King of JP Jazz

February 18,2011 | Category :  News | Tag :  King of JP Jazz,

CTIに続く第二弾は、今年創立80周年を迎える和ジャズの宝庫である 

老舗レーベル、キングレコードとのコンピレーション!
2011年3月2日 一挙3タイトル同時発売 !!

Wax Poetics Japan Compiled Series ~ King of JP Jazz 

膨大かつ重要な国産ジャズのカタログを有するキング・レコードと、ブラック・ミュークの文脈から ジャズにスポットを当てる雑誌のワックス・ポエティックス・ジャパンがタッグを組み、 クラブ・ミュージックとしてのジャズという切り口で改めて国産ジャズの素晴らしい作品を紹介。 国産ジャズには今まであまり縁のなかった人たちが手に取りやすい導入的なもの、 他の音楽ジャンルのコンピと同じような感覚で手軽に楽しんでもらえるようなものを目指している。大まかな年代軸で3つに分け、『JP Jazz 60’s-70’s』が1960年代(一部1970年代の音源も含む)のハード・バップやモード、 『JP Jazz 70’s』が1970年前半から中盤のジャズ・ロックやジャズ・ファンク、『JP Jazz 70’s-80’s』が 1970年代後半から1980年代前半のフュージョンやクロスオーヴァーというセレクション。

キングレコードに現存する貴重な資料を元に、現在のジャズ・シーンに多大な影響を与え続けるDJ/ライター小川充が選曲・執筆・解説を担当。なかなかお目にかかれない貴重なジャケット写真を付属ブックレットに収録し、また昭和ジャズ界のビッグネーム達の貴重音源を惜しげもなくコンパイルした永久保存盤!

ジャケット写真には、HIP HOP界の名作ジャケットを手がけ、数々のアーティストから絶大なる信頼を
寄せられるフォトグラファー2名を起用! 日本企画でのCDジャケットを手がけるのは初となります。 
B+『Soul Bamboo』/『Mixed Roots』
Eric Coleman『Deux Step』   
from Mochilla (LA , USA)  

Wax Poetics Japan
Compiled Series 


『Deux Step』
King of JP Jazz 60’s-70’s 
 2011.03.02 発売

税込¥2,200
[KICJ-610] 

King Records×Wax Poetics Japanコラボ企画によるJP Jazzコンピ第1弾。1960年代の日本のジャズ発展期を中心に、ハード・バップ~モード・スタイルのモダン・ジャズの名曲をセレクト。白木秀雄、宮沢昭、秋吉敏子、松本英彦、八木正生ら日本のジャズ界を牽引したトップ・スターたちの貴重な作品を15曲収録。ワールドワイドに見ても優れたジャズ・ナンバーであると同時に、日本人ならではのオリジナリティを感じさせる意欲的なこれら作品は、日本のジャズ史の中でも高い評価を得てきた。それに加えて、今回はクラブ・ジャズ・シーンでも脚光を浴びたダンサブルなナンバーを中心とするセレクトにより、JP Jazzの新たな魅力を提案。
ジャケット写真はEric Colemanによるもの。 
【収録曲】

1.山女魚/宮沢昭
Yamame / Akira Miyazawa

2.グルーヴィー・サンバ / 白木秀雄クインテット
Groovy Samba / Hideo Shiraki Quintet

3.ジンク / チャーリー・マリアーノ、八木正生、松本英彦、白木秀雄
Jinku / Charlie Mariano,Masao Yagi,Shiraki Hideo, etc.

4.赤坂の夜は更けて / 白木秀雄クインテット
Akasaka after Dark / Hideo Shiraki Quintet

5.フランケン・アーネスト / 中村誠一クインテット
Frank’n Earnest / Seiichi Nakamura Quintet

6.ドゥーイング・ザ・シング / 白木秀雄クインテット・プラス・ワン
Doing the Thing / Hideo Shiraki Quintet Plus One

7.チュニジアの夜 / 原信夫とシャープス&フラッツ+オールスターズ
Night in Tunisia /
Nobuo Hara And Sharps & Flats Plus The All-Stars

8.ドゥー・ステップ / 白木秀雄クインテット
Deux Step / Hideo Shiraki Quintet

9.マンテカ / 原信夫とシャープス&フラッツ+オールスターズ
Manteca / Nobuo Hara And Sharps & Flats Plus The All-Stars

10.キャラヴァン / 白木秀雄クインテット
Caravan / Hideo Shiraki Quintet
11.ライク・ソニー / 宮沢昭
Like Sonny / Akira Miyazawa

12.スウィンギング・ザ・サンバ / 白木秀雄クインテット・プラス・ワン
Swinging the Samba / Hideo Shiraki Quintet Plus One

13.かわいい小鳥 / 松本英彦クヮルテット
This Little Bird / Hidehiko Matsumoto Quartet

14.オールド・パルス / 秋吉敏子
Old Pulse / Toshiko Akiyoshi

15.サヨナラ・ブルース / 白木秀雄クインテット
Sayonara Blues / Hideo Shiraki Quintet


Wax Poetics Japan
Compiled Series 

『Soul Bamboo』
King of JP Jazz 70’s

2011.03.02 発売 税込¥2,200 [KICJ-611]【収録曲】

King Records×Wax Poetics Japanコラボ企画によるJP Jazzコンピ第2弾。1970年代前半から中盤、ジャズがロックやファンクと融合した熱い時代から作品をセレクト。これらジャズに実験性とラジカルな精神を持ち込んだ作品は、レア・グルーヴ、スピリチュアル・ジャズ、ブラック・ジャズ的な視点でも注目される。世界中のDJやクリエイターが驚嘆した村岡実の尺八ブレイクビーツ、横田年昭のサイケ&トライバル・グルーヴ、猪俣猛と写真家加納典明の異種格闘コラボ、ジョージ大塚のミニー・リパートン・カヴァー、スキャットの女王伊集加代子が参加したシンガーズ・スリー、初CD化となるリチャード・パインの貴重音源など全11曲収録。
ジャケット写真はB+によるもの。 

1.ソウル・バンブー / 村岡実
Soul Bamboo / Minoru Muraoka

2.組曲「太陽はまだ暑く燃えていた……」 光の洪水 / 横田年昭とビート・ジェネレーション
Suites “Le Soleil etait Encore Chaud” Clair Deluge / Toshiaki Yokota And The Beat Generation

3.憂 (ブルー) / 猪俣猛とサウンド・リミテッド
Blue / Takeshi Inomata And The Sound Limited

4.シー・シー・ライダー / シンガーズ・スリー
See See Rider / Singers Three

5.レフト・ライト / リチャード・パイン&カンパニー
Left Right / Richard Pine & Company

6.ジュディーズ・サンバ / 中村誠一クインテット
Judy’s Samba / Seiichi Nakamura Quintet

7.イーライズ・カミング / シンガーズ・スリー
Eli’s Coming / Singers Three

8.陰と陽 / 村岡実
Negative and Positive / Minoru Muraoka

9.サマータイム / リチャード・パイン&カンパニー
Summertime / Richard Pine & Company

10.祈り エンディング・サンバ /
横田年昭とビート・ジェネレーション
Reza / Ending Samba /
Toshiaki Yokota And The Beat Generation

11.ラヴィング・ユー / ジョージ大塚クインテット
Loving You / George Ohtsuka Quinte

Wax Poetics Japan
Compiled Series


『Mixed Roots』
King of JP Jazz 70’s-80’s 
 2011.03.02 発売

税込¥2,200
[KICJ-612]

King Records×Wax Poetics Japanコラボ企画によるJP Jazzコンピ第3弾。1970年代後半から1980年代前半のフュージョン/クロスオーヴァー時代を中心にセレクト。日米混合プロジェクトマンハッタン・フォーカスほか、大野俊三などによる海外ミュージシャンとの共演作、本田俊之、鈴木勲+山本剛によるメロウなブラジリアン・ジャズ、益田幹夫、村岡建、八木正生がディスコ/ブギーに挑戦したナンバー、池田芳夫によるディープ&スピリチュアルな意欲作、今田勝+弘勢憲二、大友義雄による躍動的なジャズ・サンバ、クラブ・ジャズ・シーンでも人気の板橋文夫の叙情的美曲など全12曲収録。初CD化の貴重音源も多数。
ジャケット写真はB+によるもの。 
【収録曲】

1.ウィスパリング・ウィーズ / 池田芳夫クインテット
Whispering Weeds / Yoshio Ikeda Quintet

2.ザ・ログブック / 今田勝+弘勢憲二カルテット
The Logbook / Masaru Imada , Kenji Kosei Quartet

3.センチメンタル・ステップス / 大友義雄カルテット
Sentimental Steps / Yoshio Otomo Quartet

4.ミックスド・ルーツ / マンハッタン・フォーカス
Mixed Roots / Manhattan Focus

5.モンゴリアン・チャント / 鈴木勲とニュー・ファミリー
Mongolian Chant / Isao Suzuki And New Family

6.ロー・イースト・サイド / 大野俊三
Low East Side / Shunzo Ohno

7.ノー・イフス・ノー・バッツ / 八木正生
No Ifs, No Buts / Masao Yagi

8.レッツ・ゲット・トゥゲザー / 益田幹夫
Let’s Get Together / Mikio Masuda

9.レディー・ブギー / 村岡建とヒズ・グループ
Lady Boogie / Takeru Muraoka And His New Group

10.ラメント / 本多俊之
Lamento / Toshiyuki Honda

11.ラスト・サマー / 板橋文夫
Last Summer / Fumio Itabashi

12.テンダリー / 鈴木勲ウィズ山本剛
Tenderly / Isao Suzuki / Tsuyoshi Yamamoto


3タイトル店頭同時購入特典として特製12inchヴァイナルプレゼント

『The Reconstruction Of JP Jazz』12inch
【収録曲】
A-1
Manteca “soulful version” / Remix by Kuniyuki Takahashi
○KICJ-610 Deux Step-King of Japanese 60’s-70’s Jazz収録
TR9 マンテカ / 原信夫とシャープ&フラッツ+オールスターズ


A-2
Tenderly / toropico edit By ALTZ
○KICJ-612 Mixed Roots-King of Japanese 70’s-80’s Jazz収録 
TR12 テンダリー / 鈴木勲ウィズ山本剛
 

AA-1
Mixed Roots(Extended Re-Edit) / Re-Edit By Kza from Force Of Nature
○KICJ-612 Mixed Roots-King of Japanese 70’s-80’s Jazz収録 
TR4 ミックスド・ルーツ / マンハッタン・フォーカス
 
AA-2
Mongolian Chant 2011 Re:Construction / RMX by JUZU a.k.a. MOOCHY
○KICJ-612 Mixed Roots-King of Japanese 70’s-80’s Jazz収録 
TR5 モンゴリアン・チャント / 鈴木勲とニュー・ファミリー


Kuniyuki Takahashi

札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashiこと高橋クニユキ。 彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。 Joe Claussell主宰[Spiritual Life]傘下の[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、 札幌の名クラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4Heroの2000Blackのコンピ参加、 Ananda Projectの名曲「Cascade of Colour」のリミックス・リリースなどジャンルレスな音楽形態を持ちながら、 日々新しい音楽の形をクリエイトしている。[Mule Musiq]よりKuniyuki名義でのニューシングル「Earth Beats」をリリースし、 Francois Kevorkian、Larry Heard、Ian Obrien、Joe Claussell等、数多くのDJからプレイされ、圧倒的な支持を得た。


ALTZ

ALTZMUSICA主賓。2001年FLOWER OF LIFEの始動後、トラックライブ・DJ・スタジオワークを様々な名義を使い分け、U.K.「BEAR FUNK」、US 「DFA」、「LUNAFLICKS」,JP「時空」レーベルからのアルバムやepを多数リリース。ローカルからフェスまでを自由に渡り歩き、 アルツの愉快で不思議な音世界はゆっくりとだが確実に浸透中!!! WALTZ、ADaltz名義でのブート制作や、国内外のアーティストの数々のリミックス、CMのプロダクションなどでも手腕を発揮。近作では、70S` サンフランシスコジャズの巨匠ローランド P. ヤングのエディットアルム Escape : The Reconstruction of Isophonic Boogie Woogie を発表した。そして現在、レーベルAltzmusicaでは、自らのサウンドの他になど様々なアーティストのリリースを控えている。 


KZA (FORCE OF NATURE)

サンプリング/ヴァイナル文化への強い愛情を胸に、 ダンス・ミュージックを独自のスタンスで追求し続けるDJ/プロデューサー。 2009年KZA名義初の1st ALBUM 『D.A.E.』をMULE MUSIQのサブ・レーベルENDLESS FLIGHTからリリース。 2010年12月最新シングル”LE TROUBLANT ACID”をリリース。 2010年よりアナログのみのRE-EDIT専門レーベルLET’S GET LOSTをスタートし、2011年4月には最新作をリリース。 

JUZU a.k.a. MOOCHY

東京出身。10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボー ドで知り合ったメンバーで結成されたバンド EvilPowersMeの楽曲はUSAパスヘッドのレーベルからも リリースされる。DJとしては90年代中期、今や伝説化したパーティーRhythm Freaksのオーガナイズ 及びレジデントDJとして一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーテ ィまで活動が展開される。 それと並行してオリジナル音源やボアダムス等のリミックスがメジャー、 インディー問わず様々なレーベルからリリースされる。その楽曲や存在そのものが様々 な形で国内外 に影響を与えた不定型バンドNXSのリーダーとしても活動を展開。その影響から発した電子音楽、イン プロビゼーション、民族音楽、そしてあら ゆるダンスミュージックを内包したソロ作品群は、日本各 地に点在する志高きミュージシャン達のみならず、キューバ、ハワイ、ベトナム、ジャマイカ等世界各地のミュージシャン達とも録音され、新たなWorld Musicの指 針として現在も精力的にリリースされている。 
http://nxs.jp/

選曲・執筆・解説
小川充

音楽評論家・ライターとして雑誌のコラムやCDのライナーノートなどを執筆。
著書に『JAZZ NEXT STANDARD』 、同シリーズの『スピリチュアル・ジャズ』『ハード・バップ&モード』の他、『クラブ・ミュージック名盤400』がある。また、『DOUBLE STANDARD』『FUSIONISM』『音楽をよむ』『JAZZ SUPREME』『ブリザ・ブラジレイラ』『ブリザ・ブラジレイラ・プリモ』『LATIN DANCE MANIA』『超ハウス・ディスク・ガイド』 『ブルーノート決定盤100』『モンド・ミュージック2001』などにも寄稿。DJ・選曲家としても活動中で、ブルーノートの『ESSENTIAL BLUE – Modern Luxury』、Tru Thoughtsの『Shapes Japan : Sun』などのコンピの監修・選曲も手掛ける他、ユニバーサルミュージックと『Jazz Next Standard』の連動企画でCDリイシュー・シリーズの監修を手掛ける。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>