Mr.Itagaki a.k.a. Ita-choによる待望のビート・アルバム『cookies』がリリース

November 06,2018 | Category :  News Release | Tag :  Mr.Itagaki a.k.a.Ita-cho,

Basic RGB

K.O.D.Pのオリジナル・メンバーであり、世界屈指のクレイト・ディガーにしてレコード・ディーラー、そしてヒップホップシーンに影響を与え続けるプロデューサー/トラックメイカー=Mr.Itagaki a.k.a. Ita-choによる、最新にして最深、待望のビート・アルバム『cookies』がリリース。

世界中のディガーを唸らせ続ける脅威のレコード・コレクションから抽出し生み出されたファンクネス/ソウルネスに溢れるビート・プロダクションによる、黒煙漂う極上のムード/グルーヴ・トリップがドラマティックに展開されていく。

淡いソウル/ジャズ・フィーリング溢れるオープニングTRK「bake it」に始まり、ブラックスプロイテーション的スリルを感じさせるダンサンブルな「My Way」、80′sアーバン・メローな「ever lasting」、ハートウォーミングな「space cookies」、ファンキー・グルーヴ「 48 hours of freedom 」、トリッピーなアーバン・シンセファンク「Rated Og」等々、ヴァイナルから生みだされる無限の音世界の広がりに脱帽させられる23TRKが織り成す、 正に”REAL HIP HOP IN HERE.”な作品になっている。

スクリーンショット 2018-10-31 2.44.49

12月初旬発売予定

RYUHEI THE MANによるコメント

「世界中のイルなトップディガー唸らせるクレイツの番人にして、世界中のイルなビートを掘り尽くすクレイツの盤人、世界が認め日本が誇る“リアルヴァイナルピンプ”ことMr. Itagaki a.k.a. Ita-cho氏による最新にして最深のビート集『cookies』が満を持して今秋ここに登場。氏の膨大なレコードコレクションの中から選りすぐられた優れたビート達が氏のサンプリング魔術により現代にクッキリと蘇る。ソリッドで怪しくタイトに響きながらもどこか瑞々しく艶やかにダイヤモンドのように光り輝く珠玉のグルーヴコレクション。さぁ百戦錬磨の名手イタガキさんが誘うファンクネスとソウルネス溢れるミュージックマッドネスにお耳をハイジャックされてみてはいかがだろう。イタガキさんが生み出すワンネスな「間」すなわち「イタガキシーケンス」にヒップホップを感じずにはいられない。REAL HIP HOP IN HERE.」 

Mr.Itagaki a.k.a. Ita-cho

 ディガー、プロデューサー、トラックメイカー、DJ, オリジナルレコード&ポスターディーラー。ヒップホップのレコードを世界一売った店の元バイヤーとして100タイトルを越えるエクスクルーシブ盤の制作、クラシックタイトル再発の企画でも国内外からも評価される。中古盤買い付けでもアメリカ、ヨーロッパなどで掘りまくるり。近年はニューディスカバリーの和物ディグに心血注ぐハードディガ-。さらにはNITRO MICROPHONE UNDERGROUND周辺をはじめとした日本のリアルなラッパーたちにトラックを提供。その多岐に渡るサンプリングのみでグルーヴを再構成させるプロデュースワークで海外の専門番組でもプレイされる。
 2005年よりseratoを導入しDJプレイを再始動。1000クレーツ以上を余裕で持ち込めるプレイが可能にな、 国やジャンルを超越したcdやデータじゃ耳に出来ないグルーヴィーで黒いインフルエンスを噴霧。指黒な感染者を増やす。
 2015年にインストEP盤がリエディットでリリースされた。2006年のオリジナルアルバムをトータルプロデュース。それに続いて2009年メジャーからリリースのP&P RecordsのオフィシャルMIXCD”the return of old school hiphop”はUKチャートでNO.1を獲得。2012年にはボブ・ジェームス作品をサンプリング文化からの視点でチョイスしコンパイルした”production breakdown”を配信リリース。現在までロングセラーとして国内外からも好評を得てる これらの作品のデザインも自身でディレクションする。

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>