マイケル・ジャクソンの未完成楽曲がパソコンに20曲あることをエンジニアが発表

July 24,2015 | Category :  News | Tag :  Michael Jackson,

michael jackson

 
1995年からマイケル・ジャクソンが他界してしまうまで、彼のサウンド・エンジニアを務めたマイケル・ダラム・プリンスが、フランスのLe Parisien紙のインタビューにて、パソコンにマイケル・ジャクソンの未完成楽曲が20曲あることを明かした。しかし、「曲のタイトルを公表したり、曲を人に聴かせる権利は私にないんだ」と話している。
 
マイケル・ジャクソンが2009年に他界したあと、マイケル・ジャクソンの遺産管理団体とSonyは2億ドルの契約を結んでいる。その契約で、Sonyは新曲やリミックスを含め、10年間で最大7枚までアルバムをリリースすることができる。2010年に『Michael』、2014年に『Xscape』をリリースしているが、現段階では新しいアルバムをリリースする予定はないとSonyは発表している。
 
曲は全て未完成であり、曲のサビが録音されていないため、Sonyと遺産管理団体がこれらの楽曲のリリースのOKを出したとしても、別のアーティストが曲を完成させないといけない。「つまりデュエットになるわけだ」と彼は語っている。
 
今後もマイケル・ジャクソンの未発表曲を集めたアルバムは登場するだろうとマイケル・ダラム・プリンスは語っており、「半年ごとに新曲を公開したいと考えている」と伝えた。
 

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>