Hennessy artistry @XEX NIHONBASHI

November 12,2012 | Category :  News | Tag :  

国内で人気イベントとして各業界から注目を集めている”Hennessy artistry (ヘネシーアーティストリー)”。 2006年よりブランドのグローバルなミュージック・プラットフォームとして開始、”THE ART OF BLENDING”をテーマに、様々なジャンルやスタイル、 文化、才能をブレンドし芸術性を創出しているグローバルなムーブメントは、今日、世界中のアーティスト、ミュージック・ラヴァー、パーティーピープルを魅了し続け、様々なスタイルで常に新しい話題を創出してきた。
来る11月30日(金)に、XEX NIHONBASHIにて、新たな伝説の一夜をHennessy artistryが演出する。今回の出演者は、60〜70年代のファンクムーヴメントをジェイムズ・ブラウンと共に牽引してきた伝説のトロンボーン奏者、フレッド・ウェズリーを迎え、日本を代表するファンク・グループのオーサカモノレールがフレッド・ウェズリーと共演。その他にも国内から世界レベルのアーティスト&DJ達が集結し、イベントに華を添える。

Hennessy artistry
オフィシャルサイト

http://www.hennessy-artistry.jp

Hennessy artistry

@XEX NIHONBASHI

DATE 2012.11.30 (FRI)

START 20:30

ENTRANCE (+ 1 HENNESSY MIXER)

DOOR: ¥3,000 | WITH FLYER: ¥2,500

出演
Fred Wesley meets Osaka Monaurail
三宅洋平 × LATYR SY
Daisuke Kuroda
DJ Mitsu The Beats
D.L
Hickey
Tee

ADDRESS

XEX NIHONBASHI

東京都中央区日本橋室町2丁目4-3
YUITO/日本橋室町野村ビル4階

http://www.ystable.co.jp/restaurant/xexnihonbashi/index.html

YUITO/Nihonbashi-Muromachi-
Nomura Bld. 4F

2-4-3 Nihonbashi-Muromachi
Chuo-ku, Tokyo

TEL : 03-3548-0065

東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前」駅
A9出口直結

A9 Exit of MITSUKOSHIMAE Stn. on
the GINZA & HANZOMON subway line.

当店では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

60-70年代のファンクムーヴメントをジェイムズ・ブラウンと共に牽引してきた伝説のトロンボーン奏者。J.B’s のバンド・リーダー、70年代後半にはパーラメントーファンカデリックのメンバーとして世界中のオーディエンスを魅了してきた。1973年に発表したフレッド・ウェズリー名義のシングル「ドゥイング・イット・トゥ・デス」は、100万枚以上の売上げを記録し、RIAA よりゴールド・ディスク賞を受賞。これまでレイ・チャールズ、ライオネ ル・ハンプトン、ランディー・クロフォード、バネッサ・ウィリアムズ、ヴァン・モリソン、デ・ラ・ソウルといった大物アーティストとの共演を果たす。

funkyfredwesley.com



本年、結成20周年を迎えた。’92年の結成から一貫して「1968~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、9人編成のFUNKオーケストラとして世界のファンクシーンの第一線を走り続けて来た。徹底的なこだわりのライブ、レコーディングに加え、70sブラックムービーの自主配給なども手掛ける。マーヴァ=ホイットニーをプロデュースするなど海外での評価も高く、2006年以来、毎年ヨーロッパ遠征ツアーを行う。2012年も春には欧州にて30日間で8カ国全24公演、夏には欧州とカナダのフェスティバル14箇所を巡るツアーを敢行し、世界最大規模のジャズフェスティバルといわれるカナダのモントリオール国際ジャズフェスティバルへの出場も果たした。

www.osakamonaurail.com

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>