カット・ケミストがファンキーな未発表曲を公開

July 07,2016 | Category :  News | Tag :  Cut Chemist,

cutchemist-siesta

カット・ケミストが2006年に発表したソロデビュー作の続編が近日リリースされる。

2006年にリリースされたカット・ケミストのアルバム『The Audience’s Listening』に収録されている、イードンとMr.リフをフィーチャーした「Storm」のデモ・バージョンが公開された。アルバムに最終的に収録されたのはポスト・パンクな世界観のビートであったが、オリジナル・デモバージョンであるこちらのトラックは、ファンキーなドラムブレイクをがっつりとサンプリングしている。本人のコメントによると、もともとふたりにラップをレコーディングしてもらったときに渡したトラックはこちらであったが、90年代後半や2000年代前半の作品で定着してしまった自身のイメージを覆し、新しいサウンドを模索したいという思いから、のちにアルバム・バージョンのトラックに差し替えたのだという。このファンキーなトラックのほうがジュラシック5ファンには受けが良さそうだ。

なお、『The Audience’s Listening』の発売から10年経過する2016年7月11日には、続編『The Audience’s Following』が発売される。同作には新曲に加え、2006年の音源の別バージョンや未発表曲が収録されるとのこと。

さらに、カット・ケミストが今から20年前の1996年に制作し、1997年の『Jurassic 5 EP』に収録されたサンプリング・コラージュ「Lesson 6: The Lecture」がリマスターされ、リリースされた。同曲はジュラシック5のデビュー・シングルのB面に収録されたインスト「Lesson 4: The Radio」の続編として制作されたものであり、今回のEPには声ネタなどを省いた「The Instrumental (DIY Version)」と、本人の練習が聴けるデモ音源「The Sketch」が収録されている。今のところBandcampでの購入が可能だが、今後レコードでリリースされることも期待できそうだ。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>