カニエ・ウエストの2001年のデモ・ビートテープが公開

April 29,2015 | Category :  News | Tag :  Kanye West,

kanye-beat-tape-2001

 

カニエ・ウエストがRoc-A-Fellaなどのアーティストを手がけるヒットメイカーとして名を上げ始めた頃であり、ソロアーティストとしてブレイクする直前の2001年頃に作られた音源がYouTubeにアップされた。これは当時、Interscopeとラッパーとして契約していたジェンセン・カープがカニエから受け取ったビートCDであり、その後忘れられ、長年倉庫で眠っていたもの。倉庫を整理していた際に発見したという。

ビートはサンプリング主体のシンプルなものが多く、現在のカニエの音楽とは随分違うが、『College Dropout』のサウンドの原型となっているビートもあり、プロデューサーとしての彼の成長が伺える。

 

 

Disc 2はこちらで聴くことが可能。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>