Mark de Clive-Lowe “Hollow” feat. Nia Andrews 

May 19,2014 | Category :  News | Tag :  



マーク・ド・クライヴ・ロウのニューシングルが公開された。

日本人の血を引くニュージーランド人のキーボーディスト/プロデューサー、マーク・ド・クライヴ・ロウのニューアルバム『Church』が5月27日にリリースされるが、一足先に収録曲の「Hollow」が公開された。2000年代前半はジャズにエレクトロニック・ミュージックを融合させたブロークンビーツの作り手としてシーンで脚光を浴びていた彼だが、アルバムのリリースを重ねていく中でソウル/R&Bなども取り入れ、音楽性が幅広くなり、様々なアーティストのリミックスやプロデュースワークも行って来た。今回公開されたニア・アンドリュースをフィーチャーリングした新曲は、エレピが心地良いソウルフルな楽曲となっているが、以前に公開された先行シングル「Ghaziya」は対照的に、怪しい中東風のメロディーとシンセベース、グリッチーなドラムが絡んだミステリアスな曲になっている。Churchとは、彼が2011年からアメリカで開催している同名イベントから来ており、このイベントが象徴するような、ジャズと、ソウルとエレクトロニック・ミュージックとの親和性が今作もテーマになっているようだ。なお、5月19日には六本木Alfie沖野修也の記念パーティーに出演し、20日にはThe Roomにてニューアルバムのリスニングパーティーが開催。


Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>