[R.I.P. J Dilla] Jロックとカリーム・リギンスによるJディラ・セッション

February 09,2016 | Category :  News | Tag :  J Dilla, J Rocc, Jeff "Chairman" Mao, Karriem Riggins, RBMA Radio, Stones Throw,

dungeon360-kr-jrocc

Jディラが他界して10年。追悼セッションやミックスが続々登場。

2月は毎年恒例のJディラ・マンスであり、今年は10年という節目もあり、ディラ・ファンにとっては特にスペシャルな月となっているが、先週同様、今週も続々と偉大なるヒップホップ・プロデューサーに捧げたトリビュートが公開されている。

Karriem Riggins & J Rocc – “Dungeon Sessions”

ロサンゼルスのStones Throw本社の倉庫にて行われるセッションシリーズ、Dungeon Sessionsの最新作は、かのJディラの名曲「Lightworks」と「E=MC²」を即興で演奏するJロックカリーム・リギンスのジャム・セッション。360度のイマーシヴ動画であり、左上の矢印で360度自由に移動することが可能な、VR体験のできるスペシャルな映像になっており、セッションの内容はもちろん動画そのものも見ていて飽きない。推奨環境はYouTubeのアプリを使ってのモバイルで視聴ということであり、1080s HDの設定が最適とのこと。

Jeff Chairman Mao – “Mo Meta Dilla: A Tribute to J Dilla Tributes”

dilla tribute

こちらはディラ・トリビュートへのトリビュートという、一風変わった趣向。RBMA Radioで配信されている、ライター/DJのジェフ・マオが手がけた同ミックスは、ロバート・グラスパー、ディアンジェロ、DJスピナ、ザ・ルーツ、エリカ・バドゥらによってここ10年の間で生み出されてきた、ディラ曲のカバー、リサンプル、ディラ・ビートを用いたラップ曲、そしてディラに捧げたオリジナル曲などを網羅した内容になっており、デトロイトの才人がどれほど多くにインスピレーションを与え続けているかが伝わってくるミックスである。トラックリストはこちらから確認できる。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>