Lootpack – Loopdigga EP

February 24,2014 | Category :  News | Tag :  

 ルートパックの廃盤シングルが、オリジナル・マスター盤から復刻されEPとして再発。

  「ルートパックの登場を皮切りに、マッドリブやStones Throwから素晴らしい作品が続々と届くようになり、西海岸のアンダーグラウンドは物凄くクリエイティブな活気に溢れていることが明らかになった。アルバムの成功の背景にはマッドリブによる素晴らしいプロデュースがあり、彼は西海岸の最も想像力に富んだトラックメイカーの1人として名を馳せるようになった」 – ALLMUSIC

 マッドリブ、ワイルドチャイルド、DJロームズからなる3人組、ルートパックは、カリフォルニア州オックスナードという海沿いの町で結成された。ロサンゼルスから数時間北に登るとある町だが、彼らはメインストリーム・ヒップホップから限りなく離れた世界にいた。1998年にピーナッツ・バター・ウルフが彼らと契約を交わしたとき、マッドリブはすでに多くの作品をプロデュースしており、それが3LPのデビューアルバム『Soundpieces』や、12インチシングルとして世に放たれていった。『Loopdigga EP』では廃盤となったシングルを集めており、どの曲もオリジナル・マスター盤から収録されている。

 タイトルトラック「Loopdigga」は、マッドリブとMEDのラップをフィーチャーしており、この時代のマッドリブらしいサウンドだ。3つのバースを通して彼らはレコードをディギングすることをテーマにラップしており、間にはダスティーなジャズ・インターリュード、そしてカジモトがレコード屋でレコードを掘っている様子が挿入されている。

 「Weededed Remix」はラスコーとオーノーをフィーチャーしており、こちらではワイルドチャイルドがマリファナ無しの日々を歌うという、ヒップホップでは珍しいトピックになっている。

Loopdigga EP

Lootpack

Vinyl: $9.99

MP3: $4.99

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>