Daniele Baldelli Japan Tour

January 07,2013 | Category :  News | Tag :  

イタリア・ダンスミュージック界のリビングレジェンドが初来日!!

シーンの前線でDJキャリア40年を数えながら、いまだ来日を果たしていなかったアーティストは数少ないだろう。イタリアのLARRY LEVANと称されるDANIELE BALDELLIは、まさにその代表格といえる人物だ。彼が伝説のクラブcosmicでプレイしていたクラッシックスをコンパイル/ミックスした「cosmic the original」は、世界のダンスミュージック・ファンからあらためて高い評価を獲得する名盤だった。そしてこの夜の初来日ギグには、彼のミックススキルに多大な影響を受けたKZA (FORCE OF NATURE)も参戦。AIR2013年の怒涛のスタートダッシュが、ここから始まる。

DANIELE BALDELLI JAPAN TOUR


@Daikanyama AIR
01.11.2013 FRI.

10PM~
¥3500 [1D] Admission

¥3000 [1D] w/Flyer

¥3000 [1D] AIR members

ITALO-DISCO

B2F MAIN FLOOR

DANIELE BALDELLI

KZA

FORCE OF NATURE

5ive

cos/mes

B1F LOUNGE FLOOR

“Hösk Lounge”

Kohein

Some Song Teachers

O・I

MELLOW YELLOW

pAradice

△ | DUNE

Kai Kunimoto

STUDY

jitsumitsu

P.V.C.


DANIELE BALDELLI

コズミックの創始者ダニエル バルデリ。イタリアのラリーレヴァンとも評されるバルデリはdjキャリア40年にも及ぶ来日していなかった最後のビッグネームと言えるだろう。77′-79′のクローズまでレジデントを勤めたイタリアンディスコの伝説的クラブ”baia degli angeli”。ガラス張りのエレベーター式djブースで上下フロアを往来させ、インドア/アウトドアに2つのプールとそれぞれのダンスフロアを設けた計4フロアからなる、シャンパンの川が流れたというイタロディスコ前夜に存在したディスコでプレイしていたクラッシックスをコンパイル/ミックスした「baia degli angeli 1977-1978」、その後のバルデリのスタイルを決定づけたと言える宇宙船のコックピットの様なdjブースでお馴染みの伝説のクラブ”cosmic”でプレイしていたクラッシックスをコンパイル/ミックスしたその名も「cosmic the original」でコズミック再評価が高まり、ここ日本でも数多くのメディアに取り上げられ、force of nature等のアーティストにも多大な影響を与えた。独自の視点からありとあらゆるジャンルの音楽をピックアップし、45rpmの曲を33rpmでプレイしたり(またその反対も)、ディスコやファンクの後にエレクトロニックミュージック、フュージョン、ブラジルなどをプレイし、スティーブライヒのミニマルな楽曲とアフリカのマリンバをミックスしたり、バトゥカーダとクラフトワークをミックスしたり、フェラクティの曲にシンセサイザーで効果音を加えたりと独自のテイストでミックスし、また絶妙なタイミングと各曲のピッチを記憶しているかの如く正確無比なミックススキルで数多くのdjに影響を与え続けて来たまさにdjのオリジネーター。

KZA
サンプリング/ヴァイナル文化への強い愛情を胸に、ダンス・ミュージックを独自のスタンスで追求し続けるDJ/プロデューサー。2009年、KZA名義初のファースト・アルバム『D.A.E.』をMule Musiqのサブ・レーベルEndless Flightからリリース。2010年12月、最新シングル「LeTroublant Acid」をリリース。また2010年よりアナログのみのRe-Edit専門レーベルLet’s Get Lostをスタート。

5ive
パートナーのflaticと共に、他社比社の音楽制作・DJデュオCOS/MESとして活動中。COS/MESでの主な作品は07年にリリースした1stアルバム「OST/Sadistic Skatepark」(FUNIKIRECORDS/SWC)。08年スウェーデンのレーベルHIGH FEELINGSから同名の7INCHをリリース。同盤収録の”FANFARE MANIAC”はAMEのチャートにピックアップされ、”BUILD THE BAND”はPRINS THOMASのMIX CD “Prins Thomas Mixes Live At Robert Johnson Vol.2″に収録されるなど国内外で高い評価を受ける。2009年には2nd Album「Gozmez Land – Chaosexotica -」(SWC)をリリース。 2010年にはNYを拠点に活躍するプロデューサーLovefingers、The StallionsことAndrew Hoggeが主宰するレーベルESP InstituteからもCDアルバムがワールドワイドでリリースされ、世界中のシーンにおいてその名を轟かせ、認知度は一気に上昇。また、Welcome Stranger aka Thomas Ballock (Rub’n’Tug), Jonny Nash (Sombrero Galaxy, Discossession), TBD (Justin Van Der Volgen (ex. !!!) & Lee Dauglas)によるRemixが収録された4枚の12″アナログをリリース。目下幾つものRemixプロジェクトと新曲制作進行中。2011年にはCHIDA主宰”ENE”とCOS/MES主宰”FUNIKI”の合体レーベル”FUNIKI ENE(フンイキイーネ)”をスタート。現在は廃盤の1stアルバムのリマスタリング盤「SADISTIC SKATEPARK [REMASTERED]」をリリース。7月にはCHIDA6ヶ所に及ぶヨーロッパツアーを敢行し、成功を収める。

http://underground.jp

pAradice
’06に三軒茶屋のDJbar、DUNEで勤務と同時にDJを始めるtech,houseをベースにしつつもDJbar文化の中で煮込まれた様々な音楽と空気を吸収し時代、ジャンルをまたぎながら、jazz、rock、worldmusicを多彩にmixし独自の世界観をそうぞうする。自身で『△delta;』@orbitを主宰する他、都内各所よばれるままに音を持ち寄り。2010年から『Life Force』にも参加している。

Kai Kunimoto
1980年生まれ。”快”楽的なダンスミュージックを中心に多幸感追求型DJとしてマイペースに活動中。2004年~2010年に”Unfinished Sympathy”というパーティーを主宰し、沢山のアーティスト、DJ達と交流を深めた。現在は渋谷KOARA、青山TUNNELでのレジデントパーティーに参加中。また2010年9月に世田谷の松陰神社前に洒脱系大衆カフェ兼イベントスペース”STUDY”をオープン。店長として日々お勉め中。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>