J DILLA’S DONUTS (33 1/3 Books)

March 03,2014 | Category :  News | Tag :  


J ディラの『Donuts』にフォーカスした130 ページの書籍が発売

 Stones Throw のリリースの中で、もし130 ページの本を書き上げるほど興味深いアルバムがあるとしたら、それはJ ディラの『Donuts』だろう。発売直後にディラが惜しくも他界してしまい、特に意味の深い作品となったこのアルバムは、Stones Throw が最も誇りに思っているリリースだ。毎回クラシック・アルバムを取り上げるBloomsbury 社のブック・シリーズ、33 1/3 の最新刊『J Dilla’s Donuts』は、この名盤にフォーカスしており、4 月24 日に店頭に並ぶ(日本国内での販売は未定)。Stones Throw のオンライン・ストアにて、現在予約受付中。価格は$ 14.50。
 トロントを拠点にするライターの著者ジョーダン・ファーガソンは、Stones Throw のピーナッツ・バター・ウルフや、ジェフ・ジャンク、イーゴンなど、このアルバムの制作に関わったほぼ全ての人々や、彼のロサンゼルスとデトロイト時代の友人達に話をきいた。『Donuts』というアルバムのメイキングだけに焦点を絞らず、この本ではディラのキャリアを全体的に捉え、彼の音楽スタイルや受けた影響、彼の作った音楽そのものにも目を向ける。本のジャケットにはこう書かれている。「哲学、批判理論、音楽学、そしてディラ本人の過去作を参照したジョーダン・ファーガソンは、『Donuts』に見受けられる矛盾、憤り、対抗心といった要素が、健康が徐々に悪化した現状から生まれたものであり、このアルバムは死期が迫った芸術家の “後期のスタイル” の典型例であり、何世紀にも渡り、多くの音楽家たちが残して来た後期の作品と同列に語られるべき名作だと、綴っている」。

Stones Throw Store

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>