Native Instruments releases iMASCHINE update

May 26,2014 | Category :  News | Tag :  


Native Instruments がiMASCHINE のアップデートをリリース

コンピュータをベースとした音楽制作とDJ プレイ用のソフトウェア、ハードウェアのメーカーとして市場をリードしている Native Instruments が、この度、iOS デバイス用ビート・スケッチパッドiMASCHINE のアップデートをリリースした。同アプリの最新バージョンはiPad に最適化され、大型のスクリーンレイアウトに対応している。このアップデートには新しいサウンドやiTunes サンプリング機能なども含まれている。すでにiMASCHINE を持っている人は無料でアップデートできるが、新規の人はApple App Store で500円で購入できる。

iPad 、またはiPhone で動作するiMASCHINE を利用すれば、いつでもどこでもサウンドをスケッチできる。多種多様なドラム、シンセ、ワンショットを収録、そして内蔵型のオーディオレコーダーを搭載しており、時と場所を選ばずにビートを制作できる。このアップデートでは新しいインターフェイス、そしてiPhone 5 、iPad 、iPad mini 用に最適化されたレイアウトがフィーチャーされている。iPad 用に改良されたインターフェイスでは両手を使って操作をすることも可能だ。ここでは編集・パフォーマンス機能がiMASCHINE の16個のドラムパッドと同じウィンドウに配置されている。そして2オクターブのキーボードとオーディオレコーダーでワークフローがさらにスムーズになる。このアップデートには、iMASCHINE のスタンダード・ライブラリーに加えて、QUANTUM COLLECTION も含まれている。これは、最近リリースされたMASCHINE 2ライブラリーから厳選したサウンドをフィーチャーした最新のMASCHINE Expansion。また、新しいiTunes サンプリング機能によって、iOS デバイス上の音楽を部分的にキャプチャーし、サンプルのスタート/エンドポイントを設定することも可能になった。

ワークフローに多数の改善が施された結果、iMASCHINE を使った作曲やパフォーマンスもより簡単に。直感的に操作できるXY パフォーマンス・コントロールでは全く新しいエフェクトパフォーマンスを実現できる。スワイプのリドゥー・アンドゥー機能はワークフローをさらに加速する。そしてiMASCHINE コミュニティーからの大きな要望に応えて、このiMASCHINE アップデートではメトロノームのオン/オフ機能も加えられている。iMASCHINE をすでにお持ちの方は、QUANTUM COLLECTION を含む全ての新機能を無償で利用できる。ぜひiOS デバイスでiMASCHINE アプリをアップデートしてもらいたい。

iMASCHINE

Share this Article
Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>