Used To Love H.E.R.”
“Letter To The Free”
“The Day The Women Took Over”
“Little Chicago Boy”

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>