VISIONのカウントダウンイベントにレジェンドDerrick Mayが登場、ContactはTimmy Regisford

December 27,2018 | Category :  Event News | Tag :  Derrick May, Timmy Regisford,

1231

2011年、2012年とVISIONで唯一2年連続カウントダウンでのDJを務めたデトロイトのレジェンドDerrick Mayがカウントダウンに帰還!!

SOUND MUSEUM VISIONの初めてのカウントダウンであり、史上最高のカウントダウンパーティと称された2011年カウントダウンパーティをJEFF MILLSと共に務めた、デトロイトのレジェンドDerrick May。続く2012年にはKevin Saundersonと共にカウントダウンパーティを務め、彼が築き上げたキャリアに裏付けされた、この2年間でのカウントダウンでのプレイは大勢のクラウドの脳裏に焼きつき、今なお語り草になっている。

そして今年、平成最後と言うメモリアルなカウントダウンを演出するため、Derrick MayがSOUND MUSEUM VISIONに帰還する。

この素晴らしいニュースは、日本人だけでなく、カウントダウンに渋谷に集まる世界中の人々達を歓喜させるものであり、カウントダウンを感動の渦に巻き込む一夜になることを約束されたと同意義であろう。平成最後のメモリアルなカウントダウンを是非心待ちいただきたい。

Contactの今年のカウントダウンはTimmy Regisfordが登場

Contactの今年のカウントダウンは、魂の解放者として数々のダンスフロアで多くのミュージックラバーに明日への希望を与えてきたTimmy Regisfordが登場。語り草となっている80年代中盤のニューヨークでガラージハウスとアフリカの音楽を軸にシーンをリードしたTimmy Regisfordは、熱狂と情熱を引き出す術を知り尽くしている。その経験に裏付けられた確かなスキルは、新年を迎えるこの夜、Studio Xフロアを最初から最後まで導いてもらうのにふさわしいと言えるだろう。
こちらのイベント情報は以下までチェックして下さい。
www.contacttokyo.com

VISION NEW YEARS EVE PARTY COUNTDOWN to 2019

12/31(MON)
OPEN 21:00
21:00-23:00 3,500 yen
23:00-03:30 5,000 yen
03:30-Close 3,500 yen
一般前売り 3,500 yen
UNDER 23 2,500 yen

ARTIST

Derrick May
KEN ISHII

WHITE

BOBBY
YURINA
¥ES
C.O
KEN1
YoHey
Kirkstripes
Highball
心音
MK

D-LOUNGE

FOOD:割烹DISCO大蔵

Derrick May press pic 02

Derrick May

1980年代後半、デトロイトから世界へ向けて放たれた「Strings Of Life」は、新しい時代の幕開けを告げる名曲であった。自身のレーベル”Transmat”からRhythim Is Rhythim名義で「Nudo Photo」、「The Beginning」、「Icon」、「Beyond The Dance」等今でも色褪せない輝きを放つ数々の傑作を発表し、Juan Atkins、Kevin Saundersonと共にデトロイトテクノのオリジネ—ターとして世界中のダンスミュージックシーンに多大な影響を与える。シカゴハウスの伝説のDJ Ron Hardyや ‘Godfather Of House’ Frankie Knucklesに多大な影響を受け、Music Instituteで確立されたその斬新なDJプレイは唯一無二。時代に流されることなく普遍的輝きを放ち、テクノファンのみならず全てのダンスミュージックファンから絶大なる支持を得ている。そして2010年、レコード店に衝撃的ニュースが流れる。何と実に13年ぶりとなる待望のミックスCDをリリースしたのだ。「Mixed by Derrick May x Air」と題された同作は1月に発表され国内外で大反響を巻き起こした。スタジオライブ一発録りで制作されたそのミックスには、彼のDJの全てが凝縮されていると言って良い。そこには ‘熱く煮えたぎるソウル’、’多彩な展開で魅せるストーリー’、’華麗なミックステクニック’等天才DJにしか作り得ない独特の世界がある。自分の信じている音楽やファンへの情熱全てを注ぎ込んだかのような圧倒的パワーがそこには存在する。聴くものを別次元の世界へと誘ってしまうほどだ。世界中を旅していて日本でのプレイが最も好きだと語るDerrick May、彼は本当に心から日本のファンの方達を大切にしているのだ。2011年には奇跡的に「Mixed by Derrick May x Air vol.2」を発表。また、2013年には自身のレーベルである”Transmat”のコンピレーションCD「Transmat 4-Beyond the Dance」を発表し更なる注目を集めている。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>