アイザック・ヘイズが遺した未発表楽曲が今後リリース予定

August 23,2014 | Category :  News | Tag :  Isaac Hayes,


ファンク/ソウル界のレジェンド、アイザック・ヘイズが他界してから6年が経過したが、彼の遺産を後世へ伝えることを目的に、彼の遺族によってIsaac Hayes Enterprisesが立ち上げられた。彼の息子であり会社の社長を務めるアイザック・ヘイズ三世は、アイザック・ヘイズが遺した未発表楽曲を今後リリースする予定であると明かしている。
 

 
アイザック・ヘイズは22枚のアルバム、5枚のサウンドトラック、3枚のライブアルバムを遺しているが、日の目を見なかった作品も多々ある。テネシーに保管されていたマスターテープをアイザック・ヘイズ三世は長い時間をかけ、少しずつデジタル・リマスターしており、それらの作品を今後何らかの形で世に出して行くとのこと。こういったテープには、自身のレーベル、Hot Buttered Soulから出す予定であった楽曲や、他アーティスト用のプロデュース作、メジャー・ハリスやドナルド・バードとの録音セッションからのアウトテイク、そしてソウル、ファンク、ディスコ、ロック、カントリー、ブルースなど幅広いジャンルのインスト曲が数々見つかったという。更に、アイザック・ヘイズ三世は一部のプロデューサーを対象にこれら未発表曲のリスニングセッションを行っており、今後、プロデューサーやレコード会社との楽曲のライセンス契約も考えている。
 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>