話題のソウルユニット、ジャック・ムーヴスが来日

February 08,2016 | Category :  Live News | Tag :  The Jack Moves,

the jack moves

モダン・ヴィンテージ・ソウル界期待の新星が日本で初の公演を披露する。

メイヤー・ホーソーン、アロエ・ブラックなどに続くモダン・ソウルの期待の新人として現在大いに注目を集めているジャック・ムーヴスは、米ニュージャージー州ニューアークを拠点にするシンガー/マルチ奏者のズィー・デスモンデスと、プロデューサー/ドラマーのテディー・パウエルからなる二人組。ストリート・カルチャーをバックボーンに、メロウなソウルからブギー・ファンク、ディスコまで幅広い音楽性を咀嚼した、ポップでスウィートなサウンドが詰まった彼らのデビュー・アルバムは目下話題沸騰中だが、そんな彼らがバンドを引き連れてビルボードに初登場する。

ザ・ジャック・ムーヴス

  • 料金:¥6,900(サービス) / ¥5,400(カジュアル)
  • 予約受付開始:会員:2/12(金) / 一般:2/19(金)

The Jack Moves

シンガー/マルチ奏者のズィー・デスモンデスと、プロデューサー/ドラマーのテディー・パウエルの2人が、ニューヨークのスケートパークで知り合い、ヒップホップやソウルを通じて意気投合し結成されたザ・ジャック・ムーヴス。

彼らのサウンドの特徴としてまず挙げられるのが、ズィーのソウルフルなファルセットである。そのスウィートな歌声は、作品全体に品のあるポップさを纏わせつつ、ダリル・ホール、ボビー・コールドウェルといったブルー・アイド・ソウルの先達はもちろん、マイケル・ジャクソンの歌声を彷彿させる瞬間さえある。そして、ブギー・ファンク~アーバン・ソウル、ディスコのテイストが含まれた楽曲群は、ソウル・ファンのみならず、ロックやポップ・ミュージックのリスナーまでをも魅了してしまうであろう。2016年1月16日には、Beat Recordsよりデビュー・アルバム『The Jack Moves』の日本盤CDが、ボーナス・トラックを含み発売されている。

Wax Poetics Japan No.43では、ジャック・ムーヴスのインタビュー記事を掲載。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>